北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「室蘭ひゃっこい枕マット」が大ヒット増産【室蘭】

大ヒットにより「室蘭ひゃっこい枕マット」を継続掲載した通販生活の盛夏号

増産に入った室蘭ひゃっこい枕マット。カバーをして枕の上に乗せて使う

 カタログハウスの通販誌「通販生活夏号」で全国販売されたアイスジャパン(室蘭市中島町、松岡正昭社長)の新商品「室蘭ひゃっこい枕マット」が大ヒットしている。初回生産分8千個を完売、急きょ盛夏号にも掲載され、増産態勢に入った。両者連携の初商品だが、予想を上回る反響に手応えをつかんでいる。

 常温使用で体温より7度低く感じる冷感グッズ。枕に充てんされた吸熱放熱剤(硫酸ナトリウム)がポイントで、結晶状態から液状に変化する時に多くの熱を吸い取る。吸熱量と速度を調整することで、ひんやり感を維持することができる。

 名称には、業務用保冷剤でトップの同社が本社を構える地の意味で「室蘭」を入れた。方言の「ひゃっこい」で親しみやすさを出した。夏号では1・5ページを割き国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の保冷庫にも使われている技術をPRした。

 カタログ社によると、夏号で予定した8千個は完売した。消費者の評判も良く、ホームページの声欄には「半信半疑だったが本当に朝までひんやり。日本の中小企業の底力を感じた」「冷た過ぎずよく眠れます」などの声が並んでいる。

 同社で開発を担当する横山輝マネージャーも「狙い通りです」と笑顔を見せる。このため今月2日発行の盛夏号にも引き続き掲載を決め、7千個の追加生産をアイス社に発注した。

 松岡社長は「良品しか扱わない『通販生活』のブランド力にも驚いています。来年の再販にも期待したい。また、室蘭のネーミングが広がったことや、方言も全国に理解してもらえたこともうれしいですね。連携して第2弾の商品開発にも取り組んでいきたい」と話している。

 製品サイズは縦30センチ、横72・5センチ、厚さ0・5センチで、枕の上に置いて使用するとよい。価格は3300円(税別)、2枚セットが6千円(同)。

関連記事

根室新聞

北方領土の集い開く 青年会議所の「イキモノ図鑑」も披露【根室】

 道北方領土対策根室地域本部(大内隆寛本部長=根振興局長)による若年層向けの啓発イベント「2019北方領土の集い」が16日、道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれ、休日の親子連れが遊びを通じて北...

根室新聞

自主防災組織 6割が市の助成制度活用【根室】

 災害時に地域社会で助け合う「共助」の役割を果たす自主防災組織。根室市では平成25年度から活動補助制度を創設し、組織化と活発な活動を促している。現在、市内113町会のうち、77自主防災組織が結成されて...

根室新聞

「返還まで粘り強く」多楽会が総会・敬老会【根室】

 歯舞群島・多楽島の元島民や後継者で組織している多楽会(河田弘登志会長)は17日、根室グランドホテルで平成31年度総会を開いた。約70人が参加し、一日も早いふるさとの返還実現に向けて、力を合わせて運...

日高報知新聞

灼熱のひだか冬グルメ

 日高管内の6温泉・入浴宿泊施設でつくる「ひだか元気グルメ研究会」(会長・三国昭博アポイ山荘支配人)は、9日から4月21日まで冬の旬グルメとして熱々メニューの「灼熱のひだか冬グルメ」を9施設・店...

日高報知新聞

「インティは強い馬」【浦河】

 今年の中央競馬GⅠ初レースとなったフェブラリーステークスで、破竹の7連勝でGI初制覇を果たしたインティ(牡5歳)。同馬を生産した浦河町野深の山下恭茂牧場にとってもGI勝利は初めての快挙だ。同日...