北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「室蘭ひゃっこい枕マット」が大ヒット増産【室蘭】

大ヒットにより「室蘭ひゃっこい枕マット」を継続掲載した通販生活の盛夏号

増産に入った室蘭ひゃっこい枕マット。カバーをして枕の上に乗せて使う

 カタログハウスの通販誌「通販生活夏号」で全国販売されたアイスジャパン(室蘭市中島町、松岡正昭社長)の新商品「室蘭ひゃっこい枕マット」が大ヒットしている。初回生産分8千個を完売、急きょ盛夏号にも掲載され、増産態勢に入った。両者連携の初商品だが、予想を上回る反響に手応えをつかんでいる。

 常温使用で体温より7度低く感じる冷感グッズ。枕に充てんされた吸熱放熱剤(硫酸ナトリウム)がポイントで、結晶状態から液状に変化する時に多くの熱を吸い取る。吸熱量と速度を調整することで、ひんやり感を維持することができる。

 名称には、業務用保冷剤でトップの同社が本社を構える地の意味で「室蘭」を入れた。方言の「ひゃっこい」で親しみやすさを出した。夏号では1・5ページを割き国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の保冷庫にも使われている技術をPRした。

 カタログ社によると、夏号で予定した8千個は完売した。消費者の評判も良く、ホームページの声欄には「半信半疑だったが本当に朝までひんやり。日本の中小企業の底力を感じた」「冷た過ぎずよく眠れます」などの声が並んでいる。

 同社で開発を担当する横山輝マネージャーも「狙い通りです」と笑顔を見せる。このため今月2日発行の盛夏号にも引き続き掲載を決め、7千個の追加生産をアイス社に発注した。

 松岡社長は「良品しか扱わない『通販生活』のブランド力にも驚いています。来年の再販にも期待したい。また、室蘭のネーミングが広がったことや、方言も全国に理解してもらえたこともうれしいですね。連携して第2弾の商品開発にも取り組んでいきたい」と話している。

 製品サイズは縦30センチ、横72・5センチ、厚さ0・5センチで、枕の上に置いて使用するとよい。価格は3300円(税別)、2枚セットが6千円(同)。

関連記事

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードするこ...

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30...

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...