北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「室蘭ひゃっこい枕マット」が大ヒット増産【室蘭】

大ヒットにより「室蘭ひゃっこい枕マット」を継続掲載した通販生活の盛夏号

増産に入った室蘭ひゃっこい枕マット。カバーをして枕の上に乗せて使う

 カタログハウスの通販誌「通販生活夏号」で全国販売されたアイスジャパン(室蘭市中島町、松岡正昭社長)の新商品「室蘭ひゃっこい枕マット」が大ヒットしている。初回生産分8千個を完売、急きょ盛夏号にも掲載され、増産態勢に入った。両者連携の初商品だが、予想を上回る反響に手応えをつかんでいる。

 常温使用で体温より7度低く感じる冷感グッズ。枕に充てんされた吸熱放熱剤(硫酸ナトリウム)がポイントで、結晶状態から液状に変化する時に多くの熱を吸い取る。吸熱量と速度を調整することで、ひんやり感を維持することができる。

 名称には、業務用保冷剤でトップの同社が本社を構える地の意味で「室蘭」を入れた。方言の「ひゃっこい」で親しみやすさを出した。夏号では1・5ページを割き国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の保冷庫にも使われている技術をPRした。

 カタログ社によると、夏号で予定した8千個は完売した。消費者の評判も良く、ホームページの声欄には「半信半疑だったが本当に朝までひんやり。日本の中小企業の底力を感じた」「冷た過ぎずよく眠れます」などの声が並んでいる。

 同社で開発を担当する横山輝マネージャーも「狙い通りです」と笑顔を見せる。このため今月2日発行の盛夏号にも引き続き掲載を決め、7千個の追加生産をアイス社に発注した。

 松岡社長は「良品しか扱わない『通販生活』のブランド力にも驚いています。来年の再販にも期待したい。また、室蘭のネーミングが広がったことや、方言も全国に理解してもらえたこともうれしいですね。連携して第2弾の商品開発にも取り組んでいきたい」と話している。

 製品サイズは縦30センチ、横72・5センチ、厚さ0・5センチで、枕の上に置いて使用するとよい。価格は3300円(税別)、2枚セットが6千円(同)。

関連記事

函館新聞

感謝込めて乗客見送り JAL函館ー羽田線就航40年【函館】

 日本航空(JAL)函館支店は20日、函館-東京(羽田)線の就航40周年を記念した搭乗前セレモニーを行い、函館発第1便の搭乗者に対し記念品の配布などを行った。  同社の同路線は1978...

函館新聞

道の駅なないろ・ななえ、開業4カ月で50万人突破【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(町峠下)の来場者数が20日、50万人を突破した。3月23日の開業から約4カ月での達成。夏休みを控え、さらに集客に拍車がかかりそうだ。  同道の駅は...

釧路新聞

羅臼こんぶフェスタ楽しむ

 羅臼町の誇り「羅臼昆布」をまるごと楽しむイベント「第5回しれとこ羅臼こんぶフェスタ」が20日、町本町旧国道通りを会場に始まり、大勢の来場者でにぎわいを見せた。異業種若手有志による実行委の主催。 ...

根室新聞

見る、食べる、歩く、体験する―観光に必携「ネムロナビ」発行【根室】

 根室印刷株式会社(山田康志代表取締役)が企画発行している根室の観光ガイドブック「ネムロナビ」の2018年版(VOL13)が出来上がり、根室市や根室管内の観光施設などに配置された。無料配布の観光情報誌と...

根室新聞

北方墓参第1班が帰港 多楽島で慰霊果たす【根室】

 北方領土の元島民らが故郷の墓地を訪れる平成30年度の北方墓参の第1班(芦崎秀樹団長、団員40人)が19日午前10時20分ごろ北方四島交流専用船「えとぴりか」で根室港に帰港した。一行は天候にも恵まれ、予定...