北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「室蘭ひゃっこい枕マット」が大ヒット増産【室蘭】

大ヒットにより「室蘭ひゃっこい枕マット」を継続掲載した通販生活の盛夏号

増産に入った室蘭ひゃっこい枕マット。カバーをして枕の上に乗せて使う

 カタログハウスの通販誌「通販生活夏号」で全国販売されたアイスジャパン(室蘭市中島町、松岡正昭社長)の新商品「室蘭ひゃっこい枕マット」が大ヒットしている。初回生産分8千個を完売、急きょ盛夏号にも掲載され、増産態勢に入った。両者連携の初商品だが、予想を上回る反響に手応えをつかんでいる。

 常温使用で体温より7度低く感じる冷感グッズ。枕に充てんされた吸熱放熱剤(硫酸ナトリウム)がポイントで、結晶状態から液状に変化する時に多くの熱を吸い取る。吸熱量と速度を調整することで、ひんやり感を維持することができる。

 名称には、業務用保冷剤でトップの同社が本社を構える地の意味で「室蘭」を入れた。方言の「ひゃっこい」で親しみやすさを出した。夏号では1・5ページを割き国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の保冷庫にも使われている技術をPRした。

 カタログ社によると、夏号で予定した8千個は完売した。消費者の評判も良く、ホームページの声欄には「半信半疑だったが本当に朝までひんやり。日本の中小企業の底力を感じた」「冷た過ぎずよく眠れます」などの声が並んでいる。

 同社で開発を担当する横山輝マネージャーも「狙い通りです」と笑顔を見せる。このため今月2日発行の盛夏号にも引き続き掲載を決め、7千個の追加生産をアイス社に発注した。

 松岡社長は「良品しか扱わない『通販生活』のブランド力にも驚いています。来年の再販にも期待したい。また、室蘭のネーミングが広がったことや、方言も全国に理解してもらえたこともうれしいですね。連携して第2弾の商品開発にも取り組んでいきたい」と話している。

 製品サイズは縦30センチ、横72・5センチ、厚さ0・5センチで、枕の上に置いて使用するとよい。価格は3300円(税別)、2枚セットが6千円(同)。

関連記事

根室新聞

日ロ首脳会談 平和条約交渉加速で合意 元島民「しっかりした道筋を」【根室】

 安倍晋三首相は14日、シンガポールでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行い、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本へ引き渡すと明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させるこ...

根室新聞

初田牛駅廃止 住民説明会開く【根室】

 JR北海道は15日、来年3月のダイヤ改正でJR花咲線の初田牛駅廃止について住民説明会を初田牛会館で開いた。JR側は「一日平均利用者が1人未満で利用が極端に少ない」とし、理解を求めた。住民側は「駅...

日高報知新聞

日高のシカはおいしい!【新ひだか】

【新ひだか】日高管内消費者協会連合会、ひだか食育推進協議会主催の「ひだか食育セミナー」が11日、町保健福祉センターで開かれ、参加者が料理教室や講演で地域食材の良さを再認識した。  この日は、静内御...

日高報知新聞

地震の義援金や施設へ【新ひだか】

【新ひだか】静内中生徒会(野村圭悟会長)は、10月21、22日に実施した古新聞回収による収益金のうち、計12万円を胆振東部地震の義援金や町内の社会福祉施設に寄付した。  同校生徒会による古新聞回収活動は...

苫小牧民報

甘いイチゴずらり 十勝・銀龍苺オープン-新千歳空港

 十勝管内音更町の農業法人ブルームは15日、イチゴ専門店「十勝・銀龍苺(ぎんりゅういちご)・新千歳空港店」を新千歳空港国内線ターミナルビル2階にオープンさせた。同町の自社農場で栽培して通年出荷し...