北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

マリンパークニクス城回廊写真展の作品入れ替え【登別】

笹森さんが撮影した写真を入れ替えた回廊写真展

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、ニクス城回廊で行っている写真展の作品を入れ替え、12日から一般公開を始めた。海洋生物調査員、自然写真家として活動している笹森琴絵さん=室蘭市在住=が撮影したイルカやクジラの写真21枚を展示している。

 2002年(平成14年)から続く企画で、今回が33回目の入れ替え。第1部のテーマは「噴火湾2017夏~ミンククジラとカマイルカの宴」。昨年6月から8月中旬にかけて噴火湾で撮影した。

 定期的に見られるカマイルカのほか、ここ10年ほど姿を消していたというミンククジラも捉えた。笹森さんによると、近年、噴火湾でミンククジラとの遭遇率は1%にも満たなかったが、昨年は30~40%の確率で確認できたという。カマイルカが水面近くを飛ぶ「母と赤ちゃんのシンクロナイズド・スイミング」など、それぞれにキャプションが付けられている。

 第2部は「日本全国クジラ巡り JWDCシンポ2018より」。世界中に生息するクジラの仲間の半分近い約40種がやってくるという日本の各地で撮影した。笹森さんが会長を務める日本クジライルカウオッチング協議会を構成するエリアで撮影しており、ニタリクジラ(高知県黒潮)、ザトウクジラ(沖縄県座間味)、ナガスクジラ(釧路)などの迫力ある姿を狙った。

 今年も噴火湾で撮影を行っているが、個体が姿を見せる時期が昨年よりも半月ほど遅れているという。笹森さんは「水温が1度変化すると、人間の10度変化に相当する。全国で見られるイルカやクジラだが、環境が変化すると見られなくなってしまう。産んで、育てる生息地を守ることが大事。写真を見ることで、素晴らしい海があることを共有してもらいたい」と話している。

 写真は定期的に入れ替えており、年内は見学できる予定だ。

関連記事

室蘭民報

2500人が冬満喫、「だんパラ」恒例冬まつり【室蘭】

 第40回むろらん冬まつり(同実行委員会主催、室蘭民報社など後援)が17日、室蘭市香川町のだんパラスキー場で開かれた。市民雪像の展示をはじめ餅まきや宝探しが行われ、約2500人の家族連れらでに...

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家【中札内】

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

室蘭民報

16、17日に伊達雪まつり【伊達】

 第10戦伊達雪まつり―冬の陣(同実行委員会主催)が16、17の両日、だて歴史の杜カルチャーセンター前の屋外広場で開かれる。節目を記念して日程を2日間に拡大する。雪の滑り台や参加型アトラクション...

名寄新聞

17日にびふかウインターフェスタ【美深】

 「びふかウインターフェスタ2019」が、17日午前9時から美深運動公園と町民スキー場を会場に開かれる。当日はジュニアアルペンスキー大会、お楽しみ抽選会、雪中フラッグゲームなど、多彩なプログラムで楽...