北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

マリンパークニクス城回廊写真展の作品入れ替え【登別】

笹森さんが撮影した写真を入れ替えた回廊写真展

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、ニクス城回廊で行っている写真展の作品を入れ替え、12日から一般公開を始めた。海洋生物調査員、自然写真家として活動している笹森琴絵さん=室蘭市在住=が撮影したイルカやクジラの写真21枚を展示している。

 2002年(平成14年)から続く企画で、今回が33回目の入れ替え。第1部のテーマは「噴火湾2017夏~ミンククジラとカマイルカの宴」。昨年6月から8月中旬にかけて噴火湾で撮影した。

 定期的に見られるカマイルカのほか、ここ10年ほど姿を消していたというミンククジラも捉えた。笹森さんによると、近年、噴火湾でミンククジラとの遭遇率は1%にも満たなかったが、昨年は30~40%の確率で確認できたという。カマイルカが水面近くを飛ぶ「母と赤ちゃんのシンクロナイズド・スイミング」など、それぞれにキャプションが付けられている。

 第2部は「日本全国クジラ巡り JWDCシンポ2018より」。世界中に生息するクジラの仲間の半分近い約40種がやってくるという日本の各地で撮影した。笹森さんが会長を務める日本クジライルカウオッチング協議会を構成するエリアで撮影しており、ニタリクジラ(高知県黒潮)、ザトウクジラ(沖縄県座間味)、ナガスクジラ(釧路)などの迫力ある姿を狙った。

 今年も噴火湾で撮影を行っているが、個体が姿を見せる時期が昨年よりも半月ほど遅れているという。笹森さんは「水温が1度変化すると、人間の10度変化に相当する。全国で見られるイルカやクジラだが、環境が変化すると見られなくなってしまう。産んで、育てる生息地を守ることが大事。写真を見ることで、素晴らしい海があることを共有してもらいたい」と話している。

 写真は定期的に入れ替えており、年内は見学できる予定だ。

関連記事

室蘭民報

21日に子どもが企画「ほたて一日カフェ」初開催【室蘭】

 合同会社黒田(黒田悠士代表社員)が運営する放課後等デイサービス「ほたて」(室蘭市崎守町)が21日正午から、「ほたて一日カフェ」を初開催する。利用する子どもたちが企画から提供まで行い、地域住民...

室蘭民報

今年のむろらんカルチャーナイトは10月5日開催【室蘭】

 むろらんカルチャーナイト2018(同実行委員会主催)が10月5日午後3時~同9時、室蘭市内の各施設で開かれる。同実行委では、施設開放や企画を実施できる団体や実行委員を募っている。  室蘭の...

室蘭民報

母恋神社祭りですずらん通りが夏のにぎわい【室蘭】

 室蘭・母恋神社祭りが17日から始まった。母恋北町と母恋南町を結ぶ通称・すずらん通りには100を超える露店が軒を連ね、夏を楽しむ市民らでにぎわった。  この日は宵宮祭。会場にはチョコバナナや...

室蘭民報

北海道命名150年「1周ライド」参加者が室蘭入り【室蘭、札幌】

 北海道命名150年に合わせて、道内約2400キロを22日間かけて自転車で巡る「北海道1周ライド」の参加者が、16日に室蘭入りした。室蘭を含む「第7区」の参加者28人は、市内で昼食を取るなど、...

室蘭民報

マリンパークで「イルカサーフィン」始まる【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は14日から、イルカショープールで夏バージョンのプログラム「イルカサーフィン」を始めた。  飼育員がバンドウイルカの背に乗り、波しぶきを上げ豪快にプ...