北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌JC 今年の音楽合宿始まる

旭川南高校吹奏楽部の部員を激励する伊藤理事長(右)

 一般社団法人留萌青年会議所(留萌JC、伊藤俊輔理事長)の2018年度音楽合宿誘致事業が14日、スタートした。旭川南高校吹奏楽部(横地修顧問)の部員が、16日までの日程で留萌市文化センターなどで練習を重ねている。

 音楽に青春を懸ける若者を応援し、交流人口の増加を目指す同事業は今年で5年目。今夏は7~8月に旭川南、網走南ヶ丘、旭川商業の各高校吹奏楽部・局を受け入れる。

 旭川南高校の留萌での音楽合宿は今回が初めてで、同校吹奏楽部の部員35人と横地顧問ら教諭2人が留萌入りした。14日は、午前9時50分に部員たちを乗せたバスが市文化センター前に到着。玄関前に並んだJCのメンバー5人が、「ようこそ『音楽合宿のマチ』るもいへ」の横断幕を掲げ、部員たちに「おつかれさま」、「ようこそ留萌へ」などと声を掛けながら出迎えた。

 歓迎セレモニーでは、伊藤理事長が「真剣に練習する皆さんを全力でサポートします。目標に向かってしっかりと夢を持ち、到達する意思を持って練習に励んでください」と部員たちを激励。同部の真山果苗部長(17)が「吹奏楽コンクールでの優勝、東日本大会での金賞を目標に、演奏面の上達だけでなく団結力や地域の方々に感謝しながら、留萌での合宿に集中したい」、横地顧問が「今年はC編成からB編成に変更し、東日本学校吹奏楽大会での金賞を目標に頑張っている。美しい旋律を武器に頑張っていきたい」と述べた。

 部員たちはそれぞれの楽器や荷物を搬入した後、練習を開始。各パート別や全体練習などを繰り返した。

 同校吹奏楽部は市内の港東コミュニティーセンターに宿泊し、16日午前中まで市文化センターでみっちりと練習。同日午後2時からは合宿の成果を披露する無料のミニコンサートを開く。誰でも自由に入場できる。

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...