北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌JC 今年の音楽合宿始まる

旭川南高校吹奏楽部の部員を激励する伊藤理事長(右)

 一般社団法人留萌青年会議所(留萌JC、伊藤俊輔理事長)の2018年度音楽合宿誘致事業が14日、スタートした。旭川南高校吹奏楽部(横地修顧問)の部員が、16日までの日程で留萌市文化センターなどで練習を重ねている。

 音楽に青春を懸ける若者を応援し、交流人口の増加を目指す同事業は今年で5年目。今夏は7~8月に旭川南、網走南ヶ丘、旭川商業の各高校吹奏楽部・局を受け入れる。

 旭川南高校の留萌での音楽合宿は今回が初めてで、同校吹奏楽部の部員35人と横地顧問ら教諭2人が留萌入りした。14日は、午前9時50分に部員たちを乗せたバスが市文化センター前に到着。玄関前に並んだJCのメンバー5人が、「ようこそ『音楽合宿のマチ』るもいへ」の横断幕を掲げ、部員たちに「おつかれさま」、「ようこそ留萌へ」などと声を掛けながら出迎えた。

 歓迎セレモニーでは、伊藤理事長が「真剣に練習する皆さんを全力でサポートします。目標に向かってしっかりと夢を持ち、到達する意思を持って練習に励んでください」と部員たちを激励。同部の真山果苗部長(17)が「吹奏楽コンクールでの優勝、東日本大会での金賞を目標に、演奏面の上達だけでなく団結力や地域の方々に感謝しながら、留萌での合宿に集中したい」、横地顧問が「今年はC編成からB編成に変更し、東日本学校吹奏楽大会での金賞を目標に頑張っている。美しい旋律を武器に頑張っていきたい」と述べた。

 部員たちはそれぞれの楽器や荷物を搬入した後、練習を開始。各パート別や全体練習などを繰り返した。

 同校吹奏楽部は市内の港東コミュニティーセンターに宿泊し、16日午前中まで市文化センターでみっちりと練習。同日午後2時からは合宿の成果を披露する無料のミニコンサートを開く。誰でも自由に入場できる。

関連記事

室蘭民報

「紋鼈寺」で隣接の会館焼く、けが人なし【伊達】

 13日午後1時ごろ、伊達市末永町の紋鼈寺(奥田正教住職)に隣接する鉄骨造り2階建て、延べ約960平方メートルの同寺会館2階から出火した。火は1時間45分ほどで鎮火した。けが人や延焼はなかった...

室蘭民報

空手・修武會の4人が全道で大活躍【室蘭】

 室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の4 選手が、北海道空手道選手権大会極カップ第20回記念大会で上位入賞した。  初出場の石川天晟(室蘭工業大建築社会基盤系学科1年)は一般初・中級でい...

室蘭民報

楽天社員がネットショップで成功する戦略紹介【室蘭】

 日本政策金融公庫創立10周年記念セミナーwith室蘭商工会議所「ネットショップを成功に導く3つのポイント」が13日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれ、楽天(東京)の奥村宏也ヴァイスマネージャ...

室蘭民報

緑丘高1年生が会社経営の卒業生らに取材【伊達】

 伊達緑丘高校(桑井美彦校長)の1年生約140人が、インタビューの手法を用いて、まちの価値や魅力を形作っている人々の存在に迫るワークショップに臨んだ。社会の第一線で活躍する卒業生らに取材し、印...

室蘭民報

幌別川にハクチョウ飛来、水面をすいすい【登別】

 登別・胆振幌別川に今年も越冬でシベリアからハクチョウが飛来している。例年と同じ10月下旬から訪れており、市民らに本格的な冬の訪れを告げている。同河川では、オオハクチョウとコハクチョウが十数羽...