北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌JC 今年の音楽合宿始まる

旭川南高校吹奏楽部の部員を激励する伊藤理事長(右)

 一般社団法人留萌青年会議所(留萌JC、伊藤俊輔理事長)の2018年度音楽合宿誘致事業が14日、スタートした。旭川南高校吹奏楽部(横地修顧問)の部員が、16日までの日程で留萌市文化センターなどで練習を重ねている。

 音楽に青春を懸ける若者を応援し、交流人口の増加を目指す同事業は今年で5年目。今夏は7~8月に旭川南、網走南ヶ丘、旭川商業の各高校吹奏楽部・局を受け入れる。

 旭川南高校の留萌での音楽合宿は今回が初めてで、同校吹奏楽部の部員35人と横地顧問ら教諭2人が留萌入りした。14日は、午前9時50分に部員たちを乗せたバスが市文化センター前に到着。玄関前に並んだJCのメンバー5人が、「ようこそ『音楽合宿のマチ』るもいへ」の横断幕を掲げ、部員たちに「おつかれさま」、「ようこそ留萌へ」などと声を掛けながら出迎えた。

 歓迎セレモニーでは、伊藤理事長が「真剣に練習する皆さんを全力でサポートします。目標に向かってしっかりと夢を持ち、到達する意思を持って練習に励んでください」と部員たちを激励。同部の真山果苗部長(17)が「吹奏楽コンクールでの優勝、東日本大会での金賞を目標に、演奏面の上達だけでなく団結力や地域の方々に感謝しながら、留萌での合宿に集中したい」、横地顧問が「今年はC編成からB編成に変更し、東日本学校吹奏楽大会での金賞を目標に頑張っている。美しい旋律を武器に頑張っていきたい」と述べた。

 部員たちはそれぞれの楽器や荷物を搬入した後、練習を開始。各パート別や全体練習などを繰り返した。

 同校吹奏楽部は市内の港東コミュニティーセンターに宿泊し、16日午前中まで市文化センターでみっちりと練習。同日午後2時からは合宿の成果を披露する無料のミニコンサートを開く。誰でも自由に入場できる。

関連記事

日高報知新聞

斉藤恒子染展~藍色の風【日高】

【日高】帯広市在住の染織作家による「斉藤恒子染展~藍色の風~」が19日まで、門別競馬場向かいのナカジマ家具店地下特設会場で開かれている。時間は午前10時~午後6時(19日は午後3時)まで。  斉藤さん...

日高報知新聞

高山植物の盗掘防止など【様似】

【様似】登山シーズンとなり、アポイ岳保全対策協議会は15日朝、貴重な高山植物群落があるアポイ岳(810・6㍍)登山口で高山植物盗掘防止と携帯トイレ普及の啓発キャンペーンを実施し、登山者に協力を呼び掛...

苫小牧民報

特製ちゃんこで町民笑顔に むかわ合宿の大相撲・友綱部屋

 むかわ町内に合宿中の大相撲・友綱部屋は16日、昨年9月に発生した胆振東部地震で被災した町民を励まそうと、同町道の駅「四季の館」で振る舞いちゃんこ会を開いた。友綱親方(元関脇・旭天鵬)をはじめ、...

苫小牧民報

大移動終え、D51お披露目 道の駅併設の鉄道資料館にファンら-安平

 安平町が誇る蒸気機関車(SL)「D51―320号機」の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」(同町追分)に併設する鉄道資料館への設置作業が14日に完了し、一般にお披露目された。多くの町民...

苫小牧民報

障害者の就労支援に 使用済み水道メーター、福祉施設に作業委託-苫小牧市

 苫小牧市は、これまで専門事業者に売却していた使用済み水道メーターについて、今月から分解と選別作業を市内の福祉事業所11施設に委託した。リサイクル活用と障害者の就労支援につなげるのが狙い。各事業...