北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

留萌JC 今年の音楽合宿始まる

旭川南高校吹奏楽部の部員を激励する伊藤理事長(右)

 一般社団法人留萌青年会議所(留萌JC、伊藤俊輔理事長)の2018年度音楽合宿誘致事業が14日、スタートした。旭川南高校吹奏楽部(横地修顧問)の部員が、16日までの日程で留萌市文化センターなどで練習を重ねている。

 音楽に青春を懸ける若者を応援し、交流人口の増加を目指す同事業は今年で5年目。今夏は7~8月に旭川南、網走南ヶ丘、旭川商業の各高校吹奏楽部・局を受け入れる。

 旭川南高校の留萌での音楽合宿は今回が初めてで、同校吹奏楽部の部員35人と横地顧問ら教諭2人が留萌入りした。14日は、午前9時50分に部員たちを乗せたバスが市文化センター前に到着。玄関前に並んだJCのメンバー5人が、「ようこそ『音楽合宿のマチ』るもいへ」の横断幕を掲げ、部員たちに「おつかれさま」、「ようこそ留萌へ」などと声を掛けながら出迎えた。

 歓迎セレモニーでは、伊藤理事長が「真剣に練習する皆さんを全力でサポートします。目標に向かってしっかりと夢を持ち、到達する意思を持って練習に励んでください」と部員たちを激励。同部の真山果苗部長(17)が「吹奏楽コンクールでの優勝、東日本大会での金賞を目標に、演奏面の上達だけでなく団結力や地域の方々に感謝しながら、留萌での合宿に集中したい」、横地顧問が「今年はC編成からB編成に変更し、東日本学校吹奏楽大会での金賞を目標に頑張っている。美しい旋律を武器に頑張っていきたい」と述べた。

 部員たちはそれぞれの楽器や荷物を搬入した後、練習を開始。各パート別や全体練習などを繰り返した。

 同校吹奏楽部は市内の港東コミュニティーセンターに宿泊し、16日午前中まで市文化センターでみっちりと練習。同日午後2時からは合宿の成果を披露する無料のミニコンサートを開く。誰でも自由に入場できる。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...