北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

奇才ダリの世界へご案内 函館美術館で特別展開幕【函館】

晩年期にかけての版画作品を中心のダリの世界観を堪能できる特別展会場

 道立函館美術館の特別展「奇才・ダリ版画展 炸裂するシュルレアリスムの世界」が14日、同館で開幕した。イタリアの詩人、ダンテの叙事詩「神曲」の挿絵として描かれた100点を含む、版画215点、彫刻6点をダリの言葉や写真を交えて紹介している。8月26日まで。

 サルバドール・ダリ(1904~89年)は、夢や幻想の世界を写実的表現で表すシュルレアリスム(超現実主義)を代表するスペインの芸術家。会場には円熟期から晩年にかけての作品が並ぶ。

 「神曲」は、地獄、煉獄(れんごく)、天国編の3部、全100話ある長編叙事詩。イタリア政府の依頼で挿絵の水彩画として描いた絵を版画化したもので、井内佳津恵学芸課長はダリ自身が「ダンテを読んだことがない」と発言したことなどを紹介した。

 ダリ作品の代表的なモチーフとして知られる「やわらかい時計」は立体作品も展示し、夕食のカマンベールチーズから着想を得たことが紹介されている。「花咲じじい」「六地蔵」といった日本の昔話がテーマになった作品もある。

 会期中、学芸員による展示解説「ギャラリー・ツアー」は17日、8月12、19日の午後2時から。16、29、8月4日には合唱コンサートがあり、女声コーラストリル、函館MB混声合唱団、遺愛女子中学・高校音楽部が順次、出演。開演は午後2時、同1時から整理券を配布する。

 いずれも特別展観覧券が必要。一般1100円、高大生600円、中学生300円、小学生以下無料。問い合わせは同館(0138・56・6311)へ。

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...