北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

体験型アート「魔法の美術館」盛況 帯広美術館【帯広】

光の粒の噴水を発生させる「Splash Display」を体験する札内中の生徒たち

 道立帯広美術館で開催されている体験型の展覧会「魔法の美術館」の来場者数が伸びている。6月30日の開幕から14日までで4880人に上り、週末は1日に700~800人が訪れる盛況ぶり。デジタル技術を駆使した体験型のアートが、子どもから大人までの注目を集めている。

 帯広美術館と同館振興会の主催。動く光の的にボールを当てると光の粒が高く舞い上がる「Splash Display」や、自らの動きが残像のように連なってスクリーンに浮かぶ「Traces」など12作品が並ぶ。全ての作品が体験型で、触ったり、動いたりすることで魅力を味わえ、楽しめる。

 美術館によると、開幕から家族連れを中心に好評を得ており、小・中学校の団体利用も多い。1日平均約400人が来場し、7月下旬には早くも1万人を達成する見込みだ。

 過去5年間の同館展示で最も来場者数が多かったのは、特別展「放浪の天才画家 山下清展」(2017年)の2万7874人。今回の出足はこれに迫る勢いで、同館は「この3連休や学校の夏休みを控え、足をより運んでもらえるのでは」と期待する。

 13日は幕別札内中の1年D組が美術の授業で訪れ、27人が楽しんだ。ある女子生徒(13)は「不思議な体験ができて楽しかった。美術館は静かなイメージだったけど、みんなで一緒にアートを楽しめた」と話していた。午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)。観覧料は一般800円、高・大学生500円。中学生以下無料。

17日には特典
 同館は17日の「北海道みんなの日(道みんの日)」に合わせ、同時開催のコレクション・ギャラリー「絵具の国-抽象表現の試み-」を無料にする。また、所蔵品のポストカードを先着200人、蛍光ペンを同100人にプレゼントする。

関連記事

名寄新聞

ユニバーシアード大会挑む・地元出身の千葉隆人さん【美深】

 美深町出身、仙台大学体育学部スポーツ情報マスメディア学科2年の千葉隆人さん(20)は、3月2日から12日までロシア・クラスノヤルスクで開催される「第29回ユニバーシアード冬季競技大会」フリースタイ...

十勝毎日新聞

なつぞら主題歌はスピッツ 十勝を訪れ楽曲構想【十勝】

 十勝が舞台のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(4月放送開始)の主題歌が、スピッツの「優しいあの子」に決まった。NHKが19日に発表した。  スピッツのボーカル草野マサムネさんは「『なつぞら』は...

十勝毎日新聞

大樹核に宇宙産業集積 道経連「ビジョン」発表【札幌】

 北海道経済連合会(道経連)は19日、大樹町のロケット発射場を核に道内で「宇宙版シリコンバレー」の形成を目指す、宇宙産業ビジョンを発表した。2030年の段階では、大樹で衛星打ち上げが日常的に行われ...

十勝毎日新聞

「おとぷけ納豆」10年 来月プレゼント企画 音更更葉園【音更】

 社会福祉法人更葉園(町東通13、比留間正二理事長)は、法人ブランドとして製造・販売している「おとぷけ納豆」の10周年を記念し、3月1日からプレゼントキャンペーンを行う。  「おとぷけ納豆」...

室蘭民報

商議所が改訂版「企業にやさしい街づくり」提案書【室蘭】

 室蘭商工会議所の栗林和徳会頭らは19日、室蘭市役所で、青山剛市長に対し、改訂版「『企業にやさしい街づくり』に向けた提案書」を提出、3選出馬に当たっての公約反映を求めた。市長は「提案を十分に踏...