北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

体験型アート「魔法の美術館」盛況 帯広美術館【帯広】

光の粒の噴水を発生させる「Splash Display」を体験する札内中の生徒たち

 道立帯広美術館で開催されている体験型の展覧会「魔法の美術館」の来場者数が伸びている。6月30日の開幕から14日までで4880人に上り、週末は1日に700~800人が訪れる盛況ぶり。デジタル技術を駆使した体験型のアートが、子どもから大人までの注目を集めている。

 帯広美術館と同館振興会の主催。動く光の的にボールを当てると光の粒が高く舞い上がる「Splash Display」や、自らの動きが残像のように連なってスクリーンに浮かぶ「Traces」など12作品が並ぶ。全ての作品が体験型で、触ったり、動いたりすることで魅力を味わえ、楽しめる。

 美術館によると、開幕から家族連れを中心に好評を得ており、小・中学校の団体利用も多い。1日平均約400人が来場し、7月下旬には早くも1万人を達成する見込みだ。

 過去5年間の同館展示で最も来場者数が多かったのは、特別展「放浪の天才画家 山下清展」(2017年)の2万7874人。今回の出足はこれに迫る勢いで、同館は「この3連休や学校の夏休みを控え、足をより運んでもらえるのでは」と期待する。

 13日は幕別札内中の1年D組が美術の授業で訪れ、27人が楽しんだ。ある女子生徒(13)は「不思議な体験ができて楽しかった。美術館は静かなイメージだったけど、みんなで一緒にアートを楽しめた」と話していた。午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)。観覧料は一般800円、高・大学生500円。中学生以下無料。

17日には特典
 同館は17日の「北海道みんなの日(道みんの日)」に合わせ、同時開催のコレクション・ギャラリー「絵具の国-抽象表現の試み-」を無料にする。また、所蔵品のポストカードを先着200人、蛍光ペンを同100人にプレゼントする。

関連記事

根室新聞

日ロ共同経済活動 調査団が出発「実のある協議に期待」【根室】

 北方四島での日ロ共同経済活動の具体化に向けた政府の現地調査団(ビジネス・ミッション)は17日朝、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で根室港を出港して、最初の調査地である国後島へ向かった。...

日高報知新聞

戦争体験を次代へ伝える【浦河】

 浦河町地域包括支援センターは73年目の終戦記念日の15日、大通3の浦河ショッピングセンターMiO内のまちなか元気ステーションで「昔を語る会」カフェを開いた。  約20人が参加。サンドイッチや冷やしそ...

日高報知新聞

暑さに負けないように【新ひだか】

【新ひだか】北海道中学校体育大会(中体連)ソフトテニス大会の女子個人戦で優勝し、21日から広島県尾道市で開かれる全国大会に出場する静内第三中の下山佳那琉選手(3年)と吉本裕香選手(2年)が16日、役場...

苫小牧民報

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

十勝毎日新聞

土俵出現 18日に十勝帯広場所【帯広】

 18日に帯広市総合体育館で開かれる大相撲巡業の十勝帯広場所(実行委主催)に向け、会場での準備が進んでいる。17日午前には、体育館中央に土俵が登場した。  土俵の大きさは国技館と同じ6.7メ...