北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

体験型アート「魔法の美術館」盛況 帯広美術館【帯広】

光の粒の噴水を発生させる「Splash Display」を体験する札内中の生徒たち

 道立帯広美術館で開催されている体験型の展覧会「魔法の美術館」の来場者数が伸びている。6月30日の開幕から14日までで4880人に上り、週末は1日に700~800人が訪れる盛況ぶり。デジタル技術を駆使した体験型のアートが、子どもから大人までの注目を集めている。

 帯広美術館と同館振興会の主催。動く光の的にボールを当てると光の粒が高く舞い上がる「Splash Display」や、自らの動きが残像のように連なってスクリーンに浮かぶ「Traces」など12作品が並ぶ。全ての作品が体験型で、触ったり、動いたりすることで魅力を味わえ、楽しめる。

 美術館によると、開幕から家族連れを中心に好評を得ており、小・中学校の団体利用も多い。1日平均約400人が来場し、7月下旬には早くも1万人を達成する見込みだ。

 過去5年間の同館展示で最も来場者数が多かったのは、特別展「放浪の天才画家 山下清展」(2017年)の2万7874人。今回の出足はこれに迫る勢いで、同館は「この3連休や学校の夏休みを控え、足をより運んでもらえるのでは」と期待する。

 13日は幕別札内中の1年D組が美術の授業で訪れ、27人が楽しんだ。ある女子生徒(13)は「不思議な体験ができて楽しかった。美術館は静かなイメージだったけど、みんなで一緒にアートを楽しめた」と話していた。午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)。観覧料は一般800円、高・大学生500円。中学生以下無料。

17日には特典
 同館は17日の「北海道みんなの日(道みんの日)」に合わせ、同時開催のコレクション・ギャラリー「絵具の国-抽象表現の試み-」を無料にする。また、所蔵品のポストカードを先着200人、蛍光ペンを同100人にプレゼントする。

関連記事

函館新聞

住民の思い受け止めて 大間訴訟の会・竹田代表 11日に控訴審第1回弁論【..

 函館市の市民団体、大間原発訴訟の会(竹田とし子代表)が、電源開発(東京)が建設中の大間原発の建設・運転差し止めを求める訴訟の控訴審は11日、札幌高裁で初回の口頭弁論を迎える。法廷で意見陳述する...

函館新聞

函館で今冬初の真冬日 積雪15センチ越えで除雪車も【函館】

 冬型の気圧配置が強まった影響で、8日の道南は各地で気温が下がり断続的な雪となった。函館では最高気温が氷点下となり、今季初の真冬日となった。函館の真冬日の初日は昨年より8日遅かった。日中の最低気...

日高報知新聞

日ハム松本剛選手が指導【新ひだか】

【新ひだか】北海道日本ハムファイターズ新ひだか後援会(折手裕一会長)主催の野球教室が4日、静内体育館で開かれ、町内3野球少年団の小学生がファイターズの松本剛選手(25)と元一軍投手コーチの芝草宇宙さ...

日高報知新聞

「にいかっぷキッチン」オープン【新冠】

【新冠】道の駅「サラブレッドロード新冠」に隣接する農協ストア跡地に7日、町内の青果・コンブ、生肉、鮮魚、パン・スイーツの4店舗による商業施設「にいかっぷキッチン」がオープンした。あいにくの大雪の中...

苫小牧民報

「朝ラー」静かな人気 セットメニューも提供-味の大王総本店

 苫小牧市植苗の「味の大王総本店」が始めた、午前7時からラーメンを提供する「朝ラー」が静かな人気となっている。深夜、早朝時間帯に働く人を中心に注文が増えており、高橋浩一社長は「朝にラーメンを食べ...