北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大野克之町長に目録を手渡した。

 同社(旧社名・Premium)による企業版ふるさと納税は2年連続で、今回の300万円と合わせて600万円になった。

 寄付金は、樹齢100年を超える桜並木の樹勢回復に必要な枯損木や倒壊する可能性のある危険木の伐採、病害虫の処置、土壌改良、追肥の根系樹勢回復、後継樹の育成など。

 樹木医による診断に基づいた適切な処置を施し、新たな後継樹の植栽などを行うことにより、桜並木を後世に継承する事業で、新たなサクラの見どころをつくり、地域資源としての価値を高めるために活用される。

 役場静内庁舎で行われた贈呈式では、自宅近くにもサクラを植えるほどサクラ好きという河村さんが「ここのサクラにも元気でいてほしい。そのために頑張ってほしいとの思いを込めて今年も寄付させていただいた。こちらの桜並木もいつか見に行きたい」と話した。

 大野町長は「桜並木は150年ぐらいかけて今の姿になっているので、きちんと管理していかなければならない。今後も維持できるよう寄付金を活用させていただきたい」と感謝していた。

大野町長(右)へふるさと納税の目録を手渡す河村さん(左)

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...