北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大野克之町長に目録を手渡した。

 同社(旧社名・Premium)による企業版ふるさと納税は2年連続で、今回の300万円と合わせて600万円になった。

 寄付金は、樹齢100年を超える桜並木の樹勢回復に必要な枯損木や倒壊する可能性のある危険木の伐採、病害虫の処置、土壌改良、追肥の根系樹勢回復、後継樹の育成など。

 樹木医による診断に基づいた適切な処置を施し、新たな後継樹の植栽などを行うことにより、桜並木を後世に継承する事業で、新たなサクラの見どころをつくり、地域資源としての価値を高めるために活用される。

 役場静内庁舎で行われた贈呈式では、自宅近くにもサクラを植えるほどサクラ好きという河村さんが「ここのサクラにも元気でいてほしい。そのために頑張ってほしいとの思いを込めて今年も寄付させていただいた。こちらの桜並木もいつか見に行きたい」と話した。

 大野町長は「桜並木は150年ぐらいかけて今の姿になっているので、きちんと管理していかなければならない。今後も維持できるよう寄付金を活用させていただきたい」と感謝していた。

大野町長(右)へふるさと納税の目録を手渡す河村さん(左)

関連記事

根室新聞

日ロ共同経済活動 調査団が出発「実のある協議に期待」【根室】

 北方四島での日ロ共同経済活動の具体化に向けた政府の現地調査団(ビジネス・ミッション)は17日朝、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で根室港を出港して、最初の調査地である国後島へ向かった。...

日高報知新聞

戦争体験を次代へ伝える【浦河】

 浦河町地域包括支援センターは73年目の終戦記念日の15日、大通3の浦河ショッピングセンターMiO内のまちなか元気ステーションで「昔を語る会」カフェを開いた。  約20人が参加。サンドイッチや冷やしそ...

日高報知新聞

暑さに負けないように【新ひだか】

【新ひだか】北海道中学校体育大会(中体連)ソフトテニス大会の女子個人戦で優勝し、21日から広島県尾道市で開かれる全国大会に出場する静内第三中の下山佳那琉選手(3年)と吉本裕香選手(2年)が16日、役場...

苫小牧民報

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

十勝毎日新聞

土俵出現 18日に十勝帯広場所【帯広】

 18日に帯広市総合体育館で開かれる大相撲巡業の十勝帯広場所(実行委主催)に向け、会場での準備が進んでいる。17日午前には、体育館中央に土俵が登場した。  土俵の大きさは国技館と同じ6.7メ...