北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

平取町の義経神社で142年ぶりに公開された源義経公のご神像=21日午前11時半ごろ

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。

 義経公のご神像は木製で高さ40センチほど。甲冑(かっちゅう)を身にまとう、りりしい姿の座像だ。1799(寛政11)年の江戸末期、幕府の調査隊だった近藤重蔵が、この地域のアイヌ民族が源義経を崇敬していることを知り、寄進。当初は屋外に置かれていたが、1876(明治9)年に神社に安置された。

 楡田宮司は「奉納から220年の節目を迎えたことを機に京都の職人に修理を依頼。その前に広く見ていただこうと公開を決めた」と話す。一般公開は9月2日までで、時間は午前10時~午後4時。拝観には1000円必要で、町民は無料。

 ご神像の修理完了は来年6月の予定で、同年7月後半から1カ月間、再び公開する考えという。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...