北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯広メロン甘い実り 出荷開始【帯広】

 「帯広メロン」の出荷が24日始まった。管内6軒の生産者がハウス栽培し、糖度は15度以上と高く、甘くて爽やかな味が特徴だ。今年産は、イトーヨーカドー帯広店など管内小売店で販売するほか、市のふるさと納税の返礼品にも採用された。関係者は来年以降、本州の百貨店などに販路を広げたいと意気込む。

出来栄えを確認する生産者の前に、ずらりと並べられた「帯広メロン」

 24日午前、帯広メロンを取り扱うキサキ糧穀(市愛国町、鬼崎友宏社長)で生産者が今年産の出来栄えを確認する「目ならし会」を開いた。糖度が高く、形状も整っているという。今年は4000玉以上を生産する予定で、価格は2玉セットで4000円前後。

 「妃(きさき)」と呼ぶ品種のメロンで、化学肥料を極力使わず栽培する。収穫してから食べ頃になるまで常温で5~7日。管内ではコープさっぽろ、イオンなどの店頭にも並ぶ。

 「他産地のメロンと比べて味には自信がある」と同社関係者。今後は管外に本格的に売り込み、帯広メロンを全国区のブランドに育てたい考え。大手百貨店からの引き合いもある。

 帯広メロンは1988年、栽培技術の向上などを目的とした組織「FFVプロジェクト」の発足をきっかけに生産が始まった。

関連記事

名寄新聞

地元産酒米を使用の特別純米酒「上川大雪」数量限定販売【名寄】

 名寄市風連産米を使用した特別純米酒「上川大雪」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、20日から販売開始。道の駅もち米の里☆なよろで、数量限定で取り扱っている。  特別純米酒の原料となる...

十勝毎日新聞

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体【芽室】

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェ...

室蘭民報

越冬たまねぎ「えったま333」を使い料理講習会【伊達】

 伊達市の越冬タマネギ「えったま333」の料理講習会が20日、市内梅本町のだて歴史の杜食育センター内キッチンスタジオで開かれた。参加者が甘く、栄養価が高いタマネギを和気あいあいと調理。出来上がり...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

十勝毎日新聞

「優しいあんこ」食べて魅力発信 なつぞら応援推進協【十勝】

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」応援推進協議会(梶原雅仁会長)は19日、ドラマの主題歌でスピッツの新曲「優しいあの子」の発売に合わせ、スイーツ王国・十勝の魅力を発信する「優しいあんこ」企画をスタ...