北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭民報社花火大会で航路祝う光の大輪2200発【室蘭】

スターマインと水上花火の競演が観衆を魅了した室民納涼花火大会=27日午後8時52分、室蘭港中央ふ頭(粟島暁浩撮影)

観衆を魅了した室民納涼花火大会と開通20周年を迎えた白鳥大橋=27日午後8時33分、室蘭港フェリーターミナル(北川誠撮影)

 第72回むろらん港まつり(むろらん港まつり実行委員会主催)が27日、開幕した。初日のメイン、協賛の室蘭民報社納涼花火大会(室蘭民報社、同実行委共催)は、心配された霧もなく、絶好の条件で行われた。2200発が夜空に打ち上がり、室蘭最大の祭典の幕開けを飾るとともに宮蘭フェリー就航を祝った。

 花火打ち上げは道南煙火(室蘭市幸町、東雲博代表取締役社長)が担当。「祝宮古―室蘭フェリー就航」と銘打ち、第1部「祝い」、第2部「輝き」、第3部「未来」をテーマに行われた。

 午後6時半からの開会式で青山剛市長が「宮蘭フェリーが港まつりに花を添えてくれた」とあいさつ。同8時に宮蘭フェリー「シルバークィーン」がフェリーふ頭を出航すると、大勢のまつり客が手を振って見送った。同8時半のオープニングスターマインに続き、色とりどりに演出し、徐々に大きくなるスパイラルスターマインで魅了。観客は水上花火の連続技や大スターマインを堪能した。

 室蘭の発展に願いを込め、大スターマインと水上花火が掉尾(とうび)を飾った。観客は鮮やかな光と会場に響く音に酔いしれていた。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...