北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭民報社花火大会で航路祝う光の大輪2200発【室蘭】

スターマインと水上花火の競演が観衆を魅了した室民納涼花火大会=27日午後8時52分、室蘭港中央ふ頭(粟島暁浩撮影)

観衆を魅了した室民納涼花火大会と開通20周年を迎えた白鳥大橋=27日午後8時33分、室蘭港フェリーターミナル(北川誠撮影)

 第72回むろらん港まつり(むろらん港まつり実行委員会主催)が27日、開幕した。初日のメイン、協賛の室蘭民報社納涼花火大会(室蘭民報社、同実行委共催)は、心配された霧もなく、絶好の条件で行われた。2200発が夜空に打ち上がり、室蘭最大の祭典の幕開けを飾るとともに宮蘭フェリー就航を祝った。

 花火打ち上げは道南煙火(室蘭市幸町、東雲博代表取締役社長)が担当。「祝宮古―室蘭フェリー就航」と銘打ち、第1部「祝い」、第2部「輝き」、第3部「未来」をテーマに行われた。

 午後6時半からの開会式で青山剛市長が「宮蘭フェリーが港まつりに花を添えてくれた」とあいさつ。同8時に宮蘭フェリー「シルバークィーン」がフェリーふ頭を出航すると、大勢のまつり客が手を振って見送った。同8時半のオープニングスターマインに続き、色とりどりに演出し、徐々に大きくなるスパイラルスターマインで魅了。観客は水上花火の連続技や大スターマインを堪能した。

 室蘭の発展に願いを込め、大スターマインと水上花火が掉尾(とうび)を飾った。観客は鮮やかな光と会場に響く音に酔いしれていた。

関連記事

日高報知新聞

ミスシンザ ンを募集【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委は、7月27、28日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催の「第34回シンザンフェスティバル」に花を添えるミスシンザン2人を6月19日まで募集する。  応募資格...

日高報知新聞

馬上結婚式のカップル【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委員会(中島雅春実行委員長)は、7月27日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催する「第34回シンザンフェスティバル」のサラブレッド馬上結婚式のカップル2組...

苫小牧民報

右肩に人工関節入れ、手術後も弓道に励む 苫小牧の山内もとさん(85)

 昨年1月、右肩に人工関節を入れる手術を受けた後も、37年間打ち込んできた弓道に励み、11月に札幌市で開かれる全道大会への出場を目指す女性がいる。苫小牧市木場町の山内もとさん(85)。全日本弓道...

苫小牧民報

かつての高校球児ら青春再び マスターズ甲子園OB定期戦

 高校野球のOBらでつくるマスターズ甲子園北海道・道央支部主催のOB定期戦が19日、苫小牧駒大グラウンドで開かれた。苫小牧市内の高校出身者を中心に10~60代の元高校球児ら20人以上が集まって交...

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...