北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

ライブや花火で盛況・てっしフェスティバル【名寄】

多くの来場者を魅了した天塩川花火大会

 名寄の夏を熱く彩る「てっしフェスティバル」が29日に天塩川曙橋下流河川敷で開催。HTBの「出張HTBイチオシ!まつり」とコラボレーションし、天塩川流域12市町村と三重県松阪市が出店し、グルメを満喫。歌手の小柳ゆきさんによるライブコンサートで盛り上がり、最後は満天の花火が多くの来場者を楽しませた。

 てっしフェスティバルは、「てっし名寄まつり」のメインを飾るイベント。今年は開局50周年を迎えるHTBによるイベントとのコラボ開催となった。

 まつりは午前10時から第1部スタート。「全日本女子チア部☆応援サポート」では、名寄市生まれのフリーアナウンサー、朝妻久実さんら3人が登場し、地元名寄を応援するパフォーマンスを披露。名寄朔北太鼓による演奏や、北鼓童&名寄市立大学のよさこいソーラン演舞が会場を盛り上げた。

 HTBの「イチオシ!モーニング」からタレントの木村愛里さんとアナウンサーの菊地友弘さん、「イチオシ!」からはアナウンサーの高橋春花さんと依田英将さんが来場。4人によるトークショーや、「onちゃんおはよう体操」の収録など、多くの来場者を巻き込みながら楽しい時間を過ごした。

 札幌市出身のシンガーソングライター河野玄太さんのライブに続き、小柳ゆきさんが登場。日も陰り、祭りのムードは最高潮を迎える中、「あなたのキスを数えましょう~You were mine~」「be alive」などのヒット曲を熱唱し、圧倒的な声量が来場者を魅了。

 ライブ終了後、フェスティバルのメインを飾る天塩川花火大会。花火ファンファーレに続き、「宇宙(そら)の煌(きら)めき」「星の贈り物(プレゼント)」「ハッピーナイト ファイアーナイト」などをテーマに、音楽とシンクロしながら、北海道150年にちなんで約1500発の花火が次々と打ち上がった。

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...