北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

81%が必要と回答

 2019年度に合葬墓の建設と供用を検討している浦河町は、このほど合葬墓の町民ニーズを把握するアンケート調査を実施した。81%が「町に必要」と回答、「あれば利用したい」は39・8%という結果を受け、町は「新たなお墓のニーズに対応する手段の一つ」として、合葬墓の整備を進めることにした。

 合葬墓は、一つの墓の中に焼骨した遺骨を一緒に埋蔵するもの。核家族化や少子化が進む中、将来的な墓の継承が難しくなっている現状から、自治体などが合葬墓を整備している例が多い。

 町の調査によると、道内では23市町村に合葬墓があり、低料金の永代使用料で宗教色を排除した運営をしている。日高管内にはまだない。

 使用料の大半は1、2万円程度で、1万円以下という市町村もある。墓誌に有料で名前を刻む所、墓誌のない所もある。管理方法はまちまち。

 町は本年度、お寺や石材店との意見交換、設置場所の選定、運営方法、建設関連予算の計上を行い、来年度に建設と条例制定、供用開始を見込み準備を進めている。

 町民アンケートは、50歳代~70歳代以上の男女(対象5356人)から無作為に1200人を抽出し、5、6月に実施した。回答は563件。

 回答者のうち、現在お墓を「持っている」人は65・9%、「ない」のが33・7%。持っている人の66・4%は町内墓地、10・7%がお寺の納骨堂、19・5%が町外の墓地や納骨堂。墓地・納骨堂使用権の継承には70・9%が「不安がある」としている。

 合葬墓が必要と回答した人は、「子どもや孫に不安をかけたくない」と「自分の家のお墓が将来的に引き継がれることに不安」が各34・9%。「お墓の清掃や管理の必要がない」12・9%など。ほか、後継者がいない、近親者が近くにいないなど。

 合葬墓に求められることは、「施設の管理と整備状況が常に良好な状態に保たれること」が31・1%と多く、「使用料の金額が安い」26・7%、「従来のお墓の形にとらわれないシンボル的な施設」「周辺の見晴らしなど雰囲気や環境がよいこと」各約11%など。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...