北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館のPAC3撤収 米朝首脳会談など受け【函館】

トラックにけん引されて敷地内を移動するPAC3(30日午後6時25分ごろ)

 防衛省は30日、北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、陸上自衛隊函館駐屯地(広野町6)に展開していた航空自衛隊の地対空誘導弾「PAC3」を撤収した。同省は6月の米朝首脳会談をきっかけに北朝鮮の非核化へ向けた協議が始まったことを撤収の理由に挙げた。市民からは北朝鮮に対する不信感と、兵器の撤収に安堵(あんど)する声が入り交じった。

 駐屯地西側の広場には30日、2基のPAC3が配備されていたが、同日午後5時半すぎから、隊員10数人がPAC3に近寄り、撤収作業を始めた。斜め上を向いていたミサイルは水平に収められ、2基は午後7時までに順次、トラックにけん引されて広場を後にした。その後、午後10時ごろ、駐屯地正門から車両7台が出て、所属する空自基地に向かった。

 同省は昨年8月、北朝鮮の米領グアムに対するミサイル発射計画が発覚以降、飛行ルート上の広島、島根、愛媛、高知の陸自駐屯地にPAC3を展開。その後、ミサイルが北海道上空を通過したことを受け、昨年9月19日に函館駐屯地へPAC3を追加配備していた。

 今回は、昨年8月に配備した中四国4カ所も合わせて撤収。防衛省関係者は撤収の理由について、米朝対話の進展のほか「配備から1年近くが経過し、補修や整備の必要がある」としている。昨年8月以降発動している破壊措置命令は維持し、情勢に変化があればPAC3を配備し直す。

 新川町の佐藤恒明さん(62)は「米朝首脳会談では友好的な姿勢を見せていた北朝鮮だが、なにか裏があるように思え、核兵器への対抗手段がなくなることに不安がある」と北朝鮮の姿勢を疑問視する。

 一方、大森町の主婦、田中恵さん(27)は「核ミサイルを迎え撃つためのものとはいえ、兵器は兵器。駐屯地の近くは住宅や学校も多いので、正直事故などの不安もあった」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...