北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館のPAC3撤収 米朝首脳会談など受け【函館】

トラックにけん引されて敷地内を移動するPAC3(30日午後6時25分ごろ)

 防衛省は30日、北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、陸上自衛隊函館駐屯地(広野町6)に展開していた航空自衛隊の地対空誘導弾「PAC3」を撤収した。同省は6月の米朝首脳会談をきっかけに北朝鮮の非核化へ向けた協議が始まったことを撤収の理由に挙げた。市民からは北朝鮮に対する不信感と、兵器の撤収に安堵(あんど)する声が入り交じった。

 駐屯地西側の広場には30日、2基のPAC3が配備されていたが、同日午後5時半すぎから、隊員10数人がPAC3に近寄り、撤収作業を始めた。斜め上を向いていたミサイルは水平に収められ、2基は午後7時までに順次、トラックにけん引されて広場を後にした。その後、午後10時ごろ、駐屯地正門から車両7台が出て、所属する空自基地に向かった。

 同省は昨年8月、北朝鮮の米領グアムに対するミサイル発射計画が発覚以降、飛行ルート上の広島、島根、愛媛、高知の陸自駐屯地にPAC3を展開。その後、ミサイルが北海道上空を通過したことを受け、昨年9月19日に函館駐屯地へPAC3を追加配備していた。

 今回は、昨年8月に配備した中四国4カ所も合わせて撤収。防衛省関係者は撤収の理由について、米朝対話の進展のほか「配備から1年近くが経過し、補修や整備の必要がある」としている。昨年8月以降発動している破壊措置命令は維持し、情勢に変化があればPAC3を配備し直す。

 新川町の佐藤恒明さん(62)は「米朝首脳会談では友好的な姿勢を見せていた北朝鮮だが、なにか裏があるように思え、核兵器への対抗手段がなくなることに不安がある」と北朝鮮の姿勢を疑問視する。

 一方、大森町の主婦、田中恵さん(27)は「核ミサイルを迎え撃つためのものとはいえ、兵器は兵器。駐屯地の近くは住宅や学校も多いので、正直事故などの不安もあった」と話していた。

関連記事

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...

根室新聞

弁天島灯台守一家の空襲体験 米国で絵本に【根室】

 根室空襲を生き抜いた弁天島の灯台守一家の戦争体験が、米国で子ども向け絵本として出版される企画が進んでいる。出版のきっかけを作り、自ら絵を担当する同灯台守の孫で米国在住の木村広さん(57)が15、1...

根室新聞

厚床再生プロジェクト「防災キャンプ」企画 【根室】

 新たな地域づくりに向け、勉強会を開いている厚床地域農村再生プロジェクトチーム(リーダー、馬場晶一さん=AB―MOBIT代表)は、24、25の両日、地域住民による厚床防災キャンプを厚床会館で開く。防...

苫小牧民報

安平町の避難指示解除、最長2年に 長期化に町民から不安の声

 安平町は、胆振東部地震後に避難指示を出している地域の解除に、場所によって1年から2年かかる見通しを立てていることが分かった。住宅地の裏山崩壊の危険から避難指示を出した地域では、のり面補修工事な...