北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ニンジン鮮やか JAおとふけ【音更】

専用のハーベスターを使い、次々と土の中から掘り出されるニンジン(音更町昭栄の畑で)

 道内最大のニンジンの産地・音更町でニンジンの収穫作業が始まった。収穫されたニンジンは、JAおとふけ(笠井安弘組合長)の洗浄選別予冷施設(町音更西2線15)から全国各地に次々に出荷されている。

 町内のニンジン生産は、同JAと生産農家が契約し、JAが種まきと収穫を請け負っている。同JAによると、今年の作付面積は平年並みの423ヘクタール。契約生産農家は133戸。

 収穫は27日にスタート。31日には、町昭栄の約3ヘクタールの畑でニンジン専用のハーベスターを使い次々に収穫し、ただちに施設に運び込んだ。施設では約40人のスタッフが傷の有無などを目視で選別し、センサーで大きさごとに分けられた後、箱詰めされた。

 箱詰め後は鮮度を保つために、真空予冷機で冷やされ、主に本州方面に出荷されている。地産地消の観点から、町内の学校給食の食材としても使われる。

 作業は10月末まで続き、今年の出荷量は生食と加工用合わせて1万3000トン、販売目標は昨年度比約3億円増の14億円を見込む。

 6月上旬の降雨と日照不足で生育が心配されたが、同JAの宮村徳親青果課長は「奇形も少なく、平年並みの作柄になった」と話した。

関連記事

根室新聞

花咲線の利用促進に向け 行動計画策定へ【根室】

 JR花咲線の沿線自治体で構成する根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)の会合が15日、根室市総合文化会館で開かれた。会議は非公開で行われ、JR花咲線の利用促進に向けたア...

根室新聞

中標津空港 乗降客数2年連続の20万人ならず【根室】

 根室管内の空の玄関口、根室中標津空港は、昨年一年間の乗降客数が、前年より22パーセント減って19万7,000人台にとどまり、2年連続の20万人には届かなかった。千歳便はほぼ前年並みの11万人台に乗ったが、...

日高報知新聞

渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】自家製の漬物の味を競う「第55回つけものコンクール」が14日、町福祉センターで開かれ、町内女性が出品した漬物で自慢の味を競いあった。町女性団体連絡協議会(川﨑尚子会長)が主催し、町教委が後援...

日高報知新聞

20歳の節目に決意新た【浦河】

 14日は「成人の日」。これを前にした13日、日高管内7町で成人式が開かれた。会場では真新しいスーツや羽織・袴、華やかな振り袖姿に着飾った若者たちが、旧友との再会を喜び合うとともに20歳の門出に決意を...

苫小牧民報

肝炎ウイルス、ぜひ検査を 苫小牧出身・SHOKICHIさんが道知事を表敬..

 EXILEのメンバーで、苫小牧出身のSHOKICHIさん(33)が15日、道庁の高橋はるみ知事を表敬訪問し、厚生労働省の肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」をアピールした。 ...