北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ニンジン鮮やか JAおとふけ【音更】

専用のハーベスターを使い、次々と土の中から掘り出されるニンジン(音更町昭栄の畑で)

 道内最大のニンジンの産地・音更町でニンジンの収穫作業が始まった。収穫されたニンジンは、JAおとふけ(笠井安弘組合長)の洗浄選別予冷施設(町音更西2線15)から全国各地に次々に出荷されている。

 町内のニンジン生産は、同JAと生産農家が契約し、JAが種まきと収穫を請け負っている。同JAによると、今年の作付面積は平年並みの423ヘクタール。契約生産農家は133戸。

 収穫は27日にスタート。31日には、町昭栄の約3ヘクタールの畑でニンジン専用のハーベスターを使い次々に収穫し、ただちに施設に運び込んだ。施設では約40人のスタッフが傷の有無などを目視で選別し、センサーで大きさごとに分けられた後、箱詰めされた。

 箱詰め後は鮮度を保つために、真空予冷機で冷やされ、主に本州方面に出荷されている。地産地消の観点から、町内の学校給食の食材としても使われる。

 作業は10月末まで続き、今年の出荷量は生食と加工用合わせて1万3000トン、販売目標は昨年度比約3億円増の14億円を見込む。

 6月上旬の降雨と日照不足で生育が心配されたが、同JAの宮村徳親青果課長は「奇形も少なく、平年並みの作柄になった」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の有権者 農業、子育て 政策注視 道知事選【十勝】

 21日に告示された道知事選は16年ぶりの新人対決となり、北海道の未来を託す新リーダーが誕生する。十勝の有権者は農業や子育て支援、経済、災害対策などに関心が高く、実行力を伴った具体的な政策論争の深...

十勝毎日新聞

若手役場職員が提言書 町長に手渡す【池田】

 池田役場の30歳以下の職員で組織した若手有志の会「いけだFPSプロジェクト」(略称いけプロ・宗像瞭代表、36人)は19日、町社会福祉センターに勝井勝丸町長を招いて自主研修グループ提言会を開いた。...

十勝毎日新聞

大雪山系の案内板設置 市街一望の神居山展望台【本別】

 本別の自然などを紹介している「森と川の舎」(新津和一会長、会員14人)のメンバーが19日、神居山(かむいやま、190メートル)の展望台に案内板を設置した。一望できる大雪山系の山々の名称を記し、散...

苫小牧民報

北海道知事選告示、与野党一騎打ち 被災地で第1声

 第19回統一地方選のトップを切り、道知事選が21日、告示された。野党統一候補となる石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由推薦=と与党陣営が擁立した鈴木直道氏(38)=自民、公明...

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...