北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

阿波踊りや和太鼓フェス

【新ひだか】「第12回新ひだか夏まつり」(実行委主催)の本祭は28日、みゆき通りと静宝通りで開かれ、両会場に計2万3000人が詰め掛け、阿波踊りパレードや和太鼓フェスティバルなどで夏の一大イベントを盛り上げた。

 この日は日中は晴天だったが、夜になって小雨混じりの天候となった。みゆき通り会場では正午から歩行者天国に開放され、ピュア前で静内第三中吹奏楽部が「マーチ・ワンダフル・ヴォヤージュ」などを演奏して開幕。

 午後2時からの和太鼓フェスティバルでは、地元の静内染退太鼓、新冠町の新冠判官太鼓保存会、日高町の螢太鼓、様似町のさまにアポイ太鼓の管内勢や札幌、岩見沢、後志管内倶知安、胆振管内厚真、空知管内栗山の各市町から計11団体が出演。

和太鼓フェスティバルの開幕を飾った全団体による演奏

 各団体が地域性や物語性に富んだ演出と迫力のばちさばきを披露して、来場者から大きな拍手が送られた。

 また、フェスの中盤ではしずない小唄踊り保存会による伝統の「しずない小唄踊り」も行われた。

 4時から静宝通りでも歩行者天国が始まり、ビアガーデンやビンゴゲームなどで来場者は増えていった。みゆき通り会場ではウルトラマンルーブショーが家族連れの人気を集めた。

 阿波踊りパレードは6時半に7連が静宝通りを出発。みゆき通り会場では7時の開始直前に、東の空に色鮮やかな虹が出現。実行委員長の大野克之町長は「この虹のように、新ひだか町を輝くような町にしていきたい。祭りに積極的に参加して楽しんでいってもらえたら」とあいさつ。

みゆき通りの阿波踊りパレードで演舞する防人連。中央は青木秀敏静内駐屯地司令

 この後、陸上自衛隊静内駐屯地による防人連の約200人を先頭に、静内ケアセンターあすなろ連、静内、東静内両保育所園児のちびっこ連しずない、商工会青年部・女性部はマスコットキャラクターのこんぶマン・こぶねちゃんも祭り衣装に身を包み、子どもたちの声援を集めた。

 続いて、さっぽろ五郎連、静内阿波踊り協会の桜舞連、天馬連、愛好さくら連、一風連、ちゃま姫連がそれぞれ特色ある踊りや鼓笛隊の演奏で祭りを盛り上げた。

 最後に参加10連442人と来場者も加わった盆踊りが行われ、みゆき通りを埋め尽くした乱舞で会場の熱気は最高潮に達し、盛況のうちに幕を閉じた。

 27日の前夜祭を合わせた来場者数は、前年比56人増の2万7155人(主催者発表)だった。

 夏まつりは星空ビアガーデン(8月4日)、七夕宵祭り(同7日)、みついしの夏休み2018(同11日)、静内川花火大会(同12日)、三石漁港花火大会(同15日)と関連行事が続く。

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

十勝毎日新聞

さあW杯 ゲスト24カ国から340人【帯広】

 16日に明治北海道十勝オーバルで開幕するスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦を前に、帯広市内では世界各国から集まった選手や関係者らの姿が街中でも見られ、十勝のグルメを満喫する選手らへ...