北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

イタリアンレストラン・カリーナがワイン大使に認定【室蘭】

ワイン大使認定を喜ぶリストランテカリーナの橋本オーナーシェフ

 イタリアンレストランのリストランテカリーナ(室蘭市中島町、橋本雄司オーナーシェフ)が、シチリアの老舗ワイナリー「ドゥーカ・ディ・サラパルータ社」から、ワイン大使に認定された。道内で2店、全国で30店。本場から高品質なワインと料理を提供する店としてのお墨付きが与えられ、スタッフも「大変名誉」と励みにしている。

 同店によると、1824年に創業した、シチリアの中でも最も歴史ある造り手の一つ。シチリア全土に畑を所有し、多様な性格のブドウをそれぞれ最適な土地で栽培している。コストパフォーマンスに優れたシチリアワイン「コルヴォ」でも知られる。

 橋本さん(51)は「26年前」から現地でワインの買い付けを行っているが、「魚介や子羊に良く合うサラパルータ社のワインは、室蘭の食材にもぴったり」と気に入り、店に置くようになった。

 マネージャーの工藤昌彦さん(45)も「ウニクリームを使った料理やウニのリゾットなど、いわゆる北海道イタリアンに相性抜群。フランスで醸造を学ぶなど、ワイン造りへの情熱があふれている」と、味を表現する。

 専門商社を通じて認定証が7月中旬に届いた後、さらに品ぞろえを強化した。スプマンテのドゥーカ・ディ・サラバルータ(グラス800円)や、インツォリアとシャルドネ種を使ったカラニカ(グラス600円)など8商品を提供している。

 橋本さんは「毎年夏にウニフェアを行っていますが、訪店したワイナリー関係者から『ここは小さなイタリア』との評価をいただいたこともあります。ワインの知識もありますが、特に料理を気に入ってもらえたのでは。30年やってきて本当に良かった」と笑顔を見せている。

関連記事

室蘭民報

道の駅みたらで新メニューうずらんパフェを17日から販売【室蘭】

 リニューアルに合わせて開発された「うずらんソフトクリーム」が好評の道の駅みたら室蘭(室蘭市祝津町)で、17日から新メニュー「うずらんパフェ」3種類が販売される。  室蘭うずら園(石川町)のウ...

室蘭民報

寿浅が「甘露法水」で地酒開発、来月発売目指す【伊達】

 寿浅(伊達市山下町、寿浅雅俊代表取締役社長)は、伊達の地酒「伊達 甘露法水」の開発を進めている。伊達150年をきっかけに企画。特別純米酒で伊達産米を原料に、同市大滝区の三階滝公園内の湧き水「甘...

室蘭民報

農園たねびと、今年からイチゴ狩りスタート【豊浦】

 豊浦町大岸で佐藤英貴さん、律子さん夫婦が営む農園「G.S.W grow.seed.works たねびと」が今年からイチゴ狩りを始めた。イチゴを自由に摘み取って楽しめる。「ぜひ来園を」と呼び掛け...

室蘭民報

春レタスの収穫が最盛期、迎える【伊達】

 伊達市内では露地植えの春レタスの収穫が最盛期を迎えている。広瀬農園(広瀬隆一さん経営)では、早朝から隆一さんや跡継ぎの長男らが作業に励んでいる。今年のレタスも甘く、シャキシャキした歯ごたえが楽...

室蘭民報

「真っ赤な実り」求めて、いちご豚肉まつり盛況【豊浦】

 豊浦町の特産品が集まる「第48回とようらいちご豚肉まつり」(同実施委員会主催)が9日、町内浜町の豊浦海浜公園で開かれた。イチゴなどの特産品を求めて、約2万5千人の来場者が集まり、公園内はにぎわ...