北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

緑の中を楽しんで ヒマワリ迷路がオープン【帯広】

迷路を体験した澤柳さんの家族

 「ひまわり三千坪迷路」が1日、帯広市広野町210にオープンした。ヒマワリは7月の雨の影響でまだ咲いていないものの、夏休み中の子どもや観光客らが迷路を楽しんだ。15日まで。

 本別町内で迷路を開催した「本別ヒマワリ愛好会」の代表だった背戸田利光さん(故人)の遺志を継ぎ、帯広の農家仁田義勝さん(69)が知人や本別ヒマワリ愛好会の関係者と協力して準備を進めてきた。

 この日は午前10時にオープニングセレモニーが開かれ、市議会の佐々木勇一副議長や帯広観光コンベンション協会の櫻井政宏事務局長、仁田さんらがテープカット。仁田さんは「家族で楽しめる新しい一大イベントとして盛んになればうれしい」とあいさつした。

 背戸田さんの妻諄子さん(71)も駆け付け、「夫の死後、家を出ることが少なかったが迷路を見られてよかった。天国の夫も喜んでいるはず」と語った。

 迷路体験第1号となったのは、市内の女児(7)。妹(2)、母の澤柳美希子さん(33)らと迷路を回り「どっちに行けばいいか分からなく難しかった。スタンプを探していると楽しかった」と話した。

 午前10時~午後4時。入場料は中学生以上400円、子ども200円、障害者・幼児は無料。迷路内にはスタンプラリーが5カ所に設置されている。

 飲食ブースでは、豊西牛のハンバーグ弁当(600円)、ゆでトウモロコシ1本(200円)などが販売され、畑の周囲を巡回する遊覧車や展望台からヒマワリ畑の景色を楽しむことができる。

関連記事

室蘭民報

室清水高出身で日本画家・小島さんが作品展【室蘭】

 きょう22日に開かれる室蘭清水丘高校(菅原和良校長)の創立100周年記念式典に合わせ、14期生で日本美術院特待の日本画家、小島和夫さん(72)=東京都在住=の日本画展が21日、室蘭市中央町の...

室蘭民報

即売や体験…16日に「のぼりべつ技能祭」

 第9回のぼりべつ技能祭(登別技能協会、登別職業訓練協会主催、室蘭民報社中部支社など後援)が16日、登別市青葉町の登別地方高等職業訓練校で行われる。訓練生らが手掛けた作品を販売するほか、餅まき...

室蘭民報

伊達信金のキッズ探検隊で1億円の重さ体験

 伊達信用金庫(舘崎雄二理事長)は12日、梅本町の本店で「2018だてしんキッズ探検隊」を開いた。市内の京王幼稚園、虹の橋保育園、つつじ保育所の園児ら約120人が参加し、お金の重さ体験では、1...

室蘭民報

「じゃり道工房」で優しさあふれる染め絵並ぶ【洞爺湖町】

 石川県在住の加賀友禅作家、志田弘子さんと家族による「じゃり道工房」の作品展が8日、洞爺湖町洞爺町の洞爺湖芸術館で始まった。志田さんの母親としての愛情や、命の大切さなどへの強い思いを込めた染め...

十勝毎日新聞

特製草履で挑め「世界一」 23日「ナウマン卓球」【幕別】

 「第4回全世界ナウマンぞうり卓球大会in忠類」が23日、十勝ナウマン温泉ホテルアルコ(町忠類白銀町384)で開かれる。町忠類で発掘されたナウマンゾウの化石にちなみ、特製の草履ラケットを使用。“海外...