北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

大型遊具整備に着手 里見が丘公園【足寄】

大型遊具が設置される里見が丘公園の遊戯広場の一部分(ふわふわドーム後方)。昨年度は盛り土と滑り台の基礎に着手した

 足寄町は、里見が丘公園遊戯広場の大型遊具の整備に本格着手した。延長50メートルを超えるローラー滑り台、斜面を登るホールドクライムなど大規模な施設を設置し、団体にも対応可能な遊びの拠点とする。来年のゴールデンウイーク(GW)に合わせたオープンを予定している。

 広大な里見が丘公園(150ヘクタール)の再整備基本計画の一環。遊戯広場は野球場に隣接し、これまで段階的に整備を進めてきた。2016年度には足湯に屋根と囲いをつける改修を実施、「ふわふわドーム」も新設している。

 今回着手したのは、同広場内の3400平方メートルの敷地に盛り土をするなどした昨年度の1次施工を経て、大型遊具を設置する工事。2カ年かけた事業費は2億2970万円。足湯とふわふわドームを入れると3億4970万円(2分の1国補助)となる。

 遊具のメインは延長51.7メートル、落差10メートル、急カーブもあるローラー滑り台。ローラーで滑ることで、摩擦によるやけども抑えられるという。ほかに筒状の3つの滑り台も備える。また、ボルダリングのように斜面を登って行くホールドクライムやネット遊具(ともに高さ2.5メートル程度)、長さ20メートルのターザンロープ(1人用)も整備する。敷地には芝生を張る計画だ。

 7月31日の町議会臨時会で、今年度分の工事請負契約が可決された。町によると、オープンは雪の状況を見ながら来年4月下旬を視野に入れている。町建設課では「小学生くらいが遊べる広場。優先順位を考えながら、未就学児の遊具なども検討していきたい」としている。

関連記事

根室新聞

国内初 ベニザケ海面養殖事業化に挑戦【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は18日、根室港中防波堤に設置したいけすにベニザケの稚魚を放流し、海面でのベニザケ養殖実証試験がスタートした。  ベニザケの養殖は平...

日高報知新聞

東日本大会に出場【えりも】

【えりも】管内中学硬式野球チーム「日高リトルシニア」(浦川聡監督、団員27人)メンバーのえりも中生徒5人が12日、町役場に大西正紀町長を表敬訪問して第8回日本リトルシニア東日本選抜野球大会への出場...

日高報知新聞

「課題はすべてクリア」【様似】

【様似】ユネスコのジオパーク計画審査グループから派遣された2人の審査員により、15日から実施していたアポイ岳ジオパークの世界再認定現地審査が18日終了した。再認定結果は来年3月に発表される。  ...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

十勝毎日新聞

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...