北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯大谷高C最優秀賞 スイーツコンテスト【十勝】

最優秀賞を受賞した帯広大谷高校Cチーム。前列左から木村さん、阿部さん、松橋さん。後列左から長谷川さん、林さん、福田さん

 十勝産の食材を使った今年度の「とかちスイーツコンテスト」(帯広市主催)の最終審査が2日、とかちプラザで行われ、帯広大谷高校Cチームの「ベジタブルマフィンinチーズ」が最優秀賞に選ばれた。同チーム考案のスイーツは9月1、2の両日にJR帯広駅前で開かれる食のイベント「とかちマルシェ」で限定販売される。

 コンテストは今年で4年目。「十勝らしさ」に重点を置いて募集し、17組が応募した。

 最終審査には1次審査を通過した8組が臨み、各自が持ち寄ったスイーツをPR。市内のパティシエら審査員5人が試食し、食材、外観、味、十勝らしさ、商品化のしやすさ-の5項目で評価した。

 同チームは料理研究部の長谷川莉乃さん(16)、林望愛さん(17)=以上2年=、木村優音さん(15)、福田彩南さん(15)、松橋加梨さん(15)、阿部ゆづきさん(15)=以上1年=の6人で臨んだ。

 マフィンは、十勝産の枝豆、チーズを生地に練り込み、ナガイモも混ぜることで生地をふっくらとさせる工夫をした。また、固形のチーズやベーコンも入れ、塩味を効かせた。6人は「何度でも食べたくなる、人を笑顔にする“インスタ映え”する一品」とPRする。

 とかちマルシェでは1日100個限定で販売(価格は未定)される。最終審査で発表した1年の松橋さんは「十勝が大好きになるスイーツなのでぜひ食べに来て」と話した。同部顧問の千葉祐希教諭は「最優秀賞を狙っていたので本当にうれしい」と話した。

 優秀賞には清水高校の「Ma ville natale『そば茶ムース』」、横山実乃李さん(広尾高校2年)の「十勝KURENAIムース」の2作品が選ばれた。

 今稔郁審査委員長(トテッポ工房シェフパティシエ)は「どのスイーツもお客さんに売れるくらいおいしい」と講評。最優秀賞のマフィンについては「枝豆で十勝らしさが存分に出ていて、老若男女に愛される作品」と評価した。

 最終審査の8作品のレシピは近く市ホームページで公開する。表彰式は9月1日、とかちマルシェの会場で行われる。

関連記事

名寄新聞

地元産酒米を使用の特別純米酒「上川大雪」数量限定販売【名寄】

 名寄市風連産米を使用した特別純米酒「上川大雪」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、20日から販売開始。道の駅もち米の里☆なよろで、数量限定で取り扱っている。  特別純米酒の原料となる...

十勝毎日新聞

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体【芽室】

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェ...

室蘭民報

越冬たまねぎ「えったま333」を使い料理講習会【伊達】

 伊達市の越冬タマネギ「えったま333」の料理講習会が20日、市内梅本町のだて歴史の杜食育センター内キッチンスタジオで開かれた。参加者が甘く、栄養価が高いタマネギを和気あいあいと調理。出来上がり...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

十勝毎日新聞

「優しいあんこ」食べて魅力発信 なつぞら応援推進協【十勝】

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」応援推進協議会(梶原雅仁会長)は19日、ドラマの主題歌でスピッツの新曲「優しいあの子」の発売に合わせ、スイーツ王国・十勝の魅力を発信する「優しいあんこ」企画をスタ...