北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

9月16日 北方領土まで歩こう会 ゲストに丸山桂里奈さん【根室】

歯舞総合コミュニティセンター前を出発する水晶島コースの参加者ら(第12回歩こう会)

 第14回北方領土まで歩こう会(主催、北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会、実行委員会運営)の参加者募集が1日から始まった。今年は9月16日に開催し、従来通り、国後(16キロメートル)、水晶(7キロメートル)、貝殻(3.7キロメートル)の3コースで、参加者を募集する。なお、ゲストウオーカーは元女子サッカー日本代表で、バラエティ番組などでも活躍する丸山桂里奈さんが務める。

 歩こう会は、誰でも参加できるスポーツであるウオーキングで北方領土までの距離である国後、水晶、貝殻の3コースを実際に歩き、その近さを実感してもらうとともに領土問題への関心を高める啓発事業で、内閣府の委嘱事業として北隣協が主催。実行委員会を組織し、平成17年度から開いている。

 歩こう会は9月16日に、国後(16キロ)、水晶(7キロ)、貝殻(3.7キロ)の3コースで実施。道立北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」を集合場所に、距離別に16キロの国後コースは午前7時15分から、7キロの水晶コースは同8時5分、3.7キロの貝殻コースは同9時5分からそれぞれ参加受け付けを開始。スタート地点は、国後コースが根室ゴルフ場前、水晶コースは歯舞総合コミュニティセンターあさひ前、貝殻コースは旧珸瑤瑁保育園前で、スタート地点まではシャトルバスで移動。ゴール予定時間は正午で、距離別にスタート時間を一時間ごとにずらし、国後コースは午前9時、水晶コースは同10時、貝殻コースは同11時とする。ゴール後は望郷の岬公園で「北方領土返還祈願フェスティバル」を開き、昼食を取りながら参加者同士交流を深める。

 第1回こそ512人の参加にとどまったものの、第2回以降は、1,000人を超える参加者で、管内から250人、管外からも50人前後の参加者を集めている。昨年は計1,008人が申し込んでいたが、台風18号のため中止となっている。

 同実行委員会では「奮って参加してほしい」と、多くの市民の参加を呼び掛けている。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...