北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

吉田知那美さんが特別講演

 精神障がい者の活動拠点「浦河べてるの家」(浦河町築地3)の「第26回べてるまつりin浦河」が4日、浦河町総合文化会館で開かれ、平昌冬季五輪カーリング女子銅メダルの吉田知那美さん(LS北見)が「安心して絶望できる人生」と題して特別講演した。

 べてるの家創業35周年の今年のまつりは、4日が吉田さんの特別講演と「べてるの家35周年」のシンポジウム、午後から1年間の活動紹介、幻覚&妄想大会。5日はメンタルヘルス映画祭、当事者研究ざんまい。6日はべてる見学のプログラム。

 特別講演で吉田さんは、同郷(網走管内常呂町=現北見市)の友人でソーシャルワーカーの内田梓さんを介してべてるの家に関係する本「安心して絶望できる人生」に出会ったことが競技人生を歩む上で大きく影響したことを最初に紹介。

 講演はその内田さんを聞き手に進められた。妹の夕梨花さんも別のチームのカーリング選手でライバルであったことから、勝つことに執着した知那美さんの対抗意識で父母や姉との確執が生まれ、一時は「家族解散」の危機に陥ったという。

 そんな時に出会った「安心して絶望できる人生」の言葉を知って全てを受け入れることができ、いろいろな絶望を経験しても生きていけることを見つけたことから、五輪では笑顔で、競技中はチームメイトの意見に一度は〝そだねー〟と受け入れ、その中から最良の策を見つけて銅メダルにつながったという。

 これらの話をもとに内田さんと仲間が即興劇で吉田一家の当時の様子を再現。また、来場者からの「安心と絶望が結びつかない」との質問に、吉田さんは「絶望しても生きていけるんだと思うと安心のエネルギーが沸いてくる」と答えていた。

べてるから知った言葉について話す吉田さん(左)

関連記事

函館新聞

住民の思い受け止めて 大間訴訟の会・竹田代表 11日に控訴審第1回弁論【..

 函館市の市民団体、大間原発訴訟の会(竹田とし子代表)が、電源開発(東京)が建設中の大間原発の建設・運転差し止めを求める訴訟の控訴審は11日、札幌高裁で初回の口頭弁論を迎える。法廷で意見陳述する...

函館新聞

函館で今冬初の真冬日 積雪15センチ越えで除雪車も【函館】

 冬型の気圧配置が強まった影響で、8日の道南は各地で気温が下がり断続的な雪となった。函館では最高気温が氷点下となり、今季初の真冬日となった。函館の真冬日の初日は昨年より8日遅かった。日中の最低気...

日高報知新聞

日ハム松本剛選手が指導【新ひだか】

【新ひだか】北海道日本ハムファイターズ新ひだか後援会(折手裕一会長)主催の野球教室が4日、静内体育館で開かれ、町内3野球少年団の小学生がファイターズの松本剛選手(25)と元一軍投手コーチの芝草宇宙さ...

日高報知新聞

「にいかっぷキッチン」オープン【新冠】

【新冠】道の駅「サラブレッドロード新冠」に隣接する農協ストア跡地に7日、町内の青果・コンブ、生肉、鮮魚、パン・スイーツの4店舗による商業施設「にいかっぷキッチン」がオープンした。あいにくの大雪の中...

苫小牧民報

「朝ラー」静かな人気 セットメニューも提供-味の大王総本店

 苫小牧市植苗の「味の大王総本店」が始めた、午前7時からラーメンを提供する「朝ラー」が静かな人気となっている。深夜、早朝時間帯に働く人を中心に注文が増えており、高橋浩一社長は「朝にラーメンを食べ...