北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

吉田知那美さんが特別講演

 精神障がい者の活動拠点「浦河べてるの家」(浦河町築地3)の「第26回べてるまつりin浦河」が4日、浦河町総合文化会館で開かれ、平昌冬季五輪カーリング女子銅メダルの吉田知那美さん(LS北見)が「安心して絶望できる人生」と題して特別講演した。

 べてるの家創業35周年の今年のまつりは、4日が吉田さんの特別講演と「べてるの家35周年」のシンポジウム、午後から1年間の活動紹介、幻覚&妄想大会。5日はメンタルヘルス映画祭、当事者研究ざんまい。6日はべてる見学のプログラム。

 特別講演で吉田さんは、同郷(網走管内常呂町=現北見市)の友人でソーシャルワーカーの内田梓さんを介してべてるの家に関係する本「安心して絶望できる人生」に出会ったことが競技人生を歩む上で大きく影響したことを最初に紹介。

 講演はその内田さんを聞き手に進められた。妹の夕梨花さんも別のチームのカーリング選手でライバルであったことから、勝つことに執着した知那美さんの対抗意識で父母や姉との確執が生まれ、一時は「家族解散」の危機に陥ったという。

 そんな時に出会った「安心して絶望できる人生」の言葉を知って全てを受け入れることができ、いろいろな絶望を経験しても生きていけることを見つけたことから、五輪では笑顔で、競技中はチームメイトの意見に一度は〝そだねー〟と受け入れ、その中から最良の策を見つけて銅メダルにつながったという。

 これらの話をもとに内田さんと仲間が即興劇で吉田一家の当時の様子を再現。また、来場者からの「安心と絶望が結びつかない」との質問に、吉田さんは「絶望しても生きていけるんだと思うと安心のエネルギーが沸いてくる」と答えていた。

べてるから知った言葉について話す吉田さん(左)

関連記事

函館新聞

湯の川で「夏詣」 にぎやかに厳かに【函館】

 函館湯の川温泉地区の夜を盛り上げる「夏詣NIGHT」(実行委主催)が20日、湯倉神社(湯川町2)と湯川寺(湯川町3)で開かれ、大勢の市民や観光客が地元の食やワークショップを楽しんだ。21日も午...

函館新聞

泳いで夏の笑顔 七重浜海水浴場海開き【北斗】

 【北斗】七重浜海水浴場(北斗市七重浜1)が20日、道南のトップを切って海開きした。開場に合わせて安全祈願祭を行い、管理運営に当たるさざなみ会の役員や市、警察、海上保安部の関係者ら約40人が開設...

苫小牧民報

ネパール人医師のマハルジャンさん、苫小牧で技術研修中 がん治療専門医目指す

 苫小牧ネパール協会(尾崎徹会長)の支援で来日したネパール人医師のスニル・マハルジャンさん(28)が今月から、苫小牧日翔病院(苫小牧市矢代町)で医療技術の研修に励んでいる。今後、他の病院にも出向...

日高報知新聞

市民交流の様子を紹介【新ひだか】

【新ひだか】7月1日から9日まで国際姉妹都市提携30周年の米国・ケンタッキー州レキシントン市を親善訪問し、市民らと交流を深めた訪問団が16日、町役場静内庁舎を訪れ、大野克之町長と本庄康浩副町長に帰...

日高報知新聞

若年層の投票参加を【浦河】

 21日投票の第25回参院選挙を前に、道選管日高支所と浦河高3年生4人が18日、町内の日高信金本支店と浦河赤十字看護専門学校を訪れ、生徒が作成したオリジナルの啓発リーフレットを配布し、投票率の低い若...