北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

八幡宮が創立150年、14~16日に例大祭【室蘭】

勇壮に旧アーケード街を練り歩いた昨年のむろらん裸みこし

創立150周年を迎えた室蘭八幡宮

 室蘭市海岸町の室蘭八幡宮(奈良守房宮司)は創立150年を迎えた。今年も14~16日に同神社例大祭が開かれる。神楽奉納や御鳳輦渡御(ごほうれんとぎょ)をはじめ、協賛行事の第44回むろらん裸みこしなどが行われ、節目を祝う。

 同神社は旧暦の1868年(明治元年)8月15日、室蘭郡支配総鎮守神社として函館八幡宮から分霊を奉斎し、現在の崎守神社(崎守町)の場所に創立。75年に現在地に遷座し、「郷社八幡神社」と称した。資金は74年に噴火湾を漂っていたクジラを漁民が捕獲し、開拓使がそれを買い上げたお金などを使った。費用は当時の通貨価値で約300円。このことから「鯨八幡」と愛称された。

 1931年(昭和6年)12月に不審火で全焼し、38年に昭和の御大典記念事業で社殿大造営をしゅん工した。52年に現社名に変更。68年に御鎮座100年記念事業で南参道、92年に平成の御大典記念事業で表参道、車参道をそれぞれ改修した。

 御鳳輦渡御の海上渡御は20年ごろに始まった。当時は御崎神社で一晩滞在し、輪西まで担いでいたといい、海上渡御開始後は、船で室蘭港内を1周したという。

 今年は14日午後6時、15日午後1時から同神社境内の神楽殿で室蘭神楽の奉納がある。御鳳輦渡御は16日午前8時半から同神社を出発。旧アーケード街やすずらん通りなど練り歩き、御崎日通ふ頭から海上渡御に入る。祝津ふ頭上陸後、絵鞆、増市、港南、小橋内、緑、海岸などの各町を回る。

 協賛行事のむろらん裸みこしは14日午後6時から旧アーケードで開催。納涼盆おどりは15日午後5時に小公園で開始。両日を通して正午から裏浜通りに露店が設けられる。

 奈良宮司は「継続は力なりで、毎年お祭りを行い、150回を迎える。先人たちの努力で神社が残っているので、今後も守っていきたい」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

初の演芸フェスタ 16団体300人出演【帯広】

 十勝管内外で活動するアーティストや文化団体が一堂に会し、それぞれのパフォーマンスを披露する「とかち演芸フェスタ2018」(実行委主催)が19日午前10時~午後7時、帯広市内の駅北多目的広場(夢の...

室蘭民報

子ども相撲白熱、虻田神社例大祭が開幕【洞爺湖町】

 胆振西部に晩夏の訪れを告げる虻田神社(洞爺湖町青葉町、野々村國男宮司)の例大祭が16日に始まった。初日の宵宮祭は、雨降りにもかかわらず、参拝客や子どもたちなど大勢の人でにぎわった。  宵宮...

室蘭民報

がんと共生…室蘭から発信、25~26日にRFL【室蘭】

 がんに負けない社会づくりを目指した、がん患者支援チャリティー活動「リレー・フォー・ライフ・ジャパン(RFL)2018室蘭」(同実行委員会など主催、室蘭民報社など後援)は25~26日、室蘭市祝...

根室新聞

26日「歯舞こんぶ祭り」料理・アトラクション多彩【根室】

 歯舞地区マリンビジョン協議会(会長・小倉啓一歯舞漁協組合長)が主催する「第12回歯舞こんぶ祭り」が26日午前10時から歯舞漁協中央市場内・屋根付き岸壁を会場に開催される。今年も例年人気の「昆布うど...

室蘭民報

終戦の日に合わせ室蘭市内の戦跡を写真で紹介【室蘭】

 終戦記念日に合わせた「写真で見る室蘭の戦跡」が14日、室蘭市中島本町のモルエ中島イベントスペースで始まった。17日正午まで展示する。  市平和都市宣言啓発事業。市内に現存、またはかつてあっ...