北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

赤レンガの100年を冊子に 宮本商産【帯広】

赤レンガの前で、小冊子をPRする(右から)山口常務と山崎副社長

 宮本商産(帯広市西2南5、平征浩社長)は、国の登録有形文化財で本社横に今も残る旧本社(通称・赤レンガ)の築100年を記念し、小冊子「赤レンガへ至る道~十勝列伝・宮本富次郎」を発行した。作製は初の試みで、イラストをふんだんに使った絵巻風の作りとなっている。

 赤レンガは1918年、米穀や酒類などの卸売で財をなした宮本商産の創業者、宮本富次郎氏の命で2年がかりで建設されたという。木骨レンガ造りで装飾や屋根などのデザイン性も評価され、昨年6月に文化庁の登録有形文化財となった。

 小冊子は1903年創業、115年の歴史を持つ宮本商産が100周年に合わせて制作した「宮本百年史」をベースにまとめた。和歌山から来道し、帯広で製粉・製麺業を柱に食品小売店、雑穀仲買を経て卸売で成功した富次郎氏の様子を、高橋克典氏(幕別)の水彩タッチの挿絵を盛り込み、まとめた。

 横90センチ×縦15センチの両面を使用し蛇腹折りにした。企画制作を担当した内山企画会社(帯広)の山崎美華副社長は「優しいタッチの挿絵で年齢を問わず読みやすくした」とし、宮本商産の山口良治常務は「北海道150年の節目でもあり、赤レンガ建設の背景を知り、施設を身近に感じてほしい」と話す。2000部作製。1部300円。ザ・本屋さんのほか、宮本商産のガソリンスタンド、本社などで販売。問い合わせは宮本商産(0155・23・2991)へ。

関連記事

根室新聞

日ロ共同経済活動 調査団が出発「実のある協議に期待」【根室】

 北方四島での日ロ共同経済活動の具体化に向けた政府の現地調査団(ビジネス・ミッション)は17日朝、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で根室港を出港して、最初の調査地である国後島へ向かった。...

日高報知新聞

戦争体験を次代へ伝える【浦河】

 浦河町地域包括支援センターは73年目の終戦記念日の15日、大通3の浦河ショッピングセンターMiO内のまちなか元気ステーションで「昔を語る会」カフェを開いた。  約20人が参加。サンドイッチや冷やしそ...

日高報知新聞

暑さに負けないように【新ひだか】

【新ひだか】北海道中学校体育大会(中体連)ソフトテニス大会の女子個人戦で優勝し、21日から広島県尾道市で開かれる全国大会に出場する静内第三中の下山佳那琉選手(3年)と吉本裕香選手(2年)が16日、役場...

苫小牧民報

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

十勝毎日新聞

土俵出現 18日に十勝帯広場所【帯広】

 18日に帯広市総合体育館で開かれる大相撲巡業の十勝帯広場所(実行委主催)に向け、会場での準備が進んでいる。17日午前には、体育館中央に土俵が登場した。  土俵の大きさは国技館と同じ6.7メ...