北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

赤レンガの100年を冊子に 宮本商産【帯広】

赤レンガの前で、小冊子をPRする(右から)山口常務と山崎副社長

 宮本商産(帯広市西2南5、平征浩社長)は、国の登録有形文化財で本社横に今も残る旧本社(通称・赤レンガ)の築100年を記念し、小冊子「赤レンガへ至る道~十勝列伝・宮本富次郎」を発行した。作製は初の試みで、イラストをふんだんに使った絵巻風の作りとなっている。

 赤レンガは1918年、米穀や酒類などの卸売で財をなした宮本商産の創業者、宮本富次郎氏の命で2年がかりで建設されたという。木骨レンガ造りで装飾や屋根などのデザイン性も評価され、昨年6月に文化庁の登録有形文化財となった。

 小冊子は1903年創業、115年の歴史を持つ宮本商産が100周年に合わせて制作した「宮本百年史」をベースにまとめた。和歌山から来道し、帯広で製粉・製麺業を柱に食品小売店、雑穀仲買を経て卸売で成功した富次郎氏の様子を、高橋克典氏(幕別)の水彩タッチの挿絵を盛り込み、まとめた。

 横90センチ×縦15センチの両面を使用し蛇腹折りにした。企画制作を担当した内山企画会社(帯広)の山崎美華副社長は「優しいタッチの挿絵で年齢を問わず読みやすくした」とし、宮本商産の山口良治常務は「北海道150年の節目でもあり、赤レンガ建設の背景を知り、施設を身近に感じてほしい」と話す。2000部作製。1部300円。ザ・本屋さんのほか、宮本商産のガソリンスタンド、本社などで販売。問い合わせは宮本商産(0155・23・2991)へ。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩【浦河】

 浦河赤十字看護専門学校(武岡哲良学校長)=浦河町東町ちのみ1=の第29回戴帽式が19日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女27人が看護の道への第一歩を踏み出...

日高報知新聞

イオン静内店営業再開【新ひだか】

【新ひだか】9月6日の胆振東部地震で店舗の損壊被害に遭い、臨時休業していた静内末広町2のイオン静内店(横山秀雄店長)が20日、45日ぶりに営業を再開した。再開を心待ちにしていた来店客で終日にぎわった。 ...

苫小牧民報

実と花が同時に 駅北広場の梨の木に珍現象-白老

 白老町のJR白老駅北側にある駅北広場内の梨の木が、実を付けると同時に小さな白い花を咲かせている。不思議な現象に地域住民も驚きの表情で眺めており、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構果...

室蘭民報

輪西八条アトリエのものづくりイベント好評【室蘭】

 ボルト人形ボルタを生み出したNPO法人テツプロ(塩澤尚志理事長)は21日、室蘭市輪西町の輪西八条アトリエでものづくりをテーマにしたイベントを開いた。訪れた親子連れが椅子や銅板バッジなどの手作り...

室蘭民報

ホッキ2千袋が完売、漁港イベントにぎわう【苫小牧】

 漁獲量日本一の特産品・ホッキ貝をPRするイベント「第8回苫小牧漁港ホッキまつり」が21日、苫小牧港西港漁港区で開かれた。青空が広がる絶好のイベント日和に、市内外から多くの家族連れや買い物客が詰...