北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

赤レンガの100年を冊子に 宮本商産【帯広】

赤レンガの前で、小冊子をPRする(右から)山口常務と山崎副社長

 宮本商産(帯広市西2南5、平征浩社長)は、国の登録有形文化財で本社横に今も残る旧本社(通称・赤レンガ)の築100年を記念し、小冊子「赤レンガへ至る道~十勝列伝・宮本富次郎」を発行した。作製は初の試みで、イラストをふんだんに使った絵巻風の作りとなっている。

 赤レンガは1918年、米穀や酒類などの卸売で財をなした宮本商産の創業者、宮本富次郎氏の命で2年がかりで建設されたという。木骨レンガ造りで装飾や屋根などのデザイン性も評価され、昨年6月に文化庁の登録有形文化財となった。

 小冊子は1903年創業、115年の歴史を持つ宮本商産が100周年に合わせて制作した「宮本百年史」をベースにまとめた。和歌山から来道し、帯広で製粉・製麺業を柱に食品小売店、雑穀仲買を経て卸売で成功した富次郎氏の様子を、高橋克典氏(幕別)の水彩タッチの挿絵を盛り込み、まとめた。

 横90センチ×縦15センチの両面を使用し蛇腹折りにした。企画制作を担当した内山企画会社(帯広)の山崎美華副社長は「優しいタッチの挿絵で年齢を問わず読みやすくした」とし、宮本商産の山口良治常務は「北海道150年の節目でもあり、赤レンガ建設の背景を知り、施設を身近に感じてほしい」と話す。2000部作製。1部300円。ザ・本屋さんのほか、宮本商産のガソリンスタンド、本社などで販売。問い合わせは宮本商産(0155・23・2991)へ。

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...