北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

赤レンガの100年を冊子に 宮本商産【帯広】

赤レンガの前で、小冊子をPRする(右から)山口常務と山崎副社長

 宮本商産(帯広市西2南5、平征浩社長)は、国の登録有形文化財で本社横に今も残る旧本社(通称・赤レンガ)の築100年を記念し、小冊子「赤レンガへ至る道~十勝列伝・宮本富次郎」を発行した。作製は初の試みで、イラストをふんだんに使った絵巻風の作りとなっている。

 赤レンガは1918年、米穀や酒類などの卸売で財をなした宮本商産の創業者、宮本富次郎氏の命で2年がかりで建設されたという。木骨レンガ造りで装飾や屋根などのデザイン性も評価され、昨年6月に文化庁の登録有形文化財となった。

 小冊子は1903年創業、115年の歴史を持つ宮本商産が100周年に合わせて制作した「宮本百年史」をベースにまとめた。和歌山から来道し、帯広で製粉・製麺業を柱に食品小売店、雑穀仲買を経て卸売で成功した富次郎氏の様子を、高橋克典氏(幕別)の水彩タッチの挿絵を盛り込み、まとめた。

 横90センチ×縦15センチの両面を使用し蛇腹折りにした。企画制作を担当した内山企画会社(帯広)の山崎美華副社長は「優しいタッチの挿絵で年齢を問わず読みやすくした」とし、宮本商産の山口良治常務は「北海道150年の節目でもあり、赤レンガ建設の背景を知り、施設を身近に感じてほしい」と話す。2000部作製。1部300円。ザ・本屋さんのほか、宮本商産のガソリンスタンド、本社などで販売。問い合わせは宮本商産(0155・23・2991)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

冬遊び 親子歓声 エコパで冬まつり【音更】

 道立十勝エコロジーパーク(町十勝川温泉南18)で20日、「エコパ冬まつり」(ウインターフェスinエコパ実行委員会主催)が開かれた。町内外から大勢の家族連れらが訪れ、冬ならではのアトラクション...

十勝毎日新聞

モール温泉号 利用3倍 地震の影響ばん回【音更】

 音更町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)が運行する無料送迎バス「モール温泉号」の今年度の利用者総数が、昨年度実績(340人、683泊)の3倍以上となる1030人、2055泊に上った。町と同協会が実...

十勝毎日新聞

沖縄から「春の便り」 空港に「琉球寒緋桜」【帯広】

 とかち帯広空港に一足早い春が訪れた-。日本航空(JAL)1階チェックインカウンター前に、日本で最も開花が早い沖縄県本部町(もとぶちょう)の桜の花が飾られ、利用客の目を引いている。  JAL...

函館新聞

函館空港に沖縄からのサクラがお目見え 2、3日中が見頃【函館】

 沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」が、今年も函館空港内の日本航空(JAL)搭乗手続きカウンターにお目見えした。雪に染まる函館に春を匂わせる便りが...

函館新聞

オスカ商会の梶原弘美さん ギフトラッピング講師の資格取得【函館】

 ギフト専門店「オスカ商会」(函館市万代町)の専務取締役、梶原弘美さん(47)が、全日本ギフト用品協会(本部・東京)が認定する「ギフト・ラッピング認定講師」の資格を取得した。ギフト・ラッピ...