北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

重文遺跡11日から特別展 百年記念館【帯広】

当時の発掘現場の再現ジオラマも設置され、展示作業が進む会場

 帯広市が所有し、近く国の重要文化財(重文)に指定される「八千代A遺跡」の特別企画展「八千代A遺跡とその時代~縄文らしさの始まり~」が11日から、帯広百年記念館2階特別展示室で開かれる。出土した土器や石器、ドングリといった堅果類など約200点を展示する。9月17日まで。

 八千代A遺跡の出土品一括580点は3月、重文に指定するよう国の文化審議会が答申。縄文時代早期の生活の様子を解明する上で学術的価値が高いとされる。

 展示会場には遺跡をイメージできるよう、発掘作業中の住居跡を模したオブジェも設置。発掘当時の写真パネルや説明資料なども飾られる。期間中は初日の講演会など、関連イベントも予定されている。

 10日には開幕に向けた大詰めの準備が進められ、同館の山原敏朗館長は「重文に指定される貴重な出土品を見てほしい」と呼び掛けている。企画展は午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)。入場無料。

関連記事

十勝毎日新聞

冬遊び 親子歓声 エコパで冬まつり【音更】

 道立十勝エコロジーパーク(町十勝川温泉南18)で20日、「エコパ冬まつり」(ウインターフェスinエコパ実行委員会主催)が開かれた。町内外から大勢の家族連れらが訪れ、冬ならではのアトラクション...

十勝毎日新聞

モール温泉号 利用3倍 地震の影響ばん回【音更】

 音更町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)が運行する無料送迎バス「モール温泉号」の今年度の利用者総数が、昨年度実績(340人、683泊)の3倍以上となる1030人、2055泊に上った。町と同協会が実...

十勝毎日新聞

沖縄から「春の便り」 空港に「琉球寒緋桜」【帯広】

 とかち帯広空港に一足早い春が訪れた-。日本航空(JAL)1階チェックインカウンター前に、日本で最も開花が早い沖縄県本部町(もとぶちょう)の桜の花が飾られ、利用客の目を引いている。  JAL...

函館新聞

函館空港に沖縄からのサクラがお目見え 2、3日中が見頃【函館】

 沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」が、今年も函館空港内の日本航空(JAL)搭乗手続きカウンターにお目見えした。雪に染まる函館に春を匂わせる便りが...

函館新聞

オスカ商会の梶原弘美さん ギフトラッピング講師の資格取得【函館】

 ギフト専門店「オスカ商会」(函館市万代町)の専務取締役、梶原弘美さん(47)が、全日本ギフト用品協会(本部・東京)が認定する「ギフト・ラッピング認定講師」の資格を取得した。ギフト・ラッピ...