北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

特別住民票を無料交付 シンボル「雪だるま」印刷-安平

8月限定で無料交付する雪だるま特別住民票

 安平町はまちのシンボルとして知られる「雪だるま」の特別住民票を8日から交付している。町内外の希望者が対象で、初日は42枚を交付した。取り組みは今年で13年目。毎年、図柄やメッセージを更新している。31日まで。

 印刷されている雪だるまは、町内の早来雪だるま郵便局の屋根に設置されている雪だるま像で、2005年に安平町民として特別住民に登録された。同局は発泡スチロールに詰めた雪だるまを全国に発送している。

 特別住民票は観光資源の一つとして、町を全国の人に知ってもらおうと展開。郵送でも交付している。例年100枚程度を発行し、毎年もらいに来る人や遠くは沖縄県宜野湾市の希望者に送ったこともあるという。昨年までに1395枚を配布した。

 雪だるまの形が「8」に似ていることから、毎年8月8日に交付を開始している。今年の図柄は菜の花畑を歩く雪だるまで、メッセージは「5月下旬から6月中旬まで黄色いじゅうたんのように染まる」と菜の花畑をPRした。

 担当者は「特別住民票を通じて、安平町を周知していきたい」と話している。

 交付は無料。郵送を希望する場合は返信用封筒などが必要になる。

 問い合わせは、安平町産業経済課。電話0145(22)2515。

関連記事

函館新聞

住民の思い受け止めて 大間訴訟の会・竹田代表 11日に控訴審第1回弁論【..

 函館市の市民団体、大間原発訴訟の会(竹田とし子代表)が、電源開発(東京)が建設中の大間原発の建設・運転差し止めを求める訴訟の控訴審は11日、札幌高裁で初回の口頭弁論を迎える。法廷で意見陳述する...

函館新聞

函館で今冬初の真冬日 積雪15センチ越えで除雪車も【函館】

 冬型の気圧配置が強まった影響で、8日の道南は各地で気温が下がり断続的な雪となった。函館では最高気温が氷点下となり、今季初の真冬日となった。函館の真冬日の初日は昨年より8日遅かった。日中の最低気...

日高報知新聞

日ハム松本剛選手が指導【新ひだか】

【新ひだか】北海道日本ハムファイターズ新ひだか後援会(折手裕一会長)主催の野球教室が4日、静内体育館で開かれ、町内3野球少年団の小学生がファイターズの松本剛選手(25)と元一軍投手コーチの芝草宇宙さ...

日高報知新聞

「にいかっぷキッチン」オープン【新冠】

【新冠】道の駅「サラブレッドロード新冠」に隣接する農協ストア跡地に7日、町内の青果・コンブ、生肉、鮮魚、パン・スイーツの4店舗による商業施設「にいかっぷキッチン」がオープンした。あいにくの大雪の中...

苫小牧民報

「朝ラー」静かな人気 セットメニューも提供-味の大王総本店

 苫小牧市植苗の「味の大王総本店」が始めた、午前7時からラーメンを提供する「朝ラー」が静かな人気となっている。深夜、早朝時間帯に働く人を中心に注文が増えており、高橋浩一社長は「朝にラーメンを食べ...