北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

重文指定の出土品公開 「八千代A遺跡」展始まる【帯広】

重文に指定される八千代A遺跡の出土品(暁式土器)に見入る来場者

 帯広市が所有し、近く国の重要文化財(重文)に指定される「八千代A遺跡の出土品」の特別企画展「八千代A遺跡とその時代~縄文らしさの始まり~」が11日、帯広百年記念館2階特別展示室で始まった。「暁式土器」など今回指定の答申を受けた出土品を含めて約200点が並び、来場者の関心を集めている。9月17日まで。

 重文の指定を受けるのは八千代A遺跡(帯広市八千代町)の出土品一括580点。同遺跡は縄文時代早期前半(約8500~9000年前)の頃の遺跡とされ、1985~88年に発掘調査が行われた。

 企画展では、底面のホタテ貝の跡が特徴の「暁式土器」、石器など重文に指定される出土品のほか、ドングリといった堅果類などを展示している。八千代A遺跡と同年代の約9000年前の頃に使用されていたとされる、渡島管内七飯町や苫小牧市などから出土した土器も並ぶ。

 遺跡や化石などに興味があるという男子児童(9)=音更木野東小学校4年=は、初日午前中に来場。「大昔に使われていた物がたくさん残っていてすごい」と、復元土器や石器をじっくり眺めていた。

 関連行事として、18日午後1時~同3時には黒曜石の矢を実際に射ることができる体験教室。25、26日と最終日の9月17日には、学芸員による展示品の解説も行われる。同展は午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)。入場無料。問い合わせは帯広百年記念館(0155・24・5352)へ。

関連記事

根室新聞

日ロ共同経済活動 調査団が出発「実のある協議に期待」【根室】

 北方四島での日ロ共同経済活動の具体化に向けた政府の現地調査団(ビジネス・ミッション)は17日朝、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で根室港を出港して、最初の調査地である国後島へ向かった。...

日高報知新聞

戦争体験を次代へ伝える【浦河】

 浦河町地域包括支援センターは73年目の終戦記念日の15日、大通3の浦河ショッピングセンターMiO内のまちなか元気ステーションで「昔を語る会」カフェを開いた。  約20人が参加。サンドイッチや冷やしそ...

日高報知新聞

暑さに負けないように【新ひだか】

【新ひだか】北海道中学校体育大会(中体連)ソフトテニス大会の女子個人戦で優勝し、21日から広島県尾道市で開かれる全国大会に出場する静内第三中の下山佳那琉選手(3年)と吉本裕香選手(2年)が16日、役場...

苫小牧民報

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

十勝毎日新聞

土俵出現 18日に十勝帯広場所【帯広】

 18日に帯広市総合体育館で開かれる大相撲巡業の十勝帯広場所(実行委主催)に向け、会場での準備が進んでいる。17日午前には、体育館中央に土俵が登場した。  土俵の大きさは国技館と同じ6.7メ...