北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

重文指定の出土品公開 「八千代A遺跡」展始まる【帯広】

重文に指定される八千代A遺跡の出土品(暁式土器)に見入る来場者

 帯広市が所有し、近く国の重要文化財(重文)に指定される「八千代A遺跡の出土品」の特別企画展「八千代A遺跡とその時代~縄文らしさの始まり~」が11日、帯広百年記念館2階特別展示室で始まった。「暁式土器」など今回指定の答申を受けた出土品を含めて約200点が並び、来場者の関心を集めている。9月17日まで。

 重文の指定を受けるのは八千代A遺跡(帯広市八千代町)の出土品一括580点。同遺跡は縄文時代早期前半(約8500~9000年前)の頃の遺跡とされ、1985~88年に発掘調査が行われた。

 企画展では、底面のホタテ貝の跡が特徴の「暁式土器」、石器など重文に指定される出土品のほか、ドングリといった堅果類などを展示している。八千代A遺跡と同年代の約9000年前の頃に使用されていたとされる、渡島管内七飯町や苫小牧市などから出土した土器も並ぶ。

 遺跡や化石などに興味があるという男子児童(9)=音更木野東小学校4年=は、初日午前中に来場。「大昔に使われていた物がたくさん残っていてすごい」と、復元土器や石器をじっくり眺めていた。

 関連行事として、18日午後1時~同3時には黒曜石の矢を実際に射ることができる体験教室。25、26日と最終日の9月17日には、学芸員による展示品の解説も行われる。同展は午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)。入場無料。問い合わせは帯広百年記念館(0155・24・5352)へ。

関連記事

函館新聞

住民の思い受け止めて 大間訴訟の会・竹田代表 11日に控訴審第1回弁論【..

 函館市の市民団体、大間原発訴訟の会(竹田とし子代表)が、電源開発(東京)が建設中の大間原発の建設・運転差し止めを求める訴訟の控訴審は11日、札幌高裁で初回の口頭弁論を迎える。法廷で意見陳述する...

函館新聞

函館で今冬初の真冬日 積雪15センチ越えで除雪車も【函館】

 冬型の気圧配置が強まった影響で、8日の道南は各地で気温が下がり断続的な雪となった。函館では最高気温が氷点下となり、今季初の真冬日となった。函館の真冬日の初日は昨年より8日遅かった。日中の最低気...

日高報知新聞

日ハム松本剛選手が指導【新ひだか】

【新ひだか】北海道日本ハムファイターズ新ひだか後援会(折手裕一会長)主催の野球教室が4日、静内体育館で開かれ、町内3野球少年団の小学生がファイターズの松本剛選手(25)と元一軍投手コーチの芝草宇宙さ...

日高報知新聞

「にいかっぷキッチン」オープン【新冠】

【新冠】道の駅「サラブレッドロード新冠」に隣接する農協ストア跡地に7日、町内の青果・コンブ、生肉、鮮魚、パン・スイーツの4店舗による商業施設「にいかっぷキッチン」がオープンした。あいにくの大雪の中...

苫小牧民報

「朝ラー」静かな人気 セットメニューも提供-味の大王総本店

 苫小牧市植苗の「味の大王総本店」が始めた、午前7時からラーメンを提供する「朝ラー」が静かな人気となっている。深夜、早朝時間帯に働く人を中心に注文が増えており、高橋浩一社長は「朝にラーメンを食べ...