北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

豆菓子 容器は熱気球【上士幌】

 上士幌のシンボル熱気球を容器やラベルにデザインした素焼き豆「十勝産素焼黒大豆 BEANS」が完成した。デザインを考案したのは移住者の中村哲郎さん(60)。12日まで町航空公園で開催中の「北海道バルーンフェスティバル」でさっそく販売されている。

熱気球をデザインした商品をPRする中村さん

 中村さんは群馬県出身。学生時代、熱気球に打ち込んだことが縁で定年退職後の昨年9月、町に移住した。町内で熱気球に関する商品が少ないことに気付き、「大好きなバルーンを地域振興に生かせれば」との思いで容器をデザインした。中身は本別町で食べて以来「ファンになった」という豆菓子を入れることにした。

 容器は試行錯誤を重ねながら原型を完成させた後、札幌のプラスチック製品メーカーで製造。球皮をデザインしたラベルは赤と青色の2種類を用意した。今後、全国各地の熱気球イベントでも売り込めるよう「2018 上士幌」のシールは別に貼っている。

 素焼き豆は本別町の食品メーカーが製造している商品を使用。豊かな風味とサクサクとした軽い食感が楽しめるのが特徴だ。

 かみしほろ情報館では、すでに販売をスタート。今後、町内の商店などにも売り込んでいく計画だ。中村さんは「炊飯器に入れて豆ご飯にしてもおいしい。他の特産品にも挑戦し、熱気球をPRしていきたい」と意気込んでいる。

 1個600円。バルーンフェスタでは計280個を用意し、期間中のみ2個1000円。問い合わせは、かみしほろ情報館(01564・2・3993)へ。

関連記事

室蘭民報

対抗馬擁立が焦点、市長選で青山氏出直し選挙で【室蘭】

 任期満了に伴う来春の室蘭市長選で、現職の青山剛氏(40)が3選を目指し出馬する見通しとなったことで、対抗馬擁立の動向が最大の焦点となっている。現市政への一定の評価が集まる一方、青山氏以外の出馬の...

函館新聞

住民の思い受け止めて 大間訴訟の会・竹田代表 11日に控訴審第1回弁論【..

 函館市の市民団体、大間原発訴訟の会(竹田とし子代表)が、電源開発(東京)が建設中の大間原発の建設・運転差し止めを求める訴訟の控訴審は11日、札幌高裁で初回の口頭弁論を迎える。法廷で意見陳述する...

函館新聞

函館で今冬初の真冬日 積雪15センチ越えで除雪車も【函館】

 冬型の気圧配置が強まった影響で、8日の道南は各地で気温が下がり断続的な雪となった。函館では最高気温が氷点下となり、今季初の真冬日となった。函館の真冬日の初日は昨年より8日遅かった。日中の最低気...

日高報知新聞

日ハム松本剛選手が指導【新ひだか】

【新ひだか】北海道日本ハムファイターズ新ひだか後援会(折手裕一会長)主催の野球教室が4日、静内体育館で開かれ、町内3野球少年団の小学生がファイターズの松本剛選手(25)と元一軍投手コーチの芝草宇宙さ...

日高報知新聞

「にいかっぷキッチン」オープン【新冠】

【新冠】道の駅「サラブレッドロード新冠」に隣接する農協ストア跡地に7日、町内の青果・コンブ、生肉、鮮魚、パン・スイーツの4店舗による商業施設「にいかっぷキッチン」がオープンした。あいにくの大雪の中...