北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

豆菓子 容器は熱気球【上士幌】

 上士幌のシンボル熱気球を容器やラベルにデザインした素焼き豆「十勝産素焼黒大豆 BEANS」が完成した。デザインを考案したのは移住者の中村哲郎さん(60)。12日まで町航空公園で開催中の「北海道バルーンフェスティバル」でさっそく販売されている。

熱気球をデザインした商品をPRする中村さん

 中村さんは群馬県出身。学生時代、熱気球に打ち込んだことが縁で定年退職後の昨年9月、町に移住した。町内で熱気球に関する商品が少ないことに気付き、「大好きなバルーンを地域振興に生かせれば」との思いで容器をデザインした。中身は本別町で食べて以来「ファンになった」という豆菓子を入れることにした。

 容器は試行錯誤を重ねながら原型を完成させた後、札幌のプラスチック製品メーカーで製造。球皮をデザインしたラベルは赤と青色の2種類を用意した。今後、全国各地の熱気球イベントでも売り込めるよう「2018 上士幌」のシールは別に貼っている。

 素焼き豆は本別町の食品メーカーが製造している商品を使用。豊かな風味とサクサクとした軽い食感が楽しめるのが特徴だ。

 かみしほろ情報館では、すでに販売をスタート。今後、町内の商店などにも売り込んでいく計画だ。中村さんは「炊飯器に入れて豆ご飯にしてもおいしい。他の特産品にも挑戦し、熱気球をPRしていきたい」と意気込んでいる。

 1個600円。バルーンフェスタでは計280個を用意し、期間中のみ2個1000円。問い合わせは、かみしほろ情報館(01564・2・3993)へ。

関連記事

根室新聞

日ロ共同経済活動 調査団が出発「実のある協議に期待」【根室】

 北方四島での日ロ共同経済活動の具体化に向けた政府の現地調査団(ビジネス・ミッション)は17日朝、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で根室港を出港して、最初の調査地である国後島へ向かった。...

日高報知新聞

戦争体験を次代へ伝える【浦河】

 浦河町地域包括支援センターは73年目の終戦記念日の15日、大通3の浦河ショッピングセンターMiO内のまちなか元気ステーションで「昔を語る会」カフェを開いた。  約20人が参加。サンドイッチや冷やしそ...

日高報知新聞

暑さに負けないように【新ひだか】

【新ひだか】北海道中学校体育大会(中体連)ソフトテニス大会の女子個人戦で優勝し、21日から広島県尾道市で開かれる全国大会に出場する静内第三中の下山佳那琉選手(3年)と吉本裕香選手(2年)が16日、役場...

苫小牧民報

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

十勝毎日新聞

土俵出現 18日に十勝帯広場所【帯広】

 18日に帯広市総合体育館で開かれる大相撲巡業の十勝帯広場所(実行委主催)に向け、会場での準備が進んでいる。17日午前には、体育館中央に土俵が登場した。  土俵の大きさは国技館と同じ6.7メ...