北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

GCF目標額上回り「花咲線守ろう」支持広がる【根室】

寄付額が6,000万円を超えた根室市のGCF「日本最東端の鉄路『根室本線花咲線』を守ろう!~美しい大自然が織り成す絶景、海と大地のグルメ路線~」

 開始から約1カ月半で目標額を達成していた根室市が行っているガバメントクラウドファンディング(GCF)「日本最東端の鉄路『根室本線花咲線』を守ろう!~美しい大自然が織り成す絶景、海と大地のグルメ路線~」は、15日に6,000万円を突破し、達成率も181.5パーセントと支持を広げている。総合政策部では「超過分は来年度以降のウェブサイトの維持、更新、事業の拡充などに充てたい」と話している。

 根室市のGCFは、JR北海道が「単独では維持することが困難な線区」とした「JR花咲線」の利用促進を目的に、市が行う「花咲線利用促進PR業務委託事業」の経費を募るもの。目標額を3,331万1,000円に設定し、6月1日からスタートしていたが、開始からわずか46日目の7月16日、目標額を上回る3,764万1,175円を達成していた。

 GCFはその後も継続され、支持の輪は確実に広がり、15日午前9時現在で支援者は4,269人、寄付額は6,045万6,175円に上っている。開始から76日目で、締め切りまで107日を残しており、順調に進めば目標額の2倍は固く、昨年12月に行った根室市初のGCF「傷ついた奇跡の島と春国岱の自然を守り、後世に遺し伝える」がわずか2週間で目標額を達成した1億円の大台に達する可能性もある。

 なお、寄付金を活用し、「絶景」と「食」の観光路線としての花咲線の価値を高め、花咲線の利用促進PRの取り組みを推進。花咲線沿線全体を対象に、「絶景」と「食」をテーマとしたPR動画を作成し、花咲線沿線の「絶景」、「食」の魅力化、沿線住民向け認知度向上などを図り、これら情報を発信するためのウェブサイトの作成と運用などを計画している。すでに国内著名カメラマンなどによる写真や動画の撮影が行われており、10月にもウェブサイトを開く予定だ。

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...