北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

自転車でゆかりの地巡る・「松浦武四郎RIDE」【名寄】

市内外から41人が参加し武四郎の足跡を巡った

 なよろ観光まちづくり協会(吉田肇会長)主催の初の自転車イベント「松浦武四郎RIDE」が19日に駅前交流プラザ「よろーな」を発着地点に開かれた。参加者は、北海道命名者の武四郎に縁のある地域を自転車で訪れ、歴史に触れていた。

 北海道命名150年と武四郎生誕200年記念事業の認定を受けた企画。北海道の名付け親である幕末の探検家・松浦武四郎が、名寄も含めて道北を代表する天塩川にもゆかりが深いことから、市内を中心に足跡を巡る内容で、「自転車で巡る松浦武四郎ゆかりの地~いにしえの蝦夷地を訪ね150年前にタイムスリップ~」をテーマに、同協会初の自転車イベントとして開催した。

 地元の名寄はじめ、旭川や深川、滝川などから41人が参加。走行距離は約55キロで、「よろーな」をスタートし、市内曙地区にある山形神社を通り、砺波地区を経由して智恵文峠を走行。ヘンケニウプ、スーポロ(激端の所)の碑、ナイフト(武四郎宿営推定地)など武四郎にゆかりのある地域を巡り、ガイド役を務めた同協会スタッフなどから武四郎と各地域のつながりや歴史を学んでいた。

 「よろーな」到着後、天塩川などについて武四郎が記した「天塩日誌」や、同協会スタッフ手作りの「松浦武四郎RIDE」オリジナル手提げバッグを参加者全員にプレゼントして喜ばれていた。

関連記事

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...

根室新聞

弁天島灯台守一家の空襲体験 米国で絵本に【根室】

 根室空襲を生き抜いた弁天島の灯台守一家の戦争体験が、米国で子ども向け絵本として出版される企画が進んでいる。出版のきっかけを作り、自ら絵を担当する同灯台守の孫で米国在住の木村広さん(57)が15、1...

根室新聞

厚床再生プロジェクト「防災キャンプ」企画 【根室】

 新たな地域づくりに向け、勉強会を開いている厚床地域農村再生プロジェクトチーム(リーダー、馬場晶一さん=AB―MOBIT代表)は、24、25の両日、地域住民による厚床防災キャンプを厚床会館で開く。防...

苫小牧民報

安平町の避難指示解除、最長2年に 長期化に町民から不安の声

 安平町は、胆振東部地震後に避難指示を出している地域の解除に、場所によって1年から2年かかる見通しを立てていることが分かった。住宅地の裏山崩壊の危険から避難指示を出した地域では、のり面補修工事な...