北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

女子は伊藤有希が優勝・サマージャンプ大会【名寄】

最長不倒を決めて優勝した伊藤有希選手のジャンプ

 全日本スキー連盟A級公認「サンピラー国体記念第15回サマージャンプ大会」が30日に名寄ピヤシリシャンツェ(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。女子組は下川町出身の伊藤有希選手(土屋ホーム)が1本目で最長不倒の98メートルを記録し優勝。一方の男子組では竹内択選手(北野建設スキー部)が優勝した。

 名寄地方スキー連盟(吉田肇会長)主催する恒例の大会。女子組に37人、男子組に79人の合計116人がエントリーした。

 女子組は、伊藤選手が1本目98メートルで最長不倒、2本目91・5メートルを飛んで優勝を決めた。2位は上川町出身の髙梨沙羅選手(クラレ)で1本目97メートル、2本目91・5メートル。地元勢では名寄中学校卒業の鴨田鮎華選手(下川商業高校)が7位入賞した。

 男子組は、竹内選手が1本目97メートル、2本目94・5メートルで優勝。下川町出身の葛西紀明選手(土屋ホーム)は1本目99・5メートルの大ジャンプで最長不倒を記録したが、2本目は91・5メートルにとどまり惜しくも2位。同じく下川町出身の伊東大貴選手(雪印メグミルクスキー部)が3位、伊藤将充選手(土屋ホーム)が4位入賞した。

 会場には恒例の吉田病院による接待所も設けられ、かき氷や麦茶、冷や麦などを用意。この日は日差しが強く気温も上がり、選手や応援に訪れた大勢の市民に喜ばれていた。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...