北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

女子は伊藤有希が優勝・サマージャンプ大会【名寄】

最長不倒を決めて優勝した伊藤有希選手のジャンプ

 全日本スキー連盟A級公認「サンピラー国体記念第15回サマージャンプ大会」が30日に名寄ピヤシリシャンツェ(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。女子組は下川町出身の伊藤有希選手(土屋ホーム)が1本目で最長不倒の98メートルを記録し優勝。一方の男子組では竹内択選手(北野建設スキー部)が優勝した。

 名寄地方スキー連盟(吉田肇会長)主催する恒例の大会。女子組に37人、男子組に79人の合計116人がエントリーした。

 女子組は、伊藤選手が1本目98メートルで最長不倒、2本目91・5メートルを飛んで優勝を決めた。2位は上川町出身の髙梨沙羅選手(クラレ)で1本目97メートル、2本目91・5メートル。地元勢では名寄中学校卒業の鴨田鮎華選手(下川商業高校)が7位入賞した。

 男子組は、竹内選手が1本目97メートル、2本目94・5メートルで優勝。下川町出身の葛西紀明選手(土屋ホーム)は1本目99・5メートルの大ジャンプで最長不倒を記録したが、2本目は91・5メートルにとどまり惜しくも2位。同じく下川町出身の伊東大貴選手(雪印メグミルクスキー部)が3位、伊藤将充選手(土屋ホーム)が4位入賞した。

 会場には恒例の吉田病院による接待所も設けられ、かき氷や麦茶、冷や麦などを用意。この日は日差しが強く気温も上がり、選手や応援に訪れた大勢の市民に喜ばれていた。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝勢メダル続々 スケートW杯大会【帯広】

 明治北海道十勝オーバルで16日から開催中のスピードスケートのワールドカップ(W杯)で、十勝勢のメダルラッシュが続いている。平昌五輪で活躍した、幕別町出身で共に帯南商高出の高木菜那選手(26)=...

十勝毎日新聞

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 初雪遅れ【十勝】

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

十勝毎日新聞

「防衛へ棋力向上を」 将棋の渡部女流王位祝う会【帯広】

 将棋の第29期女流王位戦で6月に初タイトルを獲得した帯広市出身の渡部愛さん(25)を囲み、「女流王位獲得を祝う会in十勝」が17日、ホテル日航ノースランド帯広で開かれた。関係者ら約60人が祝福...

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...