北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

恩人へ追悼の思い込め 大道芸人・ギリヤークさん苫小牧で公演

長年、苫小牧公演を支えた故田中充さんへの思いを込めて追悼の踊りを披露したギリヤーク尼ヶ崎さん

 津軽三味線に合わせて創作舞踊を披露する函館市出身の大道芸人、ギリヤーク尼ヶ崎さん(88)=東京都在住=が25日、苫小牧市内で4年ぶりの舞踊公演を行った。公演当日は雨に見舞われたため、ギリヤークさんの健康にも配慮して、会場を当初の表町公園から隣接する北海道新聞苫小牧支社の1階ホールに変更。情念の踊りを披露した。

 車いすで会場に現れたギリヤークさんは、約300人の観客に大きな拍手で迎えられた。長年得意としてきた「じょんがら一代」から始まり、続いて観客と一緒に手をつないで踊る「よされ節」を見せ、元気な姿をアピールした。

 芸歴50周年記念として十数年ぶりの新作となる「果たし合い」の試演も行われた。俳優歴50年の友人、近藤正臣さん(76)から借り受けた刀のつばをペンダントのように首から提げ、見えない相手に手刀を打ち込むような動作や、両手を広げて不敵な笑みを浮かべるなどの独特の仕草を披露。観客らはギリヤークさんの一挙一動を息をのんで見守っていた。

 母の遺影を掲げて感謝を捧げる祈りの踊り「念仏じょんがら」は、苫小牧公演を1985年から支えてきた友人、故田中充さん(愛称・ツルさん)への追悼の思いを込めて踊った。  ギリヤークさんは「ツルさんが声を掛けてくれたので北海道公演は苫小牧から始まった」と古くからの縁を語り、「きょう苫小牧で踊れるのもツルさんと皆さんのおかげ。この日のことは忘れません」と感謝した。声援に応えるように「じょんがら一代」を再演すると、ギリヤークさんは「90歳になれば、東京五輪がある。その時まで踊り続けます」と声を張り、さらに大きな歓声と拍手が会場を包み、投げ銭が飛び交った。

 一緒によされ節を踊った石狩市の団体職員石崎澄枝さん(47)は「手を取って踊れたことは一生の記念。元気をもらった」と話した。

 ギリヤークさんの苫小牧公演を初回から見て来たという苫小牧市末広町の福井三男さん(70)は「病気を抱えながら、友人や苫小牧のために踊ってくれた。心の底から湧き上がるような熱のこもった思いをもらった。感激した」と目をうるませた。

 今回の苫小牧公演を支えてきた市民有志の一人、市内日新町の辻寿美子さん(66)は「元気な姿を見られてうれしい。来年こそは表町公園で思う存分踊ってもらいたい」と話した。

 ギリヤークさんの苫小牧公演は85年から2012年まで、毎年7月に道内公演の口火を切る形で行われてきたが、13年に健康上の理由で中止。14年に復活公演を行ったが15年以降3年間は、パーキンソン病の悪化などで中止していた。

関連記事

日高報知新聞

信用事業の譲渡承認【新冠】

【新冠】新冠町農協(浅川豊組合長、296組合員)の第28回通常総会が19日、レ・コード館で開かれ、貯金や貸付の信用事業の全部を、来年1月12日付で北海道信連に譲渡する特別決議を承認した。任期満了に伴う役...

日高報知新聞

今日一日、最後のお願い

 第19回統一地方選挙を締めくくる16日告示の道内14町村長選挙、68町村議会議員選挙は、いよいよ明日21日に投開票が行われる。住民に一番身近な選挙とあって日増しに関心は高まっており、今日1日、立候補者は声...

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...