北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

自家製ホップでビール 廣田農園、栽培挑む【芽室】

 芽室町内の廣田農園(東めむろ3ノ北1、廣田一公代表)は道内でも珍しいホップの栽培に取り組んでいる。収穫したホップは同農園が5月に畑の一角に開設した直売所「畑の駅」で販売している他、ビールの製造にも取り組む。

たくさんの実を付けたホップに笑顔の廣田さん夫妻と、直売所の看板犬「ホップくん」

 廣田代表(42)と妻の由美さん(43)は2016年に町内に新規就農。50アールの畑で、農薬や化学肥料を使わずにミニトマトや枝豆、空心菜、ケールなどを育てている。

 ホップ栽培は「ビールが大好き」という廣田代表が昨年から始め、アロマホップの「カスケード」を5株植えた。昨年は実を付けずに終わったが、春先の剪定(せんてい)を経て今年7月下旬に実を付け始めた。10メートルにもなるツルのあちこちに黄緑色の実がなっている。

 収量は2.5キロほどを見込み、一部は帯広の醸造家十河文英さんの協力でビールを製造し、香り付けに使う。ビールは400リットルを醸造する予定で、11月に町内でお披露目会を開く。

 この他、畑の駅ではフレッシュホップやドライホップとして量り売りする(フレッシュホップで1グラム40円程度)。

 廣田代表は「ホップは花粉症や更年期障害を和らげ、安眠効果もあるとされ、『女性のためのハーブ』とも言われている」とし、「ビール好きの人には“追いホップ”として楽しんでほしい」と話している。

 問い合わせは廣田農園(0155・29・2819)へ。

関連記事

室蘭民報

道の駅みたらで新メニューうずらんパフェを17日から販売【室蘭】

 リニューアルに合わせて開発された「うずらんソフトクリーム」が好評の道の駅みたら室蘭(室蘭市祝津町)で、17日から新メニュー「うずらんパフェ」3種類が販売される。  室蘭うずら園(石川町)のウ...

室蘭民報

寿浅が「甘露法水」で地酒開発、来月発売目指す【伊達】

 寿浅(伊達市山下町、寿浅雅俊代表取締役社長)は、伊達の地酒「伊達 甘露法水」の開発を進めている。伊達150年をきっかけに企画。特別純米酒で伊達産米を原料に、同市大滝区の三階滝公園内の湧き水「甘...

室蘭民報

農園たねびと、今年からイチゴ狩りスタート【豊浦】

 豊浦町大岸で佐藤英貴さん、律子さん夫婦が営む農園「G.S.W grow.seed.works たねびと」が今年からイチゴ狩りを始めた。イチゴを自由に摘み取って楽しめる。「ぜひ来園を」と呼び掛け...

室蘭民報

春レタスの収穫が最盛期、迎える【伊達】

 伊達市内では露地植えの春レタスの収穫が最盛期を迎えている。広瀬農園(広瀬隆一さん経営)では、早朝から隆一さんや跡継ぎの長男らが作業に励んでいる。今年のレタスも甘く、シャキシャキした歯ごたえが楽...

室蘭民報

「真っ赤な実り」求めて、いちご豚肉まつり盛況【豊浦】

 豊浦町の特産品が集まる「第48回とようらいちご豚肉まつり」(同実施委員会主催)が9日、町内浜町の豊浦海浜公園で開かれた。イチゴなどの特産品を求めて、約2万5千人の来場者が集まり、公園内はにぎわ...