北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

自家製ホップでビール 廣田農園、栽培挑む【芽室】

 芽室町内の廣田農園(東めむろ3ノ北1、廣田一公代表)は道内でも珍しいホップの栽培に取り組んでいる。収穫したホップは同農園が5月に畑の一角に開設した直売所「畑の駅」で販売している他、ビールの製造にも取り組む。

たくさんの実を付けたホップに笑顔の廣田さん夫妻と、直売所の看板犬「ホップくん」

 廣田代表(42)と妻の由美さん(43)は2016年に町内に新規就農。50アールの畑で、農薬や化学肥料を使わずにミニトマトや枝豆、空心菜、ケールなどを育てている。

 ホップ栽培は「ビールが大好き」という廣田代表が昨年から始め、アロマホップの「カスケード」を5株植えた。昨年は実を付けずに終わったが、春先の剪定(せんてい)を経て今年7月下旬に実を付け始めた。10メートルにもなるツルのあちこちに黄緑色の実がなっている。

 収量は2.5キロほどを見込み、一部は帯広の醸造家十河文英さんの協力でビールを製造し、香り付けに使う。ビールは400リットルを醸造する予定で、11月に町内でお披露目会を開く。

 この他、畑の駅ではフレッシュホップやドライホップとして量り売りする(フレッシュホップで1グラム40円程度)。

 廣田代表は「ホップは花粉症や更年期障害を和らげ、安眠効果もあるとされ、『女性のためのハーブ』とも言われている」とし、「ビール好きの人には“追いホップ”として楽しんでほしい」と話している。

 問い合わせは廣田農園(0155・29・2819)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

今年も出来上々 ボージョレ解禁【帯広】

 フランス・ボージョレ地域の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」が15日午前0時に日本で解禁となり、十勝の酒店やスーパーにもさまざまな銘柄が並んだ。  ヌーボーは通常のワインと異なり、ブドウをつ...

十勝毎日新聞

農高発食品に機能性表示 認定なら道内学校初【帯広】

 帯広農業高校(二木浩志校長)の食品科学科地域資源活用班は、開発した豆乳ヨーグルト「豆(まめ)ぐると」を、健康志向の食品ブランドを示す「北海道食品機能性表示制度」(愛称・ヘルシーDo)に認定申請...

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

十勝毎日新聞

パン「満寿屋」題材 単行本27日発売【帯広】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)を題材としたノンフィクション本「世界に一軒だけのパン屋」(野地秩嘉著、小学館)が十勝で27日にも発売される(全国は26日)。同社では発売を記念し、...

苫小牧民報

白老の特産品味わって ギフトセット受け付け開始

 白老町竹浦のはまのマルシェでは、今年も白老の特産品を詰め合わせたギフトセット「しらおいの恵み」の注文受け付けを始めた。前浜産の毛ガニや白老牛のほか、今回新たに原木干しシイタケを取り入れるなどし...