北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

自家製ホップでビール 廣田農園、栽培挑む【芽室】

 芽室町内の廣田農園(東めむろ3ノ北1、廣田一公代表)は道内でも珍しいホップの栽培に取り組んでいる。収穫したホップは同農園が5月に畑の一角に開設した直売所「畑の駅」で販売している他、ビールの製造にも取り組む。

たくさんの実を付けたホップに笑顔の廣田さん夫妻と、直売所の看板犬「ホップくん」

 廣田代表(42)と妻の由美さん(43)は2016年に町内に新規就農。50アールの畑で、農薬や化学肥料を使わずにミニトマトや枝豆、空心菜、ケールなどを育てている。

 ホップ栽培は「ビールが大好き」という廣田代表が昨年から始め、アロマホップの「カスケード」を5株植えた。昨年は実を付けずに終わったが、春先の剪定(せんてい)を経て今年7月下旬に実を付け始めた。10メートルにもなるツルのあちこちに黄緑色の実がなっている。

 収量は2.5キロほどを見込み、一部は帯広の醸造家十河文英さんの協力でビールを製造し、香り付けに使う。ビールは400リットルを醸造する予定で、11月に町内でお披露目会を開く。

 この他、畑の駅ではフレッシュホップやドライホップとして量り売りする(フレッシュホップで1グラム40円程度)。

 廣田代表は「ホップは花粉症や更年期障害を和らげ、安眠効果もあるとされ、『女性のためのハーブ』とも言われている」とし、「ビール好きの人には“追いホップ”として楽しんでほしい」と話している。

 問い合わせは廣田農園(0155・29・2819)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝牛とろ丼3位 ご当地どんぶり選手権【清水】

 全国のご当地食材を使った自慢の丼メニューで人気を競う「第10回全国ご当地どんぶり選手権」の結果発表が20日、会場となった東京ドームで行われた。十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛と...

十勝毎日新聞

農高発どら焼きエア・ドゥで 管内3校原料提供【十勝】

 AIRDO(エア・ドゥ)は、道内の農業高校生らが育てた「雪化粧かぼちゃ」を使ったどら焼きを開発した。十勝からは帯広農業高、更別農業高、士幌高が原料を提供。すでに一部の便で機内サービスとして無料...

函館新聞

新商品リンゴカレー発売 道の駅「なないろ・ななえ」【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(峠下)は18日から、七飯産リンゴをふんだんに使用したレトルトカレー「りんごカレー」を同施設限定で発売している。リンゴの甘みとスパイスが効いた深みのある...

十勝毎日新聞

「純白ゆり根大福」好評 道の駅忠類【幕別】

 道の駅忠類(町忠類白銀町、小竹淳店長)で、昨年8月から販売を開始した「純白ゆり根大福」が好評だ。販売5カ月余りで5000パック(2個入り)を売り上げ、地元特産の農産物加工品でもトップクラスの人気...

函館新聞

函館国際ホテルがいちごスイーツビュッフェ【函館】

 函館国際ホテル(函館市大手町)は平日の午前11時半から午後3時まで、イチゴを使った10種類のデザートが楽しめる「いちごスイーツビュッフェ」を実施している。料金は1200円(フリードリンク付)。...