北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

自家製ホップでビール 廣田農園、栽培挑む【芽室】

 芽室町内の廣田農園(東めむろ3ノ北1、廣田一公代表)は道内でも珍しいホップの栽培に取り組んでいる。収穫したホップは同農園が5月に畑の一角に開設した直売所「畑の駅」で販売している他、ビールの製造にも取り組む。

たくさんの実を付けたホップに笑顔の廣田さん夫妻と、直売所の看板犬「ホップくん」

 廣田代表(42)と妻の由美さん(43)は2016年に町内に新規就農。50アールの畑で、農薬や化学肥料を使わずにミニトマトや枝豆、空心菜、ケールなどを育てている。

 ホップ栽培は「ビールが大好き」という廣田代表が昨年から始め、アロマホップの「カスケード」を5株植えた。昨年は実を付けずに終わったが、春先の剪定(せんてい)を経て今年7月下旬に実を付け始めた。10メートルにもなるツルのあちこちに黄緑色の実がなっている。

 収量は2.5キロほどを見込み、一部は帯広の醸造家十河文英さんの協力でビールを製造し、香り付けに使う。ビールは400リットルを醸造する予定で、11月に町内でお披露目会を開く。

 この他、畑の駅ではフレッシュホップやドライホップとして量り売りする(フレッシュホップで1グラム40円程度)。

 廣田代表は「ホップは花粉症や更年期障害を和らげ、安眠効果もあるとされ、『女性のためのハーブ』とも言われている」とし、「ビール好きの人には“追いホップ”として楽しんでほしい」と話している。

 問い合わせは廣田農園(0155・29・2819)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス