北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

サンマ1500トン超え水揚げ活況/道東3港

 道東沖のサンマ棒受け網漁が活況だ。根室、花咲港では大型船(100㌧以上)を中心に水揚げが本格化。28日には大型船12隻、小、中型11隻が合わせて今季最多の1392㌧を水揚げ。花咲港は水揚げ用のトラックやタンクが足りず、水揚げ制限をしたほど。この日は道東3港で1500㌧超、三陸を含めると1700㌧の水揚げがあった。花咲港では29日も約1300㌧の水揚げを予定しており、サンマ復調の兆しに浜は活気づいている。

 花咲港でのこの日の競り値は227~36円。高値は前日の27日に比べ、34・4%(119円)減、大型船初水揚げの24日と比較すると66・7%(453円)下げた。この日は厚岸港(22㌧)、釧路港(105㌧)、三陸の大船渡(90㌧)、気仙沼(66㌧)、女川(58㌧)にも大型船各1隻が水揚げしている。

 花咲港は23日に400㌧、24日に640㌧、25日560㌧、27日に770㌧と順調な水揚げが続いており、この日は1300㌧超と、記録的不漁となった昨年には見られなかった8月中の1000㌧超えを記録した。買受人らによると「昨年は130㌘台が大サイズだったが、今年はそのサイズだと小さい方。脂乗りも良く走りからおいしい」と話していた。

 順調な水揚げの一方で、2015年以降のサンマ不漁や、16年のロシア200カイリ水域内サケ・マス流し網漁禁止の影響もあって、加工業者や運輸業者の廃業が受入態勢の縮小を招いている。

 花咲港は過去最多の7万㌧台を揚げた11、12年には約3000㌧の受入許容量を誇ったが、現在は約半分。この日も水揚げに使うトラックやサンマを入れるタンクが不足。競りの始めに競り人からトラックやタンクを「速やかに返すよう協力をお願いします」と依頼があったほどで、大量水揚げは、まさにうれしい悲鳴となっている。

関連記事

日高報知新聞

匿名寄付で新救急車【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1)に19日、新しい救急車が納車された。従来より室内の高さがあり、最新機器を搭載した高規格準拠の新型救急車で、病院関係者に披露した。  同病院は、平成11年に導...

日高報知新聞

28日、えりもうに祭り【えりも】

【えりも】えりもに春の訪れを告げる「第9回えりもうに祭り」が28日、国道沿いの町スポーツ公園で開かれる。えりも漁協など実行委の主催。  えりもの海で採れるエゾバフンウニは、前浜の磯で豊かに繁殖...

十勝毎日新聞

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ まつもと薬局【帯広】

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝毎日新聞

なつぞら列車 出発進行【帯広】

 JR北海道はNHK連続テレビ小説「なつぞら」のステッカーを貼った特急「スーパーとかち」の運行を開始した。22日午前にJR帯広駅で記念セレモニーが行われ、関係者がなつぞら仕様の列車を笑顔で送り...

十勝毎日新聞

統一地方選 鹿追・喜井氏 足寄・渡辺氏 初当選【十勝】

 鹿追、足寄、幕別、大樹の4町長選挙は21日夜、即日開票され、新人同士の一騎打ちとなった鹿追、足寄で、まちづくりのかじ取り役となる新たなリーダーが誕生、現職と新人の戦いとなった幕別、大樹はいず...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス