北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

サンマ1500トン超え水揚げ活況/道東3港

 道東沖のサンマ棒受け網漁が活況だ。根室、花咲港では大型船(100㌧以上)を中心に水揚げが本格化。28日には大型船12隻、小、中型11隻が合わせて今季最多の1392㌧を水揚げ。花咲港は水揚げ用のトラックやタンクが足りず、水揚げ制限をしたほど。この日は道東3港で1500㌧超、三陸を含めると1700㌧の水揚げがあった。花咲港では29日も約1300㌧の水揚げを予定しており、サンマ復調の兆しに浜は活気づいている。

 花咲港でのこの日の競り値は227~36円。高値は前日の27日に比べ、34・4%(119円)減、大型船初水揚げの24日と比較すると66・7%(453円)下げた。この日は厚岸港(22㌧)、釧路港(105㌧)、三陸の大船渡(90㌧)、気仙沼(66㌧)、女川(58㌧)にも大型船各1隻が水揚げしている。

 花咲港は23日に400㌧、24日に640㌧、25日560㌧、27日に770㌧と順調な水揚げが続いており、この日は1300㌧超と、記録的不漁となった昨年には見られなかった8月中の1000㌧超えを記録した。買受人らによると「昨年は130㌘台が大サイズだったが、今年はそのサイズだと小さい方。脂乗りも良く走りからおいしい」と話していた。

 順調な水揚げの一方で、2015年以降のサンマ不漁や、16年のロシア200カイリ水域内サケ・マス流し網漁禁止の影響もあって、加工業者や運輸業者の廃業が受入態勢の縮小を招いている。

 花咲港は過去最多の7万㌧台を揚げた11、12年には約3000㌧の受入許容量を誇ったが、現在は約半分。この日も水揚げに使うトラックやサンマを入れるタンクが不足。競りの始めに競り人からトラックやタンクを「速やかに返すよう協力をお願いします」と依頼があったほどで、大量水揚げは、まさにうれしい悲鳴となっている。

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

十勝毎日新聞

さあW杯 ゲスト24カ国から340人【帯広】

 16日に明治北海道十勝オーバルで開幕するスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦を前に、帯広市内では世界各国から集まった選手や関係者らの姿が街中でも見られ、十勝のグルメを満喫する選手らへ...