北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

クイズ形式で解説【新ひだか】

【新ひだか】日高振興局主催の「馬文化出前教室」が28日、高静小(中村等校長)で開かれ、4年生88人が日高の馬産の歴史について学んだ。

 出前授業は日高管内各種団体の協力を得て、管内特有の馬文化を、より地域に根ざしたもの、誇れるものとして定着させ、個性的で魅力ある地域づくりにつなげることを目的に、小学生を対象に平成21年から実施。今年度は日高町富川小、浦河町堺町小に続いて3校目。

 この日は、日高振興局地域創生部地域政策課主事の河村美奈さんと藤田洋平さんが講師を務め、児童たちは日高が日本一の馬産地であることや、競走馬の産地になった理由についてスライドを使って分かりやすく説明を受けた。

 また、日高には軽種馬牧場が約710戸あること、日高で初めて牧場を作った人が様似町の等澍院の住職だったことなどをクイズ形式で解説すると、児童たちから驚きの声が上がった。

 質疑応答では、児童たちから「小型の馬が力持ちなのはどうしてですか?」、「馬の平均寿命はいくつですか?」、「馬はどんな病気になったりしますか?」などの質問があった。河村さんと藤田さんは一つひとつの質問に丁寧に答え、児童たちは最後まで熱心に質問していた。

 最後に講師から児童たちに馬の蹄鉄と、日高振興局が日高の馬の歴史や生態についてまとめた漫画「日高うま物語」が贈られた。

 五十嵐碧空さんは「馬のことがいろいろ聞けて楽しかったです。サラブレッドの寿命も知ることができて勉強になりました」と話していた。

児童たちに日高の馬の歴史について説明する河村さん

関連記事

日高報知新聞

好天待ってフノリ漁【様似】

【様似】冬島周辺の冬の風物詩となっている〝寒フノリ”の漁が解禁となり、この手摘み作業が22日、同地区沿岸一帯で行われた。寒風が吹きつける中、周辺漁民が海岸の岩場に色濃く育ったフノリを収穫した。 ...

日高報知新聞

ソフトテニス選手全国出場【新ひだか】

【新ひだか】第6回北海道中学生シングルスソフトテニス大会の女子で優勝した吉本裕香さん(静内第三中2年)と、北海道小学生インドアソフトテニス大会で女子シングルス優勝の高橋結来さん(桜丘小6年)、...

十勝毎日新聞

豚コレラ侵入許さぬ 防疫再徹底【十勝】

関係機関 啓発や緊急検査  本州で感染が拡大する豚コレラに、十勝の養豚関係者は警戒を強めている。近年、発生した5府県から豚を導入していないが、外国から汚染豚肉製品が持ち込まれる例が複数あり、油断で...

十勝毎日新聞

ぬかびら源泉郷「リフレッシュ部門」全国1位 温泉総選挙【上士幌】

 全国の温泉地をインターネットで順位付けする「温泉総選挙2018」のリフレッシュ部門で、ぬかびら源泉郷(上士幌)が1位に輝いた。札幌で昨年行われた全国源泉かけ流し温泉サミットで、同源泉郷旅館組合...

十勝毎日新聞

AIカメラで試合配信実験 全日本女子IH【帯広】

 帯広の森アイスアリーナで21日から24日まで開かれている第38回全日本女子アイスホッケー選手権大会A(日本アイスホッケー連盟主催)で、人工知能(AI)を使った無人の自動追跡カメラが会場に設置さ...