北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

クイズ形式で解説【新ひだか】

【新ひだか】日高振興局主催の「馬文化出前教室」が28日、高静小(中村等校長)で開かれ、4年生88人が日高の馬産の歴史について学んだ。

 出前授業は日高管内各種団体の協力を得て、管内特有の馬文化を、より地域に根ざしたもの、誇れるものとして定着させ、個性的で魅力ある地域づくりにつなげることを目的に、小学生を対象に平成21年から実施。今年度は日高町富川小、浦河町堺町小に続いて3校目。

 この日は、日高振興局地域創生部地域政策課主事の河村美奈さんと藤田洋平さんが講師を務め、児童たちは日高が日本一の馬産地であることや、競走馬の産地になった理由についてスライドを使って分かりやすく説明を受けた。

 また、日高には軽種馬牧場が約710戸あること、日高で初めて牧場を作った人が様似町の等澍院の住職だったことなどをクイズ形式で解説すると、児童たちから驚きの声が上がった。

 質疑応答では、児童たちから「小型の馬が力持ちなのはどうしてですか?」、「馬の平均寿命はいくつですか?」、「馬はどんな病気になったりしますか?」などの質問があった。河村さんと藤田さんは一つひとつの質問に丁寧に答え、児童たちは最後まで熱心に質問していた。

 最後に講師から児童たちに馬の蹄鉄と、日高振興局が日高の馬の歴史や生態についてまとめた漫画「日高うま物語」が贈られた。

 五十嵐碧空さんは「馬のことがいろいろ聞けて楽しかったです。サラブレッドの寿命も知ることができて勉強になりました」と話していた。

児童たちに日高の馬の歴史について説明する河村さん

関連記事

根室新聞

国内初 ベニザケ海面養殖事業化に挑戦【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は18日、根室港中防波堤に設置したいけすにベニザケの稚魚を放流し、海面でのベニザケ養殖実証試験がスタートした。  ベニザケの養殖は平...

日高報知新聞

東日本大会に出場【えりも】

【えりも】管内中学硬式野球チーム「日高リトルシニア」(浦川聡監督、団員27人)メンバーのえりも中生徒5人が12日、町役場に大西正紀町長を表敬訪問して第8回日本リトルシニア東日本選抜野球大会への出場...

日高報知新聞

「課題はすべてクリア」【様似】

【様似】ユネスコのジオパーク計画審査グループから派遣された2人の審査員により、15日から実施していたアポイ岳ジオパークの世界再認定現地審査が18日終了した。再認定結果は来年3月に発表される。  ...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

十勝毎日新聞

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...