北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

子育て支援員研修に応募殺到 市、人材確保に期待高く【根室】

応募が殺到している子育て支援員研修の案内チラシ

 子育て支援を担う人材確保のため根室市が行う「子育て支援員研修」に、応募者が殺到している。28日現在の応募者数は49人で、すでに定員を超過。キャンセル待ちの状態となっている。受講者は昨年10月に創設した「幼稚園教諭・保育士等人材バンク」に登録され、市こども子育て課では「登録後、どれだけ就業に結び付くか注目したい」と話している。

 子育て支援を担う人材確保は、昨年5月に設置した幼稚園、保育所(園)との連携を深める市幼保連携会議で、施設側が要望。これを受け、市は昨年10月に潜在的な有資格者を掘り起こす「幼稚園教諭・保育士等人材バンク」を創設するとともに、今年度、子育て支援の仕事に関心を持ち、従事することを希望する市民に必要な知識や技能を習得する機会を設けるため、子育て支援員の研修を民間事業者に委託し、開催する。

 研修は「地域保育」と「放課後児童」の2コースで、20日から受け付けを開始し、28日現在、「地域保育」に27人、「放課後児童」に22人の総勢49人が応募。各コースとも定員20人で、いずれも定員を超過し、キャンセル待ちの状態となっている。

 市では「当日までにキャンセルする人もいるため、超過しても募集を継続する」とし、最終的には「定員を超えてどの程度受講させることができるかは、委託業者と相談したい」としている。

 子育て支援を担う人材確保では、特に市教委が行う放課後教室の指導者不足が深刻で、現在も嘱託指導員6人を募集。慢性的な人材不足が大きな悩みとなっている。担当課では「来年度以降の研修は、今後受講者がどの程度就業に結び付くか、潜在的な受講希望者の動向などを検証した上で判断することになる」としている。

 なお、研修は総合文化会館を会場に、10月15日に地域保育、放課後児童コース共通の基本研修を行った後、地域保育コースは同16日から18日の3日間で専門研修、同22日から11月9日までのうち2日間で見学実習を行う。また、放課後児童コースは同19日と20日、2日間の専門研修を行う。

 対象となるのは、子育て支援の仕事に関心を持ち、保育所や幼稚園、放課後教室など子育て分野の各事業所に就労することを希望する人、あるいは子育て分野に在勤している人。基本的に市民が優先で、市民は無料。市外からの参加者は有料となる。受講者には修了証を交付するとともに、人材バンクに登録。有資格者と事業所の橋渡しを行う。締め切りは7日まで。

 詳しくは同課こども子育て担当(℡0153-23-6111内線2179番)へ。

関連記事

函館新聞

「ようていプレミアム集成材」開発へ 森町のハルキ【森】

 【森】森町の製材業「ハルキ」(春木芳則社長)は、後志管内の「ようてい森林組合」(船場實代表理事組合長)が提供するカラマツ材を使った高強度の「ようていプレミアム集成材」を開発、販売する。付加価値...

函館新聞

函館市がロードヒーティング改修に着手【函館】

 函館市は今年度、電気やガスで路面の温度を上げて雪を解かすロードヒーティングの改良工事に着手した。本庁管内の市道56路線の車道で設置分のうち、老朽化で損傷が激しい13路線で計画的に補修する方針。...

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。  静内産米は、農産物の地産池消の...