北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

9月1、2日「根室かに祭り」開催

毎年、多くの人出でにぎわう根室かに祭り(写真は昨年)

 2018根室かに祭り(杉山忠夫実行委員長)が1、2の両日、根室港特設会場で開かれる。会場内には赤くゆで上がったハナサキガニをはじめ、カニ尽くしのメニューが並び、根室の旬を味わう。今年は「花咲線~いま君に会いたい~」を歌う松原健之さんをゲストに迎え、歌謡ショーや恒例の「かに取り合戦早食い競争」など多彩なステージプログラムが用意されている。

 「根室かに祭り」は、根室特産の「ハナサキガニ」を観光資源とし、観光客の誘致拡大を図ることを目的にした味覚祭り。毎年多くの市民や観光客が詰めかける同イベントだが、昨年は台風15号の影響で2日間とも水産上屋での屋内開催となり、人出も例年の半分の1万400人にとどまった。

 1日は午前10時に開幕(カニの販売は午前8時から)、2日は同9時(同7時から)で、会場内には真っ赤にゆで上がったハナサキガニの直販コーナーをはじめ、「カニ尽くし」のメニューを掲げるテントが立ち並び、毎年人気の「かにかきあげ丼」(600円)、「かにみそこんにゃく」(1皿、200円)、「てっぽう汁」(250円)、「かにかま」(300円)、「かに厚焼き玉子」(350円)などを販売。このほか「ウニ丼」、「いくら丼」など根室ならではのメニューが並ぶ。

 ステージでは、「花咲線~いま君に会いたい~」を歌う松原さんの歌謡ショーが1日午後4時15分からと、2日午後2時から開かれる。松原さんは静岡県出身で、歌謡界「奇跡のクリスタルボイス」と呼ばれており、美声を披露する。また、恒例の「かに取り合戦早食い競争」は1日午後2時半、2日午後0時10分(受け付け締め切りは1日は午後1時55分、2日は午前11時10分)から行われる。90秒間にカニをどれだけ食べられるかを競うもので、5人一組で一日3回(15人)行われる。

 このほか、郷土芸能「ねむろ太鼓」、YOSAKOI演舞、かに抽選会なども繰り広げられる。

関連記事

十勝毎日新聞

メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始【帯広】

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

十勝毎日新聞

黄金の実り 小麦収穫スタート【池田】

 十勝農業の「エース」秋まき小麦の収穫作業が、池田町内で始まった。黄金色に色づいた畑を大型のコンバインが音を立てて走り、実が詰まった麦穂を刈り取った。  約30ヘクタールで「きたほなみ」を作...

名寄新聞

阿部養鶏場が自家生産えっぐぷりん発売【下川】

 町内班渓の阿部養鶏場が、自家製卵「下川六〇酵素卵」と道産素材を使ったプリン『えっぐぷりん』を開発。24日に発売する。  「阿部養鶏場」は、昆布酵素、EM菌(有用微生物群)などを自家配合した餌...

十勝毎日新聞

シンガポールで十勝PR 振興局や食品会社 道フェアへ【十勝】

 十勝総合振興局の三井真局長や管内の食品加工業者は25、26の両日、シンガポールで開かれる北海道フェア(道主催)などで十勝の食や観光をPRする。  道は27日、どさんこプラザのシンガポール2...

函館新聞

高陽市が交流延期申し出 日韓関係悪化で【函館】

 函館市は22日、下半期に予定していた姉妹都市の韓国・高陽(コヤン)市との交流事業を延期することを明らかにした。日韓関係の悪化が理由で、姉妹都市になった2011年以降で交流事業の延期は初めて。 ...