北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

9月1、2日「根室かに祭り」開催

毎年、多くの人出でにぎわう根室かに祭り(写真は昨年)

 2018根室かに祭り(杉山忠夫実行委員長)が1、2の両日、根室港特設会場で開かれる。会場内には赤くゆで上がったハナサキガニをはじめ、カニ尽くしのメニューが並び、根室の旬を味わう。今年は「花咲線~いま君に会いたい~」を歌う松原健之さんをゲストに迎え、歌謡ショーや恒例の「かに取り合戦早食い競争」など多彩なステージプログラムが用意されている。

 「根室かに祭り」は、根室特産の「ハナサキガニ」を観光資源とし、観光客の誘致拡大を図ることを目的にした味覚祭り。毎年多くの市民や観光客が詰めかける同イベントだが、昨年は台風15号の影響で2日間とも水産上屋での屋内開催となり、人出も例年の半分の1万400人にとどまった。

 1日は午前10時に開幕(カニの販売は午前8時から)、2日は同9時(同7時から)で、会場内には真っ赤にゆで上がったハナサキガニの直販コーナーをはじめ、「カニ尽くし」のメニューを掲げるテントが立ち並び、毎年人気の「かにかきあげ丼」(600円)、「かにみそこんにゃく」(1皿、200円)、「てっぽう汁」(250円)、「かにかま」(300円)、「かに厚焼き玉子」(350円)などを販売。このほか「ウニ丼」、「いくら丼」など根室ならではのメニューが並ぶ。

 ステージでは、「花咲線~いま君に会いたい~」を歌う松原さんの歌謡ショーが1日午後4時15分からと、2日午後2時から開かれる。松原さんは静岡県出身で、歌謡界「奇跡のクリスタルボイス」と呼ばれており、美声を披露する。また、恒例の「かに取り合戦早食い競争」は1日午後2時半、2日午後0時10分(受け付け締め切りは1日は午後1時55分、2日は午前11時10分)から行われる。90秒間にカニをどれだけ食べられるかを競うもので、5人一組で一日3回(15人)行われる。

 このほか、郷土芸能「ねむろ太鼓」、YOSAKOI演舞、かに抽選会なども繰り広げられる。

関連記事

日高報知新聞

様似での約束で共演実現【新ひだか】

【新ひだか】ピアニストの川口信子さんと、浦河町在住のジャズベーシストの立花泰彦さんによるコンサートが11日夜、三石蓬栄の蓬莱音楽館で開かれ、約30人の観客がプロの演奏に酔いしれた。  川口さんは...

日高報知新聞

海自支援艦「すおう」寄港【浦河】

 12日に浦河港に寄港した海自の多用途支援艦「すおう」(艦長・矢﨑政和3等海佐、乗員45人)の一般公開が13日にあり、大勢の住民が艦内を見学した。 青森県の大湊地方隊大湊警備隊所属の同艦(全長65...

苫小牧民報

苫小牧、白老上空に竜巻の卵 気象台が注意情報発表

 苫小牧市樽前と白老町社台の境界付近で15日午前7時40分すぎ、竜巻になる前段の漏斗(ろうと)雲が発生した。北海道付近は大気の不安定な状況にあり、室蘭地方気象台は目撃情報を受けて同日午前8時20...

苫小牧民報

ブランド立ち上げ。第1弾はシイタケマリネ 白老の地域おこし協力隊の林夫妻

 地域おこし協力隊として今年6月に白老町に移住してきた林啓介さん、林オルガさん夫妻が白老の魅力を発信するブランド「GREEN OWL」を立ち上げ、第1弾として、白老のシイタケを使った「シイタケマ...

苫小牧民報

ちょっと動いた 陸自の偵察警戒車と綱引き-千歳JCふるさとまつり

 千歳青年会議所(渡部順大理事長、千歳JC)は13日、真々地の私有地で「千歳ふるさとまつり2018」を開いた。大勢の親子連れが集合。歌や踊りのステージをはじめ、子供たちと陸上自衛隊の偵察警戒車と...