北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

日本水道協会全国会議 来年函館で開催へ【函館】

 全国の水道関係者が一堂に集まる日本水道協会の全国会議が、来年函館で開催される見通しとなった。3日間で約3000人の参加を見込み、市内では経済効果が期待される。函館は近代水道が整備されて来年で130周年を迎え、会議は節目を飾る記念の催事となりそうだ。

 全国会議は11月6~8日、函館アリーナをメイン会場に開かれる予定。災害対策や浄水、水質を主なテーマとした研究報告や、水道事業が直面する課題などについて討議する総会、シンポジウムを展開する。

 会議は全国持ち回りで開催しており、偶然水道整備の節目の年と重なった。函館での開催は21年ぶり。開催地は、今年10月に福岡市で開かれる今年度の全国会議で正式に決まる。

 昨年度高松市で開かれた全国会議には約3100人が出席し、このうち8割以上に当たる2600人ほどが開催地周辺に宿泊。函館開催も同規模の参加者が見込まれる。函館国際観光コンベンション協会によると、来年度函館で予定する大規模会議のうち、現時点で同協会の会議が最多の参加者だという。

 アリーナの駐車場では、約130社が出展する水道資機材の展示会も同時開催する予定。展示会の関係者も含めた来函者は4000人規模となり、観光閑散期である11月の多数の宿泊は、ホテル業界に恩恵をもたらしそうだ。

 函館の上水道創設は1889(明治22)年。国内では1887(同20)年の横浜に次いで早く、日本人設計の上水道としては国内初の歴史を持つ。

 全国会議の運営業務は公募型プロポーザル方式で事業者に委託する。市企業局管理部は「函館ならではの情報も織り交ぜるなど詳しい内容を事業者と検討したい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

冬遊び 親子歓声 エコパで冬まつり【音更】

 道立十勝エコロジーパーク(町十勝川温泉南18)で20日、「エコパ冬まつり」(ウインターフェスinエコパ実行委員会主催)が開かれた。町内外から大勢の家族連れらが訪れ、冬ならではのアトラクション...

十勝毎日新聞

モール温泉号 利用3倍 地震の影響ばん回【音更】

 音更町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)が運行する無料送迎バス「モール温泉号」の今年度の利用者総数が、昨年度実績(340人、683泊)の3倍以上となる1030人、2055泊に上った。町と同協会が実...

十勝毎日新聞

沖縄から「春の便り」 空港に「琉球寒緋桜」【帯広】

 とかち帯広空港に一足早い春が訪れた-。日本航空(JAL)1階チェックインカウンター前に、日本で最も開花が早い沖縄県本部町(もとぶちょう)の桜の花が飾られ、利用客の目を引いている。  JAL...

函館新聞

函館空港に沖縄からのサクラがお目見え 2、3日中が見頃【函館】

 沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」が、今年も函館空港内の日本航空(JAL)搭乗手続きカウンターにお目見えした。雪に染まる函館に春を匂わせる便りが...

函館新聞

オスカ商会の梶原弘美さん ギフトラッピング講師の資格取得【函館】

 ギフト専門店「オスカ商会」(函館市万代町)の専務取締役、梶原弘美さん(47)が、全日本ギフト用品協会(本部・東京)が認定する「ギフト・ラッピング認定講師」の資格を取得した。ギフト・ラッピ...