北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

日本水道協会全国会議 来年函館で開催へ【函館】

 全国の水道関係者が一堂に集まる日本水道協会の全国会議が、来年函館で開催される見通しとなった。3日間で約3000人の参加を見込み、市内では経済効果が期待される。函館は近代水道が整備されて来年で130周年を迎え、会議は節目を飾る記念の催事となりそうだ。

 全国会議は11月6~8日、函館アリーナをメイン会場に開かれる予定。災害対策や浄水、水質を主なテーマとした研究報告や、水道事業が直面する課題などについて討議する総会、シンポジウムを展開する。

 会議は全国持ち回りで開催しており、偶然水道整備の節目の年と重なった。函館での開催は21年ぶり。開催地は、今年10月に福岡市で開かれる今年度の全国会議で正式に決まる。

 昨年度高松市で開かれた全国会議には約3100人が出席し、このうち8割以上に当たる2600人ほどが開催地周辺に宿泊。函館開催も同規模の参加者が見込まれる。函館国際観光コンベンション協会によると、来年度函館で予定する大規模会議のうち、現時点で同協会の会議が最多の参加者だという。

 アリーナの駐車場では、約130社が出展する水道資機材の展示会も同時開催する予定。展示会の関係者も含めた来函者は4000人規模となり、観光閑散期である11月の多数の宿泊は、ホテル業界に恩恵をもたらしそうだ。

 函館の上水道創設は1889(明治22)年。国内では1887(同20)年の横浜に次いで早く、日本人設計の上水道としては国内初の歴史を持つ。

 全国会議の運営業務は公募型プロポーザル方式で事業者に委託する。市企業局管理部は「函館ならではの情報も織り交ぜるなど詳しい内容を事業者と検討したい」としている。

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...