北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭市2年目の行革効果で目標1・2倍の4・3億円に【室蘭】

行政改革について意見を交わした行政改革推進委員会=30日、市防災センター

 室蘭市の行政改革プランを金額に換算した2017年度(平成29年度)の財政効果額は目標(3億3900万円)の1・2倍となる4億3100万円に上ったことが分かった。プラン推進2年となるが、市有地売却施策など「おおむね順調に推移している」とした。ただ、施設更新や人口減を踏まえたごみ収集やごみ袋料金課題が浮上。新たな取り組み項目の追加が急務となっている。

 「人口減を見据えた産業振興に力点を置き、持続可能な財政基盤の運営、行革に不断の努力で取り組む」。30日に東町の市防災センターで開いた行政改革推進委員会。小泉賢一副市長はこう力を込めた。

 市は2016~21年度の6カ年で行政改革を進めている。行革プランの目的は最終年度に予想される累積収支不足額約18億円の解消にある。初年度の効果額は経費削減などで1億1400万円、歳入確保で7400万円となり、合計で1億8800万円だった。

 2年目の17年度は初年度実績を踏まえ、普通財産(主に市有地の土地)の売却(1億1600万円)などで歳入を増やした。職員数の適正化(1800万円)や管理経費や事務事業を見直し(2800万円)などで経費を削減した。

 一方で、新たな課題への対応が「思うように進んでいない」(市幹部)との指摘がある。今後想定される施設建設に向けた借金返済に加え、少子高齢化や人口減少などに伴う厳しい財政事情も見据え、新たな対策の必要性が浮かび上がる。

 委員会では具体的な取り組み方針として、老朽化などに伴い西胆振地域廃棄物広域処理施設「メルトタワー21」(室蘭市石川町)の建て替えに関連した「ごみ問題」が話題となった。

 家庭ごみの集積所を設けて一括して収集している場所や、高齢などのため自力でごみを出すのが困難になり各家庭の前にごみを置く「戸別収集」も一部地域で行われ経費が増している現状にあり、「行革の観点から収集・運搬費を議論する必要がある」(日栄均委員)との指摘があった。

 指定ごみ袋料金10~40リットル(1枚20~80円)が1998年(平成10年)10月の有料化以降一度も見直されていないため、「ごみ問題をしっかり市民に伝えないといけない」(時田昭子委員)、「行政課題を地域に示してほしい」(森川卓也委員)との懸念が出た。

 市は19年度以降の行革の新たな施策は公的不動産の活用による歳入増を検討し、証明書交付コーナーなど重複する機能を解消する。コンビニエンスストアでの証明書交付サービス開始など市民サービス向上を図るとした。ごみ問題を含め「今後も検証を踏まえて検討する」としている。

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...