北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭市2年目の行革効果で目標1・2倍の4・3億円に【室蘭】

行政改革について意見を交わした行政改革推進委員会=30日、市防災センター

 室蘭市の行政改革プランを金額に換算した2017年度(平成29年度)の財政効果額は目標(3億3900万円)の1・2倍となる4億3100万円に上ったことが分かった。プラン推進2年となるが、市有地売却施策など「おおむね順調に推移している」とした。ただ、施設更新や人口減を踏まえたごみ収集やごみ袋料金課題が浮上。新たな取り組み項目の追加が急務となっている。

 「人口減を見据えた産業振興に力点を置き、持続可能な財政基盤の運営、行革に不断の努力で取り組む」。30日に東町の市防災センターで開いた行政改革推進委員会。小泉賢一副市長はこう力を込めた。

 市は2016~21年度の6カ年で行政改革を進めている。行革プランの目的は最終年度に予想される累積収支不足額約18億円の解消にある。初年度の効果額は経費削減などで1億1400万円、歳入確保で7400万円となり、合計で1億8800万円だった。

 2年目の17年度は初年度実績を踏まえ、普通財産(主に市有地の土地)の売却(1億1600万円)などで歳入を増やした。職員数の適正化(1800万円)や管理経費や事務事業を見直し(2800万円)などで経費を削減した。

 一方で、新たな課題への対応が「思うように進んでいない」(市幹部)との指摘がある。今後想定される施設建設に向けた借金返済に加え、少子高齢化や人口減少などに伴う厳しい財政事情も見据え、新たな対策の必要性が浮かび上がる。

 委員会では具体的な取り組み方針として、老朽化などに伴い西胆振地域廃棄物広域処理施設「メルトタワー21」(室蘭市石川町)の建て替えに関連した「ごみ問題」が話題となった。

 家庭ごみの集積所を設けて一括して収集している場所や、高齢などのため自力でごみを出すのが困難になり各家庭の前にごみを置く「戸別収集」も一部地域で行われ経費が増している現状にあり、「行革の観点から収集・運搬費を議論する必要がある」(日栄均委員)との指摘があった。

 指定ごみ袋料金10~40リットル(1枚20~80円)が1998年(平成10年)10月の有料化以降一度も見直されていないため、「ごみ問題をしっかり市民に伝えないといけない」(時田昭子委員)、「行政課題を地域に示してほしい」(森川卓也委員)との懸念が出た。

 市は19年度以降の行革の新たな施策は公的不動産の活用による歳入増を検討し、証明書交付コーナーなど重複する機能を解消する。コンビニエンスストアでの証明書交付サービス開始など市民サービス向上を図るとした。ごみ問題を含め「今後も検証を踏まえて検討する」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の有権者 農業、子育て 政策注視 道知事選【十勝】

 21日に告示された道知事選は16年ぶりの新人対決となり、北海道の未来を託す新リーダーが誕生する。十勝の有権者は農業や子育て支援、経済、災害対策などに関心が高く、実行力を伴った具体的な政策論争の深...

十勝毎日新聞

若手役場職員が提言書 町長に手渡す【池田】

 池田役場の30歳以下の職員で組織した若手有志の会「いけだFPSプロジェクト」(略称いけプロ・宗像瞭代表、36人)は19日、町社会福祉センターに勝井勝丸町長を招いて自主研修グループ提言会を開いた。...

十勝毎日新聞

大雪山系の案内板設置 市街一望の神居山展望台【本別】

 本別の自然などを紹介している「森と川の舎」(新津和一会長、会員14人)のメンバーが19日、神居山(かむいやま、190メートル)の展望台に案内板を設置した。一望できる大雪山系の山々の名称を記し、散...

苫小牧民報

北海道知事選告示、与野党一騎打ち 被災地で第1声

 第19回統一地方選のトップを切り、道知事選が21日、告示された。野党統一候補となる石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由推薦=と与党陣営が擁立した鈴木直道氏(38)=自民、公明...

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...