北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧西港のマアナゴ、シーズンこれから

錦岡沖

ソウハチ

水深18メートル前後。20センチほどの小型ソウハチ主体。25~30センチのマガレイ10~25匹交じる。

苫小牧西港(入船公園)

マアナゴ

小型中心。0~1匹。夜の投げ釣り。餌はイソメ、イカ。シーズンはこれから。

苫小牧西港(漁港区周辺)

ソイ、ガヤ

20センチ前後。0~5匹。ブラー、ブラクリ、ワーム。障害物の周囲を探る。

苫小牧東港(作業船だまり)

マアナゴ

50~55センチ。0~5匹。夜の投げ釣り。餌は塩イソメ。これからシーズンが続く。

室蘭港(絵鞆漁港、祝津埠頭)

マアナゴ

30~40センチ。0~6匹。まれに70~80センチ。夜の投げ釣り。餌はイソメ、サンマ、カツオ。

室蘭港(絵鞆漁港、祝津埠頭)

アブラコ

40センチ前後。1~5匹。ブラー、ブラクリ、ワーム。夜からソイ40センチクラス。

室蘭港(崎守の北外防波堤基部)

ヒラメ

40~50センチ。まれに70センチ。0~1匹。ルアー釣り。ジグ、ミノーで。

門別海岸

マツカワ

40~45センチ上がった。勇払の海岸でヒラメ65センチがルアーで上がった。

支笏湖

ヒメマス

20~25センチ。0~30匹。解禁地区全域で釣果横ばいか若干下がり気味。

千歳川

ヤマメ

20センチ前後。2~3匹。水温上昇で早朝か夕まずめ以外は厳しい。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝からの情報(3月17日ごろ)

■阿寒湖 ▽ワカサギ6~8センチ、100~200匹。硫黄山川側。終盤の時期になり釣れだした

釧路新聞

釧路、根室の情報

【釧路沖】 船が出れば、多い人でタラが10匹以上釣れている。日によってムラがある。 【釧路管内各河川】 氷が溶け、釣りのできる場所が増えれきた。 【阿寒湖】 ワカサギが釣れている。多い人は3桁の...

室蘭民報

室蘭地方 つり情報

白老沖 サクラマス、50~60センチ、9~10匹 6、7日の釣果、水深110メートルライン、タナは底近く、濁りが入り数が落ちてきた、まだスケソウがうるさい エルムV(室蘭港)090-3118...

苫小牧民報

苫小牧西港 チカ3桁狙いも

登別沖 サクラマス 水深100メートル前後。釣り場が遠くなった。釣果は日によって上下する。 苫小牧西港(南埠頭) チカ、ニシン チカ12~18センチが20~100匹前後。ニシン40センチク...

十勝毎日新聞

十勝からの情報(3月10日ごろ)

■網走湖 ▽ワカサギ10~12センチ、200~500匹ほど