北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

アイヌ文化発信、イベント「クンネ」を若者熱演【白老】

「クリムセ」を披露する山道さん

「ウタレプンパレ ワ」を一緒に歌う山田さん(右)と川上さん

 アイヌ民族文化財団の若手職員や、アイヌ文化伝承者の育成プログラム「イオル担い手育成事業」を3年間受講した若者たちによる、アイヌ文化に触れるイベント「シラウォイ クンネ」が26日、白老町本町のしらおい創造空間・蔵で開かれた。アイヌの若者たちは踊りや歌、語りを披露、会場を埋めた約50人に若いパワーを伝えていた。

 冒頭、イベントプロデューサーの米沢諒さんは「(国立アイヌ民族博物館が開設されるまでの)2年間に自分たちで何か発信できるものがないかと思って企画しました。皆さん、楽しんでいってください」とあいさつした。

 山丸賢雄さんは、白老に伝わる「ユカラ」(英雄叙事詩)、神のメノコ(女の子)とアイヌのメノコの問答「カムイユカラ」、クマの霊送りの情景を詳述した「ウエペケレ」をアイヌ語で語り、日本語で解説。アイヌ語で「白いイヌ同士をけんかさせるものはなんでしょう」「お互い助け合って、すれ違うことなく同じ動きをするものはなんでしょう」となぞなぞを出題、来場者が頭をひねる場面もあった。

 川上さやかさんは、平取に伝わり、大勢集まったときに歌う「ウポポ」や、白老、白糠、登別に伝わる3種類の「ピリカの歌」などを披露、会場から手拍子が寄せられた。

 山道陽輪さんは「クリムセ」(弓の舞)、山丸さんと新谷裕也さんは「エムシリムセ」(剣の舞)を披露。川上さんと山田美郷さんは一緒に「ウタレプンパレ ワ」を歌った。

※「ユカラ」の「ラ」、「カムイユカラ」の「ラ」、「クリムセ」の「ム」、「エムシリムセ」の「シ」と「セ」は小さい字

関連記事

室蘭民報

「紋鼈寺」で隣接の会館焼く、けが人なし【伊達】

 13日午後1時ごろ、伊達市末永町の紋鼈寺(奥田正教住職)に隣接する鉄骨造り2階建て、延べ約960平方メートルの同寺会館2階から出火した。火は1時間45分ほどで鎮火した。けが人や延焼はなかった...

室蘭民報

空手・修武會の4人が全道で大活躍【室蘭】

 室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の4 選手が、北海道空手道選手権大会極カップ第20回記念大会で上位入賞した。  初出場の石川天晟(室蘭工業大建築社会基盤系学科1年)は一般初・中級でい...

室蘭民報

楽天社員がネットショップで成功する戦略紹介【室蘭】

 日本政策金融公庫創立10周年記念セミナーwith室蘭商工会議所「ネットショップを成功に導く3つのポイント」が13日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれ、楽天(東京)の奥村宏也ヴァイスマネージャ...

室蘭民報

緑丘高1年生が会社経営の卒業生らに取材【伊達】

 伊達緑丘高校(桑井美彦校長)の1年生約140人が、インタビューの手法を用いて、まちの価値や魅力を形作っている人々の存在に迫るワークショップに臨んだ。社会の第一線で活躍する卒業生らに取材し、印...

室蘭民報

幌別川にハクチョウ飛来、水面をすいすい【登別】

 登別・胆振幌別川に今年も越冬でシベリアからハクチョウが飛来している。例年と同じ10月下旬から訪れており、市民らに本格的な冬の訪れを告げている。同河川では、オオハクチョウとコハクチョウが十数羽...