北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

日ごろから水を大事に 「節水の日」小学校で出前授業【新得】

 

災害時に備え、給水体験に臨む児童

 「しんとく節水の日」の31日、新得小学校(高瀬悟史校長、児童212人)で町職員による出前講座が行われた。2016年夏の台風災害を教訓に、子どもたちが被災時に役立つ水道の知識などを身に付けた。

 新得では2年前のこの日、市街地を中心に2636世帯(人口の8割)で約3週間にわたる断水が始まった。「節水の日」は、被災・断水の記憶を風化させず、毎年この日に節水を呼び掛けながら、町全体で限られた水資源の大切さを共有して再確認する。町の子ども議会で提案を受け、昨年制定した。

 新得小には午前11時すぎ、町施設課の職員4人が訪問。6年生39人に、節水の方法として蛇口を小まめに閉めることなどを紹介し、「日頃から意識できれば、いざというときにも慌てず行動できる」と呼び掛けた。

 また、被災時の断水状況を写真で振り返り、ビニール製給水袋(6リットル)を使って給水車から水を入れる体験にも臨んだ。児童は給水袋にひもを通し、「重い、重い」と声を上げながら背負っていた。男子児童は「消防署の前で毎日給水していたことを思い出した。当時は皿を洗うのも大変で、水は大切だと改めて感じた」と話した。

関連記事

室蘭民報

「紋鼈寺」で隣接の会館焼く、けが人なし【伊達】

 13日午後1時ごろ、伊達市末永町の紋鼈寺(奥田正教住職)に隣接する鉄骨造り2階建て、延べ約960平方メートルの同寺会館2階から出火した。火は1時間45分ほどで鎮火した。けが人や延焼はなかった...

室蘭民報

空手・修武會の4人が全道で大活躍【室蘭】

 室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の4 選手が、北海道空手道選手権大会極カップ第20回記念大会で上位入賞した。  初出場の石川天晟(室蘭工業大建築社会基盤系学科1年)は一般初・中級でい...

室蘭民報

楽天社員がネットショップで成功する戦略紹介【室蘭】

 日本政策金融公庫創立10周年記念セミナーwith室蘭商工会議所「ネットショップを成功に導く3つのポイント」が13日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれ、楽天(東京)の奥村宏也ヴァイスマネージャ...

室蘭民報

緑丘高1年生が会社経営の卒業生らに取材【伊達】

 伊達緑丘高校(桑井美彦校長)の1年生約140人が、インタビューの手法を用いて、まちの価値や魅力を形作っている人々の存在に迫るワークショップに臨んだ。社会の第一線で活躍する卒業生らに取材し、印...

室蘭民報

幌別川にハクチョウ飛来、水面をすいすい【登別】

 登別・胆振幌別川に今年も越冬でシベリアからハクチョウが飛来している。例年と同じ10月下旬から訪れており、市民らに本格的な冬の訪れを告げている。同河川では、オオハクチョウとコハクチョウが十数羽...