北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

様似の石で日本画【様似】

【様似】アポイ岳ジオパーク推進協議会主催のワークショップ「さまにの石でさまにの絵を書こう」で28日、様似小学校(山村健史校長、児童153人)の5年生26人が日本画で様似の風景(140×140㌢)2枚を描いた。作品は10月に町内で開催の第9回全国ジオパーク大会の会場に展示する。

 札幌大谷大美術学科の平向功一教授と男女9人の学生たちが、アートキャラバン活動として同校を訪れ、児童らに絵を指導した。

 学生たちは日本画を作るため、様似町のかんらん岩を粉にした岩絵の具と土やどろなどから作られた水干(すいひ)絵の具、接着剤のにかわ、筆、ハケ、絵皿、パネルなどを事前に準備した。

 体育館に集まった児童に、学生の山田珠希さん(20)が制作手順を説明し、2班に分かれて「親子岩と夕日」「アポイ岳と高山植物」のテーマで大学生のサポートで作品製作に取り組んだ。

平向教授(左)から絵のアドバイスを受ける児童たち

 色の調合の仕方やグラデーションの出し方、花の書き方などを教わり、児童たちはとまどいながらも粘り強く、みごとな絵を完成させた。

 山田さんは「地元の風景をもう一度見直すことで、新鮮さを感じて、新しいことにもたくさん挑戦してほしい」と子どもたちに思いを込めた。

 制作に参加した中村理莉花さんと川畑咲絢さんは「夕日のグラデーションがすごく大変だったけど、きれいに出来上がり楽しかった」と完成を喜んだ。  作品は、大学に一度持ち帰り、額縁と蝶つがいをつけ4枚組の屏風に仕上げる。

様似風景2作品の完成を喜ぶ児童たちと札幌大谷大学生

関連記事

十勝毎日新聞

装置の実験開始 IST3号機【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は13日午後、大樹町浜大樹の実験場で高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げに向けて、姿勢制御装...

十勝毎日新聞

高木姉妹ら氷上で練習 16日からW杯【帯広】

 国際大会の幕開けとなるスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦帯広大会(16~18日)の公式練習が14日午前9時から、会場となる明治北海道十勝オーバルで始まった。2月の平昌五輪で金メダル...

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

室蘭民報

「紋鼈寺」で隣接の会館焼く、けが人なし【伊達】

 13日午後1時ごろ、伊達市末永町の紋鼈寺(奥田正教住職)に隣接する鉄骨造り2階建て、延べ約960平方メートルの同寺会館2階から出火した。火は1時間45分ほどで鎮火した。けが人や延焼はなかった...

室蘭民報

空手・修武會の4人が全道で大活躍【室蘭】

 室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の4 選手が、北海道空手道選手権大会極カップ第20回記念大会で上位入賞した。  初出場の石川天晟(室蘭工業大建築社会基盤系学科1年)は一般初・中級でい...