北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

様似の石で日本画【様似】

【様似】アポイ岳ジオパーク推進協議会主催のワークショップ「さまにの石でさまにの絵を書こう」で28日、様似小学校(山村健史校長、児童153人)の5年生26人が日本画で様似の風景(140×140㌢)2枚を描いた。作品は10月に町内で開催の第9回全国ジオパーク大会の会場に展示する。

 札幌大谷大美術学科の平向功一教授と男女9人の学生たちが、アートキャラバン活動として同校を訪れ、児童らに絵を指導した。

 学生たちは日本画を作るため、様似町のかんらん岩を粉にした岩絵の具と土やどろなどから作られた水干(すいひ)絵の具、接着剤のにかわ、筆、ハケ、絵皿、パネルなどを事前に準備した。

 体育館に集まった児童に、学生の山田珠希さん(20)が制作手順を説明し、2班に分かれて「親子岩と夕日」「アポイ岳と高山植物」のテーマで大学生のサポートで作品製作に取り組んだ。

平向教授(左)から絵のアドバイスを受ける児童たち

 色の調合の仕方やグラデーションの出し方、花の書き方などを教わり、児童たちはとまどいながらも粘り強く、みごとな絵を完成させた。

 山田さんは「地元の風景をもう一度見直すことで、新鮮さを感じて、新しいことにもたくさん挑戦してほしい」と子どもたちに思いを込めた。

 制作に参加した中村理莉花さんと川畑咲絢さんは「夕日のグラデーションがすごく大変だったけど、きれいに出来上がり楽しかった」と完成を喜んだ。  作品は、大学に一度持ち帰り、額縁と蝶つがいをつけ4枚組の屏風に仕上げる。

様似風景2作品の完成を喜ぶ児童たちと札幌大谷大学生

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の有権者 農業、子育て 政策注視 道知事選【十勝】

 21日に告示された道知事選は16年ぶりの新人対決となり、北海道の未来を託す新リーダーが誕生する。十勝の有権者は農業や子育て支援、経済、災害対策などに関心が高く、実行力を伴った具体的な政策論争の深...

十勝毎日新聞

若手役場職員が提言書 町長に手渡す【池田】

 池田役場の30歳以下の職員で組織した若手有志の会「いけだFPSプロジェクト」(略称いけプロ・宗像瞭代表、36人)は19日、町社会福祉センターに勝井勝丸町長を招いて自主研修グループ提言会を開いた。...

十勝毎日新聞

大雪山系の案内板設置 市街一望の神居山展望台【本別】

 本別の自然などを紹介している「森と川の舎」(新津和一会長、会員14人)のメンバーが19日、神居山(かむいやま、190メートル)の展望台に案内板を設置した。一望できる大雪山系の山々の名称を記し、散...

苫小牧民報

北海道知事選告示、与野党一騎打ち 被災地で第1声

 第19回統一地方選のトップを切り、道知事選が21日、告示された。野党統一候補となる石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由推薦=と与党陣営が擁立した鈴木直道氏(38)=自民、公明...

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...