北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

様似の石で日本画【様似】

【様似】アポイ岳ジオパーク推進協議会主催のワークショップ「さまにの石でさまにの絵を書こう」で28日、様似小学校(山村健史校長、児童153人)の5年生26人が日本画で様似の風景(140×140㌢)2枚を描いた。作品は10月に町内で開催の第9回全国ジオパーク大会の会場に展示する。

 札幌大谷大美術学科の平向功一教授と男女9人の学生たちが、アートキャラバン活動として同校を訪れ、児童らに絵を指導した。

 学生たちは日本画を作るため、様似町のかんらん岩を粉にした岩絵の具と土やどろなどから作られた水干(すいひ)絵の具、接着剤のにかわ、筆、ハケ、絵皿、パネルなどを事前に準備した。

 体育館に集まった児童に、学生の山田珠希さん(20)が制作手順を説明し、2班に分かれて「親子岩と夕日」「アポイ岳と高山植物」のテーマで大学生のサポートで作品製作に取り組んだ。

平向教授(左)から絵のアドバイスを受ける児童たち

 色の調合の仕方やグラデーションの出し方、花の書き方などを教わり、児童たちはとまどいながらも粘り強く、みごとな絵を完成させた。

 山田さんは「地元の風景をもう一度見直すことで、新鮮さを感じて、新しいことにもたくさん挑戦してほしい」と子どもたちに思いを込めた。

 制作に参加した中村理莉花さんと川畑咲絢さんは「夕日のグラデーションがすごく大変だったけど、きれいに出来上がり楽しかった」と完成を喜んだ。  作品は、大学に一度持ち帰り、額縁と蝶つがいをつけ4枚組の屏風に仕上げる。

様似風景2作品の完成を喜ぶ児童たちと札幌大谷大学生

関連記事

根室新聞

代替漁業のサケマス曳網船が出漁【根室】

 ロシア200カイリ内サケ・マス流し網禁止に伴う代替漁業で、曳網による試験操業を行う富山県鮭鱒漁協所属の「第68善龍丸」(乗組員17人、199トン)が26日午前、花咲港から漁場を目指して出漁し...

根室新聞

観測史上最高 猛暑日迫る34度に【根室】

 全道的に猛暑となった26日、根室でも気温が一気に30度を超えて猛暑日に迫る340度まで上がり、明治12年7月に根室で気象観測が開始されて以来、観測史上最高を更新した。この暑さで熱中症による救急搬...

根室新聞

第7回「歯舞おさかな祭り」大盛況【根室】

 地域を挙げて各種振興事業に取り組む歯舞地区マリンビジョン協議会(会長・小倉啓一歯舞漁協組合長)主催の第7回「歯舞おさかな祭り」が26日、同漁港中央市場内・屋根付き岸壁で開催された。天候に恵ま...

日高報知新聞

「すずらん観賞会」開幕【平取】

【平取】平取町観光協会主催の「平取町すずらん観賞会」が25日、芽生(めむ)地区のスズラン群生地で開幕した。スズランは無数の花芽を付け、日当たりの良い場所ではつぼみが大きくなり始め、会場内は甘い香...

日高報知新聞

棺掛けやタペストリーなど【浦河】

 浦河町常盤町の手作り家具とカフェの店ガーデンソングで、「アイヌの手仕事展」が開かれている。31日まで。  出品は月に2回(不定期)、堺町生活館で開かれている「ネコンネ(手仕事)教室」の深沢み...