北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

北海道一の朝食を卒論に【新ひだか】

【新ひだか】宿泊施設が提供している朝食で2年連続北海道1位に選ばれた静内エクリプスホテル=静内吉野町3=をテーマにした卒業論文の作成のため、江別市の北海道情報大学経営情報学部先端経営学科の学生が29日から3日間、同ホテルに滞在しながら調査・研究を行っている。

 静内エクリプスホテルは楽天トラベルが主催する「朝ごはんフェスティバル」で、平成26年から3年連続で北海道2位、昨年から2年連続で北海道1位となっている。

 卒論を作成しているのは、昨年8月に新ひだか町の観光産業について学ぶため、ゼミ合宿で来町した庄田健佑さん(4年)。

 庄田さんは合宿の際に静内エクリプスホテルに宿泊した縁や福沢康弘准教授の助言もあり、函館市など全国的な観光地や多くのホテルがある札幌市などを抑えて、口コミを中心に1位に支持されている同ホテルの成功の要因を卒論のテーマとしている。

 これまで6月にテーマを設定し、7月に大学内で計画発表会を行っている。同ホテルの石川兼吾社長の協力もあり、今回は調理スタッフと共に朝食の調理や後片付けを体験。併せて朝食に力を入れた理由や北海道1位に選ばれて変わったことなどを調査している。

 実際に働いてみた感想について、庄田さんは「一つひとつに愛情を込めて、調理以外にも丁寧にやっていることが印象的だった。他のホテルと違い、主婦の方たちが作っているので、これまで作ってきたものを提供している。それも良い意味で手間を掛けていて、いろいろなところで工夫が見られた」と話した。

 卒論は来年2月に完成予定で、ホテルや新ひだか観光協会にも提出する。庄田さんは「石川社長や従業員の方の話を聞いて、新ひだか町の町史なども調べ、このホテルの歴史も含めてどう変わってきたのかを見ていきたい」という。

 自身は事務機器の卸売業に就職が内定しており、「お客さんの役に立てることを日々していけるようになりたい」と抱負を話している。

 庄田さんに同行している福沢准教授は「従業員のモチベーションをいかに保っているのかが成功のポイントだと思うので、そういうところを解明していってもらえれば、人間がどういうときにモチベーションが上がるかにもつながっていくと思う」。

 受け入れている石川社長は「若い人がこのホテルをどう見ているのかが分かるのは貴重なので、卒論を今後の経営に生かしていければ」と論文の完成を期待している。

静内エクリプスホテルで朝食の仕事を体験する庄田さん

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...