北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

IR誘致自治体が構想説明 苫小牧、留寿都、釧路の3地域-道の有識者懇

有識者懇で「苫小牧国際リゾート構想」をアピールした市の担当者=30日午後、札幌市中央区のTKPビジネスセンター

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法成立を受け、道が7月末に設置した「特定複合施設(IR)に関する有識者懇談会」(有識者懇、座長・小磯修二元釧路公立大学長)の2回目の会合が30日午後、札幌市内で開かれた。道内で誘致に名乗りを上げる苫小牧市、後志管内留寿都村、釧路市の3自治体の担当者が出席し、それぞれが打ち出すIR構想の特色や取り組みをアピールした。

 この日は、優先すべき候補地をテーマに議論。事務局を務める道は、IRを整備した場合の経済波及効果の試算も公表。苫小牧市が1991億円で最も高く、留寿都村が1071億円、釧路市が642億円だった。

 苫小牧市からは町田雅人国際リゾート戦略室長と成田晃同主幹の2人が出席し、策定済みの「苫小牧国際リゾート構想」の概要を説明。既に国内外の15社から事業提案があったことを明かし、道路の新設で新千歳空港から車で10分以内で到着できるなど、立地条件の良さも強調した。有識者側からは地元での反対運動について質問が出され、市の担当者は「累計で1万1000人の反対署名が出されているが、全部が苫小牧市民ではない」と答えた。

 留寿都村は、村内のリゾート施設「ルスツリゾート」とIRとの連携を強調し、プライベートジェット機の飛行場を建設予定であることも明かした。釧路市は、IRを道東周遊の拠点に位置付け、アイヌ文化の発信にも力を注ぐことをアピールした。

 この他、有識者側は、苫小牧と釧路が今年2月に確認書を交わしている点の意味を質問。両市の担当者は「まずは北海道にIRを誘致するための連携。場所が決まった後も観光客を、お互いに周遊、送客させていきましょうとの確認書」と説明。留寿都村の担当者も「具体的な連携は取っていないが、今後、必要かなと思う」と述べた。

 有識者懇では、あと2回の会合を開き、年内に検討結果をまとめ、高橋はるみ知事に提出する方針。次回は10月17日に開催し、ギャンブル依存症など社会的影響対策について議論する。IRは全国に3カ所設置されるが、道は誘致判断を保留中。知事は有識者懇や道議会での議論を判断材料にする考えを示している。

関連記事

十勝毎日新聞

装置の実験開始 IST3号機【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は13日午後、大樹町浜大樹の実験場で高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げに向けて、姿勢制御装...

十勝毎日新聞

高木姉妹ら氷上で練習 16日からW杯【帯広】

 国際大会の幕開けとなるスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦帯広大会(16~18日)の公式練習が14日午前9時から、会場となる明治北海道十勝オーバルで始まった。2月の平昌五輪で金メダル...

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

室蘭民報

「紋鼈寺」で隣接の会館焼く、けが人なし【伊達】

 13日午後1時ごろ、伊達市末永町の紋鼈寺(奥田正教住職)に隣接する鉄骨造り2階建て、延べ約960平方メートルの同寺会館2階から出火した。火は1時間45分ほどで鎮火した。けが人や延焼はなかった...

室蘭民報

空手・修武會の4人が全道で大活躍【室蘭】

 室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の4 選手が、北海道空手道選手権大会極カップ第20回記念大会で上位入賞した。  初出場の石川天晟(室蘭工業大建築社会基盤系学科1年)は一般初・中級でい...