北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

IR誘致自治体が構想説明 苫小牧、留寿都、釧路の3地域-道の有識者懇

有識者懇で「苫小牧国際リゾート構想」をアピールした市の担当者=30日午後、札幌市中央区のTKPビジネスセンター

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法成立を受け、道が7月末に設置した「特定複合施設(IR)に関する有識者懇談会」(有識者懇、座長・小磯修二元釧路公立大学長)の2回目の会合が30日午後、札幌市内で開かれた。道内で誘致に名乗りを上げる苫小牧市、後志管内留寿都村、釧路市の3自治体の担当者が出席し、それぞれが打ち出すIR構想の特色や取り組みをアピールした。

 この日は、優先すべき候補地をテーマに議論。事務局を務める道は、IRを整備した場合の経済波及効果の試算も公表。苫小牧市が1991億円で最も高く、留寿都村が1071億円、釧路市が642億円だった。

 苫小牧市からは町田雅人国際リゾート戦略室長と成田晃同主幹の2人が出席し、策定済みの「苫小牧国際リゾート構想」の概要を説明。既に国内外の15社から事業提案があったことを明かし、道路の新設で新千歳空港から車で10分以内で到着できるなど、立地条件の良さも強調した。有識者側からは地元での反対運動について質問が出され、市の担当者は「累計で1万1000人の反対署名が出されているが、全部が苫小牧市民ではない」と答えた。

 留寿都村は、村内のリゾート施設「ルスツリゾート」とIRとの連携を強調し、プライベートジェット機の飛行場を建設予定であることも明かした。釧路市は、IRを道東周遊の拠点に位置付け、アイヌ文化の発信にも力を注ぐことをアピールした。

 この他、有識者側は、苫小牧と釧路が今年2月に確認書を交わしている点の意味を質問。両市の担当者は「まずは北海道にIRを誘致するための連携。場所が決まった後も観光客を、お互いに周遊、送客させていきましょうとの確認書」と説明。留寿都村の担当者も「具体的な連携は取っていないが、今後、必要かなと思う」と述べた。

 有識者懇では、あと2回の会合を開き、年内に検討結果をまとめ、高橋はるみ知事に提出する方針。次回は10月17日に開催し、ギャンブル依存症など社会的影響対策について議論する。IRは全国に3カ所設置されるが、道は誘致判断を保留中。知事は有識者懇や道議会での議論を判断材料にする考えを示している。

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...