北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝の味 丸ごと 駅周辺「マルシェ」【帯広】

屋台の前に長い列ができた南側広場会場

 十勝最大の食と音楽の祭典「とかちマルシェ」(同運営協議会主催)が8月31日夕の「ナイトマルシェ」で開幕した。2日目の1日は、午前9時40分からオープニングセレモニーを行い、早速、大勢の市民や観光客が十勝の味覚を満喫した。

 初日は、JR帯広駅北口広場を会場に肉や魚介など多彩な屋台が軒を連ね、家族連れや仕事帰りの会社員らでにぎわった。

 1日のセレモニーでは、とかちマルシェ運営協議会の川田章博会長が「過ぎゆく夏を惜しみ、来たる秋を楽しんで皆さんと盛大に盛り上げたい」とあいさつ。ドラの合図とファンファーレで華やかに開会を告げた。

 この日は、帯広駅南北の全エリアでの営業を開始。屋台での飲食販売の他、ピザ作り体験コーナーも人気だった。家族と訪れた市内の幼児は自作のピザを頬張り、「チーズがおいしい」と笑顔で話していた。

 駅北口ステージでは、吹奏楽部やジャズバンド演奏、南口ステージではダンスショーも開催され、会場を盛り上げた。

 8年目を迎える今年は、管内外から過去最多の133店が参加。新たな試みとして管内15のパン店が十勝産小麦100%で作ったオリジナルパンを披露する。また年々増える来場者に対応するため、駅南口広場ととかちプラザの間の道路を車両通行止めにし、飲食スペースを新設している。

 1日は駅南側会場が午後6時、駅北側広場のダイニングカフェエリアは午後9時まで営業する。2日は全エリアで午前10時から午後4時まで。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...