北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝の味 丸ごと 駅周辺「マルシェ」【帯広】

屋台の前に長い列ができた南側広場会場

 十勝最大の食と音楽の祭典「とかちマルシェ」(同運営協議会主催)が8月31日夕の「ナイトマルシェ」で開幕した。2日目の1日は、午前9時40分からオープニングセレモニーを行い、早速、大勢の市民や観光客が十勝の味覚を満喫した。

 初日は、JR帯広駅北口広場を会場に肉や魚介など多彩な屋台が軒を連ね、家族連れや仕事帰りの会社員らでにぎわった。

 1日のセレモニーでは、とかちマルシェ運営協議会の川田章博会長が「過ぎゆく夏を惜しみ、来たる秋を楽しんで皆さんと盛大に盛り上げたい」とあいさつ。ドラの合図とファンファーレで華やかに開会を告げた。

 この日は、帯広駅南北の全エリアでの営業を開始。屋台での飲食販売の他、ピザ作り体験コーナーも人気だった。家族と訪れた市内の幼児は自作のピザを頬張り、「チーズがおいしい」と笑顔で話していた。

 駅北口ステージでは、吹奏楽部やジャズバンド演奏、南口ステージではダンスショーも開催され、会場を盛り上げた。

 8年目を迎える今年は、管内外から過去最多の133店が参加。新たな試みとして管内15のパン店が十勝産小麦100%で作ったオリジナルパンを披露する。また年々増える来場者に対応するため、駅南口広場ととかちプラザの間の道路を車両通行止めにし、飲食スペースを新設している。

 1日は駅南側会場が午後6時、駅北側広場のダイニングカフェエリアは午後9時まで営業する。2日は全エリアで午前10時から午後4時まで。

関連記事

室蘭民報

コープさっぽろ室蘭支部が西胆振地場産品の販売強化【室蘭】

 生活協同組合コープさっぽろ室蘭地区本部は、地域密着をキーワードにエリア内店舗で西胆振の地場産品の取り扱いを強化している。今年から地区本部管内7店舗で一部の商品をコーナー化するなど販売を促進。日...

室蘭民報

えんプロ市今年初開催、地域住民でにぎわう【洞爺湖】

 洞爺湖、豊浦、壮瞥各町の若手農家によるグループ「えんプロジェクト」(小林裕司代表)の農産品を販売するえんプロ市が15日、洞爺湖町の虻田ふれ合いセンター駐車場であった。軽トラックの荷台に並んだ新...

室蘭民報

道の駅みたらで新メニューうずらんパフェを17日から販売【室蘭】

 リニューアルに合わせて開発された「うずらんソフトクリーム」が好評の道の駅みたら室蘭(室蘭市祝津町)で、17日から新メニュー「うずらんパフェ」3種類が販売される。  室蘭うずら園(石川町)のウ...

室蘭民報

寿浅が「甘露法水」で地酒開発、来月発売目指す【伊達】

 寿浅(伊達市山下町、寿浅雅俊代表取締役社長)は、伊達の地酒「伊達 甘露法水」の開発を進めている。伊達150年をきっかけに企画。特別純米酒で伊達産米を原料に、同市大滝区の三階滝公園内の湧き水「甘...

室蘭民報

農園たねびと、今年からイチゴ狩りスタート【豊浦】

 豊浦町大岸で佐藤英貴さん、律子さん夫婦が営む農園「G.S.W grow.seed.works たねびと」が今年からイチゴ狩りを始めた。イチゴを自由に摘み取って楽しめる。「ぜひ来園を」と呼び掛け...