北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

プロの技を目の前で【浦河】

 元プロフットサル選手5人による「第1回フットサル教室」が1日、浦河町ファミリースポーツセンターで開かれ、小学生を中心に町内外から約50人が参加し、ドリブルの仕方など上達するコツを教わった。

 フットサルはサッカーの4分の1ぐらいの大きさのコートで、5対5でプレーするサッカーに似たスポーツ。中国の元プロリーグを経て、多くの国内プロフット選手と知己のある浦河町地域おこし協力隊の上野皓平さん(30)が代表を務める「Zero Next One」が初企画し、町教委が後援。

 1日にフットサル教室と地元浦河FCと元プロによるエキシビジョンマッチ。2日に元プロ選手らが現在所属する道央リーグから5チームが来町し、交流試合を行った。

 子どもたちを指導した特別講師は上野さんと、日本最高峰のFリーグでエスポラーダ北海道に最年少で入団し、10年間活躍後、今年引退した室田翔伍選手やエスポラーダ、イタリアリーグに所属した穴田涼選手ら5人。

 様似町やえりも町などからも参加した子どもたちは、元プロ講師からドリブルやパス、シュートなどの基本を何度も繰り返し、プロの技のすごさを実感していた。

 翌2日には、上野さんや今回の講師らも所属するsss・arusaなど道央リーグから札幌の5チームが出場し、交流大会で汗を流した。

 浦河町や日高管内のフットサル人口を増やしたいと初企画した上野さんは、「教室は今後も開催したい」とし、「今回は浦河町やファミリースポーツセンターのような施設があることを札幌の選手たちにも知ってもらいたく、道央のチームを招いた」と話していた。

元エスポラーダ北海道(Fリーグ)やイタリアリーグで活躍した穴田選手から指導を受ける子どもたち

関連記事

苫小牧民報

「民族の歴史伝えたい」 舞台「アイヌ旺征露」英公演

 仙台市を拠点に、英劇作家のシェークスピア作品を東北弁で上演する劇団「シェイクスピア・カンパニー」が8月、ロンドンの老舗舞台、タラ劇場で「アイヌ旺征露(オセロ)」を上演する。この公演でただ一人、...

十勝毎日新聞

柴田牧場の看板も なつぞらロケ地25日公開【新得】

 新得NHK連続テレビ小説「なつぞら」の町内のロケ地が、25日から一般公開される。主人公「なつ」の心象に刻み込まれた牧草地など、ドラマのイメージそのままの風景が広がる。  公開を始めるのは新得...

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。...

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつ...

函館新聞

遺愛ホワイトハウス一般公開始まる 24日まで【函館】

 遺愛学院(福島基輝校長)で23日、同学院内にある「旧宣教師館(ホワイトハウス)」の一般公開が始まった。市民ら約80人が来場。同校生徒が案内し、歴史を感じさせる館に思いを馳せながら施設内を見学し...