北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

78チームが走り楽しむ・有森裕子ひまわりリレーラン【名寄】

号砲とともに一斉にスタートするランナー

 「第5回有森裕子なよろひまわりリレーラン」が29日、なよろ健康の森、道立サンピラーパークを会場に開かれた。6月の低温などが影響し、満開のヒマワリを楽しみながら走ることはできなかったが、出場者は仲間でたすきをつないでゴールを目指し、思い出に残るひとときを過ごした。

 同実行委員会(委員長・加藤剛士市長)主催。ひまわりリレーランは、地域資源を活用した交流人口拡大事業の一環。「名寄ひまわりまちづくり大使」で、オリンピック女子マラソンメダリストの有森さんを大会アドバイザーに、出場者にひまわり畑などを眺めながら楽しく走ってもらい、名寄をPRする機会として毎年開催。

 リレーランは、1チーム4人のリレー形式で、健康の森陸上競技場をスタートし、サンピラーパークのひまわり畑内に設けられた1周2・9キロのコースを4周する。ゴールまでの速さを競う「タイムレース」と、事前に申告したタイムと実走タイムとの差が少ないチームを勝利とする「タイム申告レース」の2部門を用意。地元名寄をはじめ、旭川、札幌、士別などから、タイムレース部門に10チーム、タイム申告レース部門に68チーム(小中学生の部2チーム、一般の部66チーム)がエントリーした。

 開会式で大会アドバイザーの有森さんは「継続して参加させていただいていることに感謝申し上げたい。名寄が持つ素晴らしさが、多くの人を引き付けていると思う。走り終えた後は、まだ咲いていないヒマワリが焼きもちを焼くくらい、素晴らしい笑顔を咲かせてほしい」と激励した。

 出場選手を代表し、三上琉以君(名寄)と牧野香凛さん(名寄XC小学生)が「4人でたすきをつなぎ、最後まで全力で走りたい」と宣誓。有森さんがスターターを務め、号砲とともに第1走者が一斉にスタート。出場者は有森さんの声援を受けながら仲間でたすきをつなぎ、さわやかな汗を流していた。また、今年は初めて車いすランナーも出場。急な上り坂を懸命に上る姿に熱い声援が送られていた。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...