北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

78チームが走り楽しむ・有森裕子ひまわりリレーラン【名寄】

号砲とともに一斉にスタートするランナー

 「第5回有森裕子なよろひまわりリレーラン」が29日、なよろ健康の森、道立サンピラーパークを会場に開かれた。6月の低温などが影響し、満開のヒマワリを楽しみながら走ることはできなかったが、出場者は仲間でたすきをつないでゴールを目指し、思い出に残るひとときを過ごした。

 同実行委員会(委員長・加藤剛士市長)主催。ひまわりリレーランは、地域資源を活用した交流人口拡大事業の一環。「名寄ひまわりまちづくり大使」で、オリンピック女子マラソンメダリストの有森さんを大会アドバイザーに、出場者にひまわり畑などを眺めながら楽しく走ってもらい、名寄をPRする機会として毎年開催。

 リレーランは、1チーム4人のリレー形式で、健康の森陸上競技場をスタートし、サンピラーパークのひまわり畑内に設けられた1周2・9キロのコースを4周する。ゴールまでの速さを競う「タイムレース」と、事前に申告したタイムと実走タイムとの差が少ないチームを勝利とする「タイム申告レース」の2部門を用意。地元名寄をはじめ、旭川、札幌、士別などから、タイムレース部門に10チーム、タイム申告レース部門に68チーム(小中学生の部2チーム、一般の部66チーム)がエントリーした。

 開会式で大会アドバイザーの有森さんは「継続して参加させていただいていることに感謝申し上げたい。名寄が持つ素晴らしさが、多くの人を引き付けていると思う。走り終えた後は、まだ咲いていないヒマワリが焼きもちを焼くくらい、素晴らしい笑顔を咲かせてほしい」と激励した。

 出場選手を代表し、三上琉以君(名寄)と牧野香凛さん(名寄XC小学生)が「4人でたすきをつなぎ、最後まで全力で走りたい」と宣誓。有森さんがスターターを務め、号砲とともに第1走者が一斉にスタート。出場者は有森さんの声援を受けながら仲間でたすきをつなぎ、さわやかな汗を流していた。また、今年は初めて車いすランナーも出場。急な上り坂を懸命に上る姿に熱い声援が送られていた。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...