北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

大間原発の工事再開2年延期 審査長期化が影響【函館・北海道・青森・東京】

安全対策工事着手がさらに2年延期されることになった大間原発の建屋(今年2月撮影)

 電源開発(東京、Jパワー)は4日、青森県大間町で建設中の大間原発について、工事再開時期を2年程度延期する方針を明らかにした。原子力規制委員会の審査が長引いているためで、運転開始も2024年度ごろから、26年度ごろに先送りとなる可能性が強まった。

 同日、函館市内にある同社の函館駐在事務所が市役所を訪れ、市総務部に説明したほか、大間町議会でもJパワー側が表明した。  同社は規制委が定めた新規制基準への適合性審査を14年12月に申請し、地震や津波への対応などの審査が進んでいる。同社は「今後も相応の時間が掛かる見込みで(審査・合格は)さらに2年程度を見込まざるを得ない状況だ」としている。

 このため、18年後半としていた安全強化対策工事の着手は20年後半、終了は25年後半となる見通し。

 大間原発をめぐっては、函館市が国と同社を相手取り、建設差し止め訴訟を東京地裁で係争中。同部は「延期と言えども、建設に向けた動きは変わっていない。われわれは無期限凍結を求めており、今後も司法の場で主張を続けていく」としている。

関連記事

根室新聞

サンマ初水揚げ 花咲港に中型船帰港【根室】

 農林水産大臣許可の第2陣として今月15日に出漁した20トン以上100トン未満の中型サンマ棒受け網漁船5隻が22日、花咲港にサンマを初水揚げした。このうち、午前7時から行われたセリでは4隻が発...

根室新聞

24日 道の駅で限定販売「ハスカップのサワーケーキ」【根室】

 道の駅スワン44ねむろで24日午前11時から販売する今月のスイーツに、JR根室駅前の移住交流推進拠点カフェ・ボストークが作る「ハスカップのサワーケーキ」=写真=が15個限定で登場する。  スワンと...

根室新聞

中西進氏講演会「オホーツク文化から日本を見る」開催へ【根室】

 万葉集研究の第一人者で日本とアジアの比較文化研究の権威、中西進氏(富山県立高志の国文学館館長)の講演会が、9月18日午後6時半から市総合文化会館小ホールで開かれることが決まった。演題は「オホーツ...

日高報知新聞

光ケーブル網を整備【新冠】

【新冠】国の補助を受け、町は本年度と来年度以降の2年間、約12億円をかけ町内全域に延長200㌔以上の光ケーブル網を整備し、光ケーブル整備済みの市街地と情報通信で格差のあった周辺部へ高速インターネット...

日高報知新聞

続縄文時代の配石遺構【様似】

【様似】町教委が発掘調査している冬島遺跡で、平行に石を並べ、間に砂を敷き詰めた直列配石の遺構が出土した。約2200年前ころの続縄文文化期の地層で、同文化期の遺跡では道内で前例がないという。  冬...