北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

外川さんが日の出撮影24年、ときめく一瞬…集大成【室蘭】

室蘭・イタンキ浜で見られた珍しい形の日の出記録写真と撮影者の外川さん

 室蘭・イタンキ浜に毎朝足を運び、珍しい形の日の出の写真を撮り続けている外川忠勇さん(88)=室蘭市東町。ダルマ形やキノコ形、四角形など、24年間で31種類の撮影に成功した。今年米寿を記念して、これまでの記録写真を1枚のポスターにまとめた。「長年苦労して撮影し、喜びと達成感でいっぱい」と笑顔を浮かべる。

 外川さんは青森県出身で1954年(昭和29年)に室蘭へ。50代後半から心臓病と糖尿病を患い、59歳で職場を早期退職した。65歳になってやっと体調が回復し、健康づくりのために早朝の散歩を始めた。そこでイタンキ浜の日の出を目にし「美しさに感動した」。

 それから毎日、日の出の写真撮影が始まった。すると年に1度は珍しい形の日の出に遭遇。冬場など気温と海水温に大きな差がある場合に光の屈折によって起きる蜃気楼(しんきろう)の一種で、「これはすごいことだ」と感激。第二の人生を「長期にわたる撮影に挑戦する」と固く心に誓い、現在に至る。

 珍しい形は10月下旬~4月上旬にかけて見られ、特に2月が多い。どんなに寒く、天気が悪くても通い続けた。高齢になり、足のけがで歩くのがつらい日もあるが「体が続く限り頑張りたい」と意欲を見せる。

 過去には市民活動センターや道の駅みたら室蘭、郵便局などで写真展を開催。今回制作した記録写真ポスターは室蘭民報社などに寄贈した。「多くの人に見てほしい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

全国大会出場を報告【新ひだか】

【新ひだか】全国大会の出場権を獲得した静内高校(加澤雅裕校長、生徒511人)の陸上部、書道部、馬術部の生徒3人が19日、役場静内庁舎に大野克之町長を表敬訪問し、大会での健闘を誓った。  この日...

日高報知新聞

「幌泉灯台記念塔」が【えりも】

【えりも】国の文化審議会が19日、柴山昌彦文部科学相に答申した国の登録有形文化財(建造物)に、本町の灯台公園にある「幌泉灯台記念塔」など道内から5件が選ばれた。この結果、道内の登録有形文化財(建...

苫小牧民報

鉄道ファン感激 キハ183系内部を公開-安平・道の駅「あびらD51ステー..

 安平町追分地区の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に保存している北海道仕様の特急車両「キハ183系」の一般内部公開が20日から始まった。初日は町内外から家族連れや鉄道ファンらが訪れ...

苫小牧民報

地面蹴り、後ろ向き快走 いす―1GP道大会に23チーム出場-千歳

 車輪付き事務用椅子に座って後ろ向きに進む耐久レース「いす―1GP北海道千歳大会2019」(同実行委員会、千歳ニューサンロード商店街振興組合主催)が21日、幸町のニューサンロード商店街前の市道で開...

苫小牧民報

インディアン水車を設置 夏の訪れ告げる風物詩-千歳川

 サケの遡上(そじょう)期を控え21日、千歳川左岸の日本海さけ・ます増殖事業協会=千歳市花園2=千歳事業所は構内と接続する千歳川に捕魚車の「インディアン水車」を設置した。22日から調査捕獲がスタ...