北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

むかわ竜骨格の全体像明らかに 世界レベルの貴重な標本

報道機関に公開されたむかわ竜の全身骨格。足元に北大の小林准教授(左)と発見者の堀田さんが横たわる=4日、旧仁和小体育館

 むかわ町穂別地区で約7200万年前(白亜紀後期)の地層から見つかった大型草食恐竜ハドロサウルス科の化石(通称・むかわ竜)について、北海道大学総合博物館と同町穂別博物館は4日、岩石を削って化石を取り出すクリーニング作業の終了を発表し、骨の約6割がそろった全身骨格を穂別の旧仁和小学校で報道機関に公開した。恐竜の全身骨格としては日本最大。両博物館は今後、生態や新種の可能性を含めて詳しく調査研究を進める。

 化石は2003年4月に町内の化石収集家、堀田良幸さん(68)が発見。その後、両博物館が1次、2次の発掘調査を行い、化石を調べたところ、推定で体重約7トン、体長8メートル超の恐竜全身骨格と判明。恐竜が最も栄えた白亜紀後期(約1億年前から6600万年前)に生息した草食恐竜の全身骨格の発見は日本初という。

 両博物館は13年からクリーニング作業に取り組み、17年4月には国内最大級の全身骨格と判明。クリーニングをさらに進めたところ、ハドロサウルス科恐竜が持つ255個の全身骨格のうち、約6割の157個を特定した。全骨格の体積の8割を超える骨がそろい、恐竜の全体像がより明らかになった。

 記者会見で、発掘調査に当たった北大総合博物館の小林快次准教授(古脊椎動物学)は「かなりの骨がそろい、世界規模の標本。むかわ竜は日本の研究史の中で最大の発見だ」と強調。骨の特徴から新種の可能性が高いとし、「研究チームをつくったので、できるだけ早くむかわ竜の意味、重要性を発表できるよう全力を注ぎたい」と力を込めた。

 竹中喜之町長は「まさに完全版の姿となった。多くの関係機関、団体とさらに連携しながら、まちの活性化につなげたい」と意気込み、化石を見つけた堀田さんは「恐竜の化石には夢がある。一人でも多くの子供に化石を見てもらいたい」と述べた。

 化石は10月6、7両日、同町の穂別町民センターで、同月27、28両日に四季の館たんぽぽホールで一般公開される。時間は両会場とも午前10時~午後4時。入場無料。

 ハドロサウルス科恐竜

 白亜紀後期の草食恐竜。口の奥に無数の小さな歯が並ぶ「デンタルバッテリー」と呼ばれる構造で、効率良く餌を確保できるという特徴を持つ。ユーラシアや北米、南米など幅広い地域に生息していたとみられる。世界各地で化石が発見されているが、穂別のように海の地層から見つかるのはまれ。同科の恐竜は50種類以上あるとされる。

関連記事

苫小牧民報

「民族の歴史伝えたい」 舞台「アイヌ旺征露」英公演

 仙台市を拠点に、英劇作家のシェークスピア作品を東北弁で上演する劇団「シェイクスピア・カンパニー」が8月、ロンドンの老舗舞台、タラ劇場で「アイヌ旺征露(オセロ)」を上演する。この公演でただ一人、...

十勝毎日新聞

柴田牧場の看板も なつぞらロケ地25日公開【新得】

 新得NHK連続テレビ小説「なつぞら」の町内のロケ地が、25日から一般公開される。主人公「なつ」の心象に刻み込まれた牧草地など、ドラマのイメージそのままの風景が広がる。  公開を始めるのは新得...

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。...

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつ...

函館新聞

遺愛ホワイトハウス一般公開始まる 24日まで【函館】

 遺愛学院(福島基輝校長)で23日、同学院内にある「旧宣教師館(ホワイトハウス)」の一般公開が始まった。市民ら約80人が来場。同校生徒が案内し、歴史を感じさせる館に思いを馳せながら施設内を見学し...