北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

青森からの修学旅行児童も被災【函館】

大きな荷物を抱えてフェリーに乗り込む児童たち(7日午前9時10分ごろ)

 震度5弱の揺れを観測した函館市内には、発生当時、青森県を中心とした東北の小学生が修学旅行で多数滞在していた。各校は自主見学を縮小したり、滞在日程や交通手段の変更などを余儀なくされた。青森県教育委員会によると、6日時点で県内28小学校が道内で修学旅行中だったが、フェリーなどを利用して7日中に全校が同県内に戻った。

 県教委によると、6日時点で28校の児童762人と引率の教職員104人が函館などに滞在。このうちの1校が帰りの交通手段を確保できずに滞在を延長し、5日から2泊3日の予定だった27校のうち、2校が6日深夜から7日未明にかけてのフェリーを利用するなど、同日中に全校が帰県する手段を確保した。また、6日以降に出発予定だった11校は修学旅行の実施延期を決めたという。

 7日午前に函館港を出港した大間行きの津軽海峡フェリーの「大函丸」にも多くの児童が乗り込んだ。青森港経由よりも遠回りになる学校もあったが、「青森便よりも確実に乗船できる手段を選んだ」と判断した学校もあった。

 県東北部の小学校では、地震直後から緊急連絡網を使い学校や保護者に児童らの情報を随時伝えた。6日午前はホテル待機し、午後から西部地区などを訪れた。

 引率の男性教諭は「困ったのはトイレ。公園など函館市役所に使える場所を問い合わせたが分からなかった」とした。一方で「ホテルでしっかり食事を出してくれたので子どもたちは元気いっぱい。災害時の不便さも子どもたちにとっては経験です」と話した。

 別の県南部の学校は「地震後、児童の安全とスマホで津波が来ないことを確認した。路面電車も走っていなかったので自主見学はできないと思ったが、バスをお願いすることができた」と話していた。

関連記事

根室新聞

税収30億円に赤信号 収納率は最高水準で健闘【根室】

 自主財源の大宗を占める市税だが、根室市の平成30年度の市税調定額が30億円を割り込みそうだ。1月末現在の調定額は29億4,430万円で、前年同期比1億4,700万円減と大幅に落ち込んでいる。一方、収納率は8493...

苫小牧民報

道産PRイベントで最高賞獲得「うれしい」 安平・夢民舎のクリームチーズは..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」(宮本正典社長)の「クリームチーズはやきた」が、道産チーズのPRイベント「北海道地チーズ博2019」(ホクレン農業協同組合連合会主催)で、最高賞のグランプリ...

日高報知新聞

インカンテーションなど【浦河】

 浦河町西幌別のイーストスタッドで15日、種牡馬展示会が開かれ、浦河町産馬のインカンテーションなど2頭の新種牡馬や3頭の新入きゅう馬ほか、今シーズンに供用するけい養種牡馬を牧場関係者らに披露した。 ...

日高報知新聞

議員のなり手不足など【新ひだか】

【新ひだか】町議会による「議会報告会」が14日夜、地域交流センターピュアプラザで開かれ、参加者と議員のなり手不足などについて意見を交えた。  議会報告会は、議会活動や議会改革の取り組みについて町民...

十勝毎日新聞

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家【中札内】

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...